スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死屍累々!?

2012年01月30日 23:21

 業務の現場で、インフルエンザが猛威をふるっております……!!

 既に同僚が3人倒れました。

 わたくしどものチームメンバーは、

アウローラ「くそう、インフルエンザなんかに負けてられるかってんだ!」

ジェイ先輩「そうだ! どこまでも一緒にがんばろう!」

ボス「そう、休む時はみんな一緒だ!!」

 と強い結束を確かめ合いつつ、今日も元気に働いておりました☆(←「そこ! 恐ろしいことを言うな!」byビッグボス)

 確かに、ひとり休むだけでも大ダメージなのに、チーム全員が倒れるなどという状況になったら、もう目も当てられません!

 冗談が本当にならぬよう、体調管理を万全にしていきたいものです……! おそろしや!

 
 そしてエレファーナさま、アウローラが前回の日記でぶつぶつ申しておったことに反応してくださってありがとうございました~!(拝) 

 あの会合は無事に終わり、結果的には行ってよかった――かどうかは微妙ですけれども(笑)とりあえず、面白かったことは面白かったです☆

 人間、ネガティブな感情はどうしてもときどき持ってしまうものですが、そういう気持ちは出来るだけ早くぽいっ! と投げ捨て、常に軽やかに人生を歩んでいきたいものですね……☆

 
 そして!! ぜひぜひ挑戦しようと思ったオリキャラ声優バトンですが……

 豪快に挫折いたしました(爆)

 なぜかというと、ボイスサンプルを片っ端から聞いていっても「これ!」と当てはまる声がなかなか見つからなかったからでした……!

 わたくしは今まで、自分が物語をイメージするときは「景色が見え、声が聞こえる」と思っていたのですが――

 今回のチャレンジで、どうもわたくしは人物のセリフを「音声」としてではなく、どちらかというと「文字」としてイメージしているらしい……ということが分かりました!(←発見!)

 文字と言っても、映画の字幕や漫画のフキダシのように見えているというわけでもないのですが……

 どういう感じなのかは、ちょっとうまく説明できません。

 わたくしはよく、自分が頭の中で考えていることも「文字」というか「書かれた文章」としてイメージするのですが、それと似たような感じというか……(←ますますわからん!)

 だから、いざ実際の音声にあてはめようとすると「?」となるようです。

 しかし、エレファーナさま宅の皆さまの声は、すごくイメージに合っておりました~!

 ノダルムさまには思わず引っくり返りましたが(笑) 何なんだあのペンギン(?)は……!?

 わたくしはどちらかというと、同じ塩沢さんでも(←この方はお名前で分かりました!) わたくしの愛する『銀河英雄伝説』のキャラ・オーベルシュタインさん的な感じかと思っておりました……!

 いやでもオーベルシュタインさんは高笑いをしながら回転したりはしないか……

 想像すると、凄くシュールな光景でございました(笑) 

 
 さてさて、創作のほうですが、相変わらず6番ゲート『ソードベアラー』の時空とがっぷり四つに取り組む日々でございます。

 この『ソードベアラー』という題名は『剣を帯びし者』という意味でつけたのですが、その「剣」というのは、作中で「翼持つ女神の剣」と呼ばれているもののことです。

 というか、この物語のタイトル自体、しばらく前までは『翼持つ女神の剣』だったのですよ!(←しかし語呂がよくないので、タイトルとしてはあまり気に入っておらず、今のを思いついたので差し替えたのです☆)

 タイトルに登場するだけあって、この剣は、優勝者に与えられる単なるトロフィー的なものではなく、もっと大きな意味を持つものです。

 これまでのところ、皇帝陛下がちょっと持って出てきただけですが、もうすぐあの剣が目立つときが来るはずっ……!

 がんばります!!


 そのようなわけで、本日のところはこのへんで☆

 追記に「なんとなく植物バトン」への回答を載せたりしつつ……!!

 皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

なんとなく植物バトン

Q1 よろしくお願いします。
A1 こちらこそ、よろしくお願いいたします(拝)
Q2 花と葉、どっちが好きですか?
A2 わたくしは香りが強いものが好きなので、梅や薔薇などは花、タイムやミントなどは葉が好きです!
Q3 好きな植物はありますか?
A3 芳香の強い花を咲かせる植物。またはハーブ。
Q4 現在育てている植物はありますか?
A4 積極的に「育てている」ものはなく「生えている」というのが実情です……(汗)
Q5 育ててみたい植物はありますか?
A5 自家製ハーブ園に憧れます。ヘリオスくんが以前挑戦し「雑草のようなものだから強いはず!」と言っていたら、虫にやられて全滅していました……!
Q6 こんな植物あったら良いなあっていうのありますか?
A6 壁をいためにくい、壁面を這うタイプの植物。部屋中にはびこらせます☆(←ちょっとコワい)
Q7 植物は好きですか?
A7 大好きですよ☆
Q8 他に何か書きたい事がありましたらどうぞ。
A8 今年も、梅や桃や桜の花を見物に行くのが今から楽しみです!
Q9 有難うございました。
A9 ありがとうございました~!!
スポンサーサイト

出かけたくない~!!

2012年01月28日 11:20

 と、タイトルから何やら景気の悪いアウローラです(笑)

 本日はわたくしにとって、ものすご~く気の重い外出の予定があるのですよ

 ああ~、嫌だ! 何故、こんなことになってしまったんだ! 出かけたくない~!!(ジタバタジタバタ)

 どれくらい嫌かというと、その嫌さが最高潮に達した昨日の夜、普段はめったに使うことがない「うざい」という言葉を5,6回言ってしまったくらいですよ!

 しかも「うっっっっっっっっざ!!!」と、全力を込めて! 


 ……しかし、そこであえて自らと対話し、心を落ち着かせるアウローラ。

 そう、よく考えてみれば「出席します」という返事を出したのは、わたくし自身。

「出席しません!」という選択肢も、あったにも関わらず。

 人間関係や責任やその他もろもろの都合で、嫌だけどyesと答えただけだもん! 仕方がなかったんだもん! という話もありますが、さらに考えてみると「嫌だけど仕方なくyesと答える」という選択をしたのは紛れもなく、わたくし自身。

「人間関係とか責任とか知るか! 絶対嫌じゃ! 行かん!!」という選択肢も、あったにも関わらず。

 そう、わたくしが選んだ。

 ……あ~……ごじゃごじゃ言っても状況は変わらんし、今更断るのは他の人に迷惑すぎるから、やるっきゃねぇ!!

 むしろ、どうせ行くなら、割り切って楽しまなきゃ損!?

 よし、気分がよくなった!!(←今ここ)


 ……というのが、気が重いことに立ち向かうときの、わたくしのいつもの思考の流れです。

 基本は「やる」か「やらない」か。

 やらないならよし、やるなら「嫌々やる」か「淡々とやる」か「楽しんでやる」か。

 どれが最も、自分が気分よくいられるかで選べば良いということで!


「嫌々やる」のは、わたくしにとって一番嫌なことですね。

 何しろ、昨日の夜は、わたくしの表情も口調も、自分で言うのもなんですが、本当に醜かった!

 周囲も間違いなく不快になりますし、何よりもわたくし自身がどんどん不快になっていく!

 もともと気が重いのに、さらに不快さを助長してどうするという話です。

 それならばもう、逆転の発想で、いっそ楽しんでいこうぜハハハハハハ☆(←ナチュラルハイ!?)


 そして、今になってふと気付いたのが、ちょうど6番ゲート『ソードベアラー』の時空の、今まさに書きかけている――というか、昨日の朝の段階で書いていた場面で、ヒロインのフェリスさんが、まったく同じようなことを言っていたということです。

『……自分で選んだことだ。
 すべて、この自分が、選んだ。』

『すべて、自分がそうしなければならないと思ったから、そうしてきた。
 自分がしたことを、人のせいにして恨むことなど、したくなかったから。』

 フェリスさんは昨日の朝の時点でこの境地に達していたのに、作者であるわたくしは、その日の夜に「嫌や嫌や、なんであたしが行かなあかんの~!!」と暴れていたということですね(笑)

 作者が登場人物より1日遅れで悟ってどーする!?

