スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄瓶、手に入れました。

2016年01月05日 22:07

 ひとたび自分の気になることを思い立ったら、即行動するのがアウローラ!

 南部鉄器の鉄瓶、買ってきました。(←重)

 けっこうな値段のするものだったので、スノウ大尉(白いストウブ鍋)同様、しっかり使わなくてはもったいない!!


 煎茶を煮出すなど、最初のお手入れをした後、実際にお湯を沸かしてみました。

 ……………

 …………………

 長!!!

 直火でガンガン熱すると傷んでしまうので、弱火でじっくり加熱……

 別に「ピー」と鳴るわけでもなく、ガタガタ言うわけでもなく静かなもので、沸いているのかいないのか、いまいち不明。

 30分ほども経って、蓋のつまみ(鉄製)が素手ではとても持てないほど熱くなったところで、ふきんで持って、蓋を開けてみました。

 しーん

 これ……沸いてる!?

 グラグラボコボコと泡が出るのが「沸いている」状態だと思うのですが、湯気はばあっと上がるものの、泡はなく、やはり静かなもの。

「おまえは、忍びの者かっ!?」

 買った当初はビスマルクと(←かの名高き「鉄血宰相」から)名付けようと思っていたのですが、あまりの静かさに方針変更。

 「半蔵」と名付けました。

 もちろん由来は、あの服部半蔵さんです。(実際の彼は「諜報集団を配下に率いた武将」だったようですけど……)


 お湯は確かに美味しかったのですが、それが鉄瓶の効果によるものなのか、長時間加熱したことによるものなのかはまだ不明です(笑)

 まあ、しっかり「馴染んだ」鉄瓶でないと、別に味は変わらないとも聞きますし……

 台所に、頼もしい戦力がひとり増えたということで、気長に付き合っていこうと思います。

 頼むぞ、半蔵!!

 確かに美味しくなってると確信が持てたら、またレポートいたします(笑)

 数か月単位の、長丁場になりそうな予感が……(汗)
 

 また次回の記事で、お目にかかりましょう!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。