スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の少年@地下鉄車内

2016年01月29日 22:58

 突然ですがわたくしは、ときどき、面識のない子供から急に話しかけられることがあります。

 大きさ的に無害な存在だと認識されやすいからなのだろうか……?

 しかも、そういう場合は、ちょっと不思議なノリの子供から話しかけられることが多いです。

 類は友を呼ぶ……!? 


 直近の例を紹介いたしますと、こんなことがありました。

 わたくしが地下鉄に乗り、ドアの側に立っていたとき、ドアのすぐ内側に「母親と男の子」の二人連れが立っていたのです。

 見た目にはまったく何の変哲もない母子で、母は手元のスマホに夢中。

 男の子は母の脚にぴったり寄りそって立っていました。

 わたくしも、まったく平常心で読書にいそしんでいたのですが、何やら視線を感じるような――?

 ふと見下ろすと、男の子が、じーっとこっちの足元を見つめています。

(?)

 一体、この子は何を見ているのだろうか? 

 履いている靴は登山用の靴だけれども、ローカットで「ちょっといかついスニーカー」という程度の見た目だし、そんなに珍しいこともないと思うのだが――

 と、男の子はスッと顔を上げ、

「あのな、そこに立ってるとな、」

 ひたりとわたくしの眼を見つめ、さも重大なことのように、そっと言いました。

「……落ちるで。」

 ――どこにッ!?

 思わず足元を見直したわたくしは、気付きました。

 皆さまは、電車内の床に、銀色のふちで長方形に区切られて上げ蓋みたいになっているところがあるのを意識しておられるでしょうか。

 アレが何なのか、わたくしには正確な知識がないのですが、とにかくわたくしは、その蓋(?)のひとつの真上に立っていたのです。

 どうやらその男の子は、その蓋(?)を「落とし穴のカバー」みたいなものだと思っているようなのですね……

 思わず母親のほうを見ましたが、彼女はスマホに夢中で、男の子の謎の発言には気付かない様子。

 せっかくの忠告を無視するのもあれなので、わたくしはとりあえず一歩下がって蓋(?)を避け、「これで大丈夫だろうな?」という意味で目配せ。

 男の子は満足したのか興味を失ったのか、母親の脚にくっついて向こうをむきました。


 とりあえず彼に訊きたいことは、 

 ――ここから落ちた奴、見たことあるんか!?

 ということですが、高所恐怖症の人は「絶対落ちないはずと分かっていても、落ちそうな気がして怖い」と言いますから、「落とし穴恐怖症」とか「フタ恐怖症」なんてものがあっても不思議はないかもしれません。

 きっと彼は、これまでの人生で、ずっとあの「蓋」の上を踏まないように注意して生きてきたのでしょう……

 そして、目の前に「危険きわまりない蓋の上にうっかり立っている不注意な女性」が出現したために、勇気をふるって一言、注意を促したのでしょう。

 そこで「ああ、乗っても大丈夫なのか」という判断にならないところが凄いですね!

 というか、あの上に立っている人、けっこういると思うのですが、彼はどの人にも必ず注意をするようにしているのだろうか……

 
 ある意味すごくどうでもいい、しかし、いろいろと考えるところのある出来事でした。

 ということで、今日の話はそれだけです(笑)


 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝) 

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆
スポンサーサイト

羊毛パネェ!

2016年01月23日 16:50

 何だかうっかりしている間にお久しぶりになっておりました、アウローラです!

 最近、わたくしたちの行動範囲もめっきり冷え込んで参りまして、ちょっと冬眠モードに……むにゃむにゃ。

 そんなわたくしの強い味方が、羊毛!!

 最近、ウール100%の毛糸で編んだセーターがめちゃくちゃ暖かいということに気づき、愛用しているところです。

 わたくし、子供の頃は――というか、大人になってだいぶ経つまで、毛糸で編んだセーターが大嫌いでした。

 理由は、首や手首に毛糸が当たってチクチクするからです。

 しかし、わたくしは気付いたのです――

 長袖タートルネック(わたくしはコットン派)の上からセーターを着れば、首も手首もガードされ、まったく何の問題もないということに!(←もっと早く気付いても良さそうなものだ)

 しかも、しょっちゅう着ていると、毛糸のキューティクル(?)が「なじんで」くるのか、触れた時のチクチク感がだんだんやわらかくなってくるということも分かりました。


 色々な混紡素材の毛糸がありますが、わたくしは断然ウール100%派です。

 昔は、冬山登山でもウールのセーターを着ていたというほどの保温力と、驚きの撥水力!

