FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河爆裂音楽隊?

2015年11月29日 15:41

 地上で、植木に水をやっておりましたら、おもしろいことがありました。

 道の向こうから、ぽーぽぽー♪ という謎の物音がだんだん近づいてくるのです。

 何かと思ったら、プラスチックのオカリナ(笛)を吹きながら、5、6歳くらいの男の子がこちらに歩いてくるのでした。

 もちろん「曲」にはなっておらず、ただ音を鳴らすのが楽しくて吹いている、という感じです。

 ご機嫌やな! と思いましたが、まあそれはそれとして、水やりを続けるわたくし。

 しかし、その音がだんだん接近してくる。

 ふと振り向くと、彼はわたくしの背後1mくらいのところに立ち止まり、こっちを向いて真顔でオカリナを吹いておりました。

 近ッ!

 これはどうやらわたくしのために吹いてくれているらしいな……と判断し、宮廷で吟遊詩人の演奏に満足した王の如く「うむ。」とうなずいてみせると、彼は不意にオカリナを口から離し、

「じゃじゃんっ! だーだーん♪」

 とセルフでサウンドエフェクトを入れて、さらにオカリナを吹きながら歩き去っていきました……

「……………。」

 急な展開に気の利いたコメントを思いつくひまがなかったわたくしは、とりあえず水を汲みに屋内に戻り、また出てきてみると、少年は少し離れた角の家の住人にも演奏(?)を披露しておりました。

 そしてくるっとこっちを向くと、

「あ、さっきの人!」

 とテンションアップ。

「それ、オカリナやろ? 上手いな!」

 と話しかけてみると、

「ちゃうで、これは、●◎△◆や!(←聞きとれず)
 銀河◎△●◆! ばばーん爆裂! シャキーン!!

 と、一瞬にして何か壮大な物語が展開し、彼は「ばばばばばーん!」と爆裂(?)しながら、どこかへ走り去っていきました……

 楽しすぎるぞ少年よ。

 アウローラの中で「機会があればまた会いたい人物」に指定されたことを、彼はまだ知らない……

 今度会ったときも、ぜひ、謎の音楽(?)を披露してほしいものです。


 とうわけで、本日のところはこのへんで。

 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。