 はじめて洗濯(手洗い)したとき、セーターを浴室の床においてザーザーとシャワーの水をかけ、ふと裏返してみたら、表面はびしょ濡れでも、裏面にはまったく水が浸透していなかったという実績!

 けっこうな勢いで水をぶっかけていたので、すごく驚いたのですが、よく考えたら、羊が雨風や外気温から自分の身を守るために生やしている毛でできているのですから、そのような効果も当たり前ですね。

 もし、すごく吸水性のある毛だったら、雨のたびに、羊たちが全部ぺっしゃんこになってしまう……!(不気味)


 寒さにやられている方で、ウールのセーターを「食わず嫌い」している方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、タートルネックとの合わせ技で試してみてくださいね~!

 なお、わたくしが愛用しているのは、羊の毛を化学処理せずに毛糸にして編まれたセーターなので、もしかすると、そのへんも機能と関係があるかもしれません。(最初は「ケモノ臭」が、けっこう気になったほどですよ……着込んでいくうちに、においは抜けましたが)

 
 というわけで、本日のところはこのへんで。

 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

あらためて読み直す『歴史』! + 私信追加

2016年01月16日 20:30

 2番ゲート『スパルティアタイ』の時空に跳ぶために、トゥキュディデス先生の『歴史』を読み返しているアウローラです!

 以前には、物語に関係の深い年のところしか読んでいなかったのですが、今回は全文通読を目指しております。

 まあどうせ一度流し読みした程度では理解できないので、何度も読むことになるのだろうがな……!(←何故偉そうなのか)

 まだ途中ですが、この「全文通読」を始めた結果、以前に知りたくても分からなかった情報が、当時はちゃんと読んでいなかった後のほうのページに普通に書いてあるのを見つけたり、「地形がイメージできね―よ!!」と騒いでいた地域の地図が普通に載っているのを見つけたり(……)という感じで、これなら最初からきちんと全部読んどきゃ良かったと反省することしきりです(汗)

 やはり何事も、ゆっくりとでも着実に進めていくほうが、得るところは大きいのであった……

 あと、私はこれまでトゥキュディデス先生(←先生っていうか将軍だったこともある人ですけど) のことを「オロロス(出身)のトゥキュディデス」さんだと思っていたのですが、正しくは「オロロスの子、トゥキュディデス」だということを知って愕然。

 オロロス出身、と、オロロスの息子、じゃ、全然違うじゃねーかよ!!

 この勘違いは、ある資料に「オロロスのトゥキュディデス」という表現がサラッと(←確認しましたが、本当に!)あったので、それを普通に頭に入れていた結果、起こったのですが……

「の子」がないだけで、大間違いやんけ!

 大学時代「二次資料は、必ず複数に当たれ」と先生が口を酸っぱくして仰っていたのはこのことだなぁ……と、思わず遠い目になったアウローラでありました。

 一次資料に当たれないのは、ギリシャ語が読めないから仕方ないとして……

 ひとつだけの二次資料を鵜呑みにしてしまうと、そこにとんでもない間違いが書いてあっても気づかず、それが本当だと信じてしまいますからね。恐ろしや!!

 物語を書くことを通して、もはや「学生」ではなくなった今も、学ぶことは多いアウローラでした☆

 
 そしてここから、エクストリーム私信返し!(←回転しながらのイメージ)

 エレファーナさま、私信キャッチいたしました! とうっ!(掴)
 そう、わたくしの特徴は、一度気に入って始めたことは、長~くやり続けるということ……!
 太いときがあったり細いときがあったりはしますが、長~いお付き合いを地で行くタイプの人間です(笑)
 お互い、これからも物語の道を、マイペースに進んで参りましょう! 
 そしてカラ―版ジーズ署長は、グランド・ギャラリーにも追加展示させていただき、その頭の輝きで皆を魅了しておりますよ(笑)


 REOさま、同盟の掲示板にてメッセージ返信、ありがとうございました~!(拝)
 さっそく、扉絵として使用させていただきました。ありがたやありがたや……!
 同盟のほうでもtumblrのほうでも、引き続き、リベンジ企画を応援させていただきます。
「たまには良いかな」で、あれほど難しい姿勢を描けるということが凄いです!
 わたくしのらくがきだったら、片手だけびよーんと伸びたりしていそうです(汗)
 これからも無理なく楽しく、お身体大切に、がんばって下さいませ!(拝)


 それでは、本日のところはこのへんで。

 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

カラード・ジーズ署長

2016年01月13日 22:38

 寝る前に古代ギリシャの地図を眺めすぎて、朝ぼんやりするあまりに、うっかりオフ用のメガネをかけて業務に出動してしまったアウローラです(笑)
 その結果、同僚たちから、

「ヤンキーっぽい……」

 と言われました。何故。

img157++.jpg

 エレファーナさま、お忙しい中、カラーバージョンのジーズ署長をありがとうございました!(笑)
 
 こちらもありがたくグランド・ギャラリーに展示させていただきます!(拝)


 最近のアウローラは業務のヤマにむけての準備、『スパルティアタイ』を中心とした外部サイトへの展示などに邁進しております。

『庭の王国への旅』のタグ打ちと、『オーダーオフィス』最新分の展示も進めなくてはならないのですが……!

 ジーズ署長の明晰なマルチタスクっぷりが羨ましい!!

 とりあえず、マイペースにゆっくりとがんばります☆


 今日のところはこのへんで。
 
 下記事に拍手、また掲示板でのコメント返し、ありがとうございました!(拝) 

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆  

スノウ大尉と半蔵の共闘

2016年01月09日 19:48

 タイトルだけ見るとどこで何の戦が起こってるんだという感じですが、戦いの舞台は我が家の台所でした(笑)

 半蔵さん(南部鉄器の鉄瓶)は今日も元気にお湯を沸かしています。

 直火を避けるため、五徳の上にモチ焼き用の網が置かれ、その上に半蔵さんが鎮座しているというVIP(?)待遇です(笑)


 そしてスノウ大尉(白いストウブの鍋。つまり鉄鍋)は何をしてるのかというと、なんとご飯を炊いているのでした。

 我が家ではちょっと――いや、けっこう前に炊飯器がブッ壊れ、しばらくのあいだはご飯が毎回レンジでチンするパックのやつという状況になっていたのですが、さすがに延々これでは味の点で微妙にテンションが下がってくるということで、事態を打開する方策が検討されていたのです。(←普通に炊飯器を買えよ……)

 そんなある日、ふとレシピサイトを眺めてみると、ストウブ鍋で炊飯ができるという文字が!

 そういえば昔キャンプで、鉄鍋で炊飯したわ!(←忘れてた)

 これまでは主に味噌汁を作るなどの任務に従事していたスノウ大尉ですが、これを機に炊飯中隊へ転属!
 
 さっそくやってみると、完璧に炊けました。

 素晴らしいぞスノウ大尉!!

 そのようなわけで、我が家のコンロ上には鉄鍋と鉄瓶という、ダブルでブン回したらプロレスラーでも倒せるであろう重量級のタッグが陣取っているのでした☆

 よきかなよきかな!!

 ――本日のおしらせはそんな感じです(笑)

 
 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

半蔵さん、沸騰。

2016年01月06日 20:42

 下記事をご覧になっていない方には全く何の事だか分からないタイトルですが……

 半蔵さん、沸騰しました。

(訳:鉄瓶でお湯を沸かすことができました)

 どうも昨日の時点では、ガスの強火は鉄瓶を傷める! ということを意識しすぎるあまり、火力を控え過ぎていたようで、今日やってみたら、普通にグラグラ沸騰しました。

 じゃあ昨日飲んだのは、正確には「沸かしたお湯」じゃなかったってことか……(汗)

 昨日も今日も、味は普通においしかったです(笑)

 はやく鉄瓶を「なじませる」ためには、なるべく毎日使ったほうがいいそうで、これ、冬場はともかく夏場はきっついことになるでぇ! と心配しておりますが、まあ、できる限りがんばってみましょう……!

 ――ということで、今日の報告はこれだけです(笑)


 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

鉄瓶、手に入れました。

2016年01月05日 22:07

 ひとたび自分の気になることを思い立ったら、即行動するのがアウローラ!

 南部鉄器の鉄瓶、買ってきました。(←重)

 けっこうな値段のするものだったので、スノウ大尉(白いストウブ鍋)同様、しっかり使わなくてはもったいない!!


 煎茶を煮出すなど、最初のお手入れをした後、実際にお湯を沸かしてみました。

 ……………

 …………………

 長!!!

 直火でガンガン熱すると傷んでしまうので、弱火でじっくり加熱……

 別に「ピー」と鳴るわけでもなく、ガタガタ言うわけでもなく静かなもので、沸いているのかいないのか、いまいち不明。

 30分ほども経って、蓋のつまみ(鉄製)が素手ではとても持てないほど熱くなったところで、ふきんで持って、蓋を開けてみました。

 しーん

 これ……沸いてる!?

 グラグラボコボコと泡が出るのが「沸いている」状態だと思うのですが、湯気はばあっと上がるものの、泡はなく、やはり静かなもの。

「おまえは、忍びの者かっ!?」

 買った当初はビスマルクと(←かの名高き「鉄血宰相」から)名付けようと思っていたのですが、あまりの静かさに方針変更。

 「半蔵」と名付けました。

 もちろん由来は、あの服部半蔵さんです。(実際の彼は「諜報集団を配下に率いた武将」だったようですけど……)


 お湯は確かに美味しかったのですが、それが鉄瓶の効果によるものなのか、長時間加熱したことによるものなのかはまだ不明です(笑)

 まあ、しっかり「馴染んだ」鉄瓶でないと、別に味は変わらないとも聞きますし……

 台所に、頼もしい戦力がひとり増えたということで、気長に付き合っていこうと思います。

 頼むぞ、半蔵!!

 確かに美味しくなってると確信が持てたら、またレポートいたします(笑)

 数か月単位の、長丁場になりそうな予感が……(汗)
 

 また次回の記事で、お目にかかりましょう!!

私信返しの回!

2016年01月03日 11:22

 私信返しです☆

 エレファーナさま、美しくきらめくジーズ署長の年賀状をありがとうございました~!!

(「誰の頭がきらめいてるってんだゴラァ!?」 by署長)

 これで今年一年、めでたく過ごせそうです(笑)
 お忙しい中、描いてくださってありがとうございました……!
 いただいた年賀状は、ぜひグランド・ギャラリーに展示させていただきたいと思います☆

 は! 話変わってメールアドレスですが、下を変えてもうまくつながりませんでした(汗)
 何故なんだ……
 もし、そちらにわたくしのアドレスが残っていましたら、空メールでもいいので送っていただけましたら登録しなおしておきますね。

 ではでは……今年もあれやこれやと忙しくなるとは思いますが、心にはいつも創作を! の精神で、無理なく楽しくがんばっていきましょう!
 今年もよろしくお願いいたします~!!(拝)

あけまして

2016年01月01日 12:13

 おめでとうございます☆

 くっ、初夢を……見逃した……!(倒)

(↑ 「初夢」は「その年に入ってから初めて見た夢」という解釈で、これまで過ごしてきたアウローラです。
 本当は「事始め」にあたる「二日の夜」に見た夢だといいますけど、それは一日~二日にかけての夜のことなのか、二日~三日にかけての夜のことなのか、いまだに分からないアウローラであった……)

 今回も、何か夢は見ていたのですが、完全に平常心で起きて動いてしまったため、すっかり内容を忘れてしまいました(汗)

 ただ、一昨年・去年のような「海での戦い」の夢ではなかったと思います。惜しい!(←そうか?)


 まあそれはそれとして、本年もマイペースに運営して参ります『時空跳躍ターミナル』!

 一年の計は元旦にあり!(←もう「旦 あさ」じゃないけど!) ということで、今年の目標をひとつ。

『オーダーオフィス101』か『スパルティアタイ』の時空、どちらかは年内に完結させる!!

 これでいきたいと思います。

 去年も同じようなことを言っていたのですが、『庭の王国への旅』が新たにスタートし、そして完結したという……(笑)

 『物語は、完結してこそ』

 これがわたくしのモットーなので、マイペースに、楽しく無理なくがんばりたいと思います☆


 あと、創作とは無関係に、アウローラの私的な目標……というか、2016年中になしとげたいことをいくつか書いておきます。

 ことばにすると実現する、と言いますからね!

1. 南部鉄器の鉄瓶を買う。
   ……目標というより買い物リストだな、これは……
   いい鉄瓶でお湯を沸かして、お茶を入れたいのです!!  

2. 愛用の「ジョカ」の、欠けてる注ぎ口を直すために「金継ぎ」に出す。
   正確には「ちょか」というのでしょうか? 焼酎に燗をするための、平たい急須みたいな容器です。去年、気付いたら口が欠けていました……
   直しに出すとしばらく帰ってこないので、暑くなってから出したいと思います。

3. 富士山の山頂に立つ。
   これは、ぜひ、やっておきたい!! 開山してるシーズンしか実行できないので、今から予定をしっかり調整していきたいと思います☆


 
 ――ちなみに、目標とは全然関係ないのですが、年越しの瞬間は東急ジルベスターコンサートのライブ中継で、モーリス・ベジャール振付、シルヴィ・ギエムさんが踊るバレエ『ボレロ』を観て感動しておりました。

 まるで古代の祭祀のような、繰り返しつつ高まってゆくエネルギーを感じる振付、それを表現するシルヴィさんの動き、どちらも大好きです!

 引退なさることは残念ですが、踊りを通じて素晴らしい「美」をみせていただいたことに感謝したいです……(拝)
 
 わたくしも、物語の時空を確定することを通して何らかの「美」をそこに生みだしたいものです☆



 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝) 

 2016年も、時空跳躍ターミナルをよろしくお願いいたします!  



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。