 まだまだ修行が足りないアウローラでした(笑)

 
 さて、そして下には全然関係ない「バトン好きさんへ捧げるバトン」への回答を展示!

 エレファーナさま宅でも興味深いバトンを拝見したので、後ほど、ぜひ挑戦してみたいと思います……!


 それでは皆さま、今回のところはこのへんで☆

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝) 

バトン好きさんへ捧げるバトン

Q1 「趣味は何ですか」のような、一問一答式のごく普通の質問が中心のバトン
A1 あまりにも普通すぎる質問ばかりだと「前に答えたことがあるものばかり…」となってしまうので、質問に何かひとひねりが欲しいところです☆
Q2 「どっちが好き?」など、二者択一タイプの質問が中心のバトン
A2 どちらかというと「選ぶ」より「語る」バトンのほうが好きですね。
Q3 「○○と聞いて連想するものは?」など、連想ゲームタイプのバトン
A3 「知り合いの中で」や「オリキャラの中で」など、範囲を限定していただいたほうが、いっそう答えやすいですね。
Q4 上の質問の発展型で、「もし~だったらどうする?」など、回答者の想像力と妄想力を試されるバトン
A4 こういうタイプのバトンはかなり好きです☆
Q5 設問に1、2、3、と数字だけが振り分けられており、回答者がセルフサービスでランキングを作るバトン
A5 わたくしの場合は、それほど、食指は動きませんね……。
Q6 設問にあ、い、う、と五十音が振り分けられており、各文字から始まる単語を羅列していくバトン
A6 変換機能バトンのようなやつですね? やったことはありますが、2度、3度とやろうとは思いませんね(回答内容がだいたい同じになるので)。
Q7 設問に書かれてある単語やお題にそって、文章を作っていくタイプの物書きさん向けのバトン
A7 わたくしはこれが意外と苦手です。「自分の好みに合う世界観となかなか出会わない」&「書き始めると長文になるので大変」だからです!
Q8 バトン作成者が何かのキャラ(オリキャラ、人気キャラ問わず)になりきって話しかけてくるバトン
A8 語りかけられるのは、ちょっと気恥ずかしいですね……!
Q9 むしろ回答者が何かのキャラになりきって答える事を前提としたバトン
A9 これは大丈夫です。むしろ得意です(笑)
Q10 バトン作成者が考えたネタやギャグに対して突っ込みやリアクションを入れていくタイプのバトン
A10 やや苦手です。わたくしはツッコミを入れるとき、言葉が荒くなるので、それが気になってしまって……。
Q11 これといった質問もお題もなく、ひたすらバトン作成者と会話しているだけのバトン
A11 「自分は~だったけど、そっちは?」「ふ~ん、そうなんだ、大変だね」みたいなタイプのバトンは、ちょっと苦手です。気恥ずかしい!
Q12 ブロとも募集など、完全にバトン作成者の都合の為に作られたバトン
A12 あまりにもその気配が濃厚すぎると、回答する意欲を殺がれますね……。チラッとなら大丈夫ですが。
Q13 歌詞を当てようなど、アンケートというより完全にクイズ方式のバトン
A13 たま~にやってみることもあります。しかし「回りにくい」タイプのバトンだろうな、とは思います。
Q14 (以下は普通の質問です)月にバトンに答える頻度はどのくらいですか?
A14 そのときどきで違いますが……多くて5,6本、少なくて1,2本といったところではないかと。
Q15 バトンを作成した事はありますか?ある人は作ったバトンの数をどうぞ。
A15 ありますよ! 全部で……10本前後でしょうか? 
Q16 自分が作ったり回答したバトンについて、他の人の回答が気になることがありますか?
A16 それはもちろん気になります☆ 回答は「ほぉ~っ!」と興味津々に拝見いたします!
Q17 バトンがきっかけで交流が増えた事はありますか(ブロとも募集バトンは除外)?
A17 新たに交流が増えるというより、もともとある交流をさらに盛り上げることに役立っていると思います☆
Q18 「ものすごく上から目線の質問でムカつく」などと、バトンの設問にイラッとした経験がありますか?
A18 記憶に残るほど強烈なものはないですね~。ちょっとでも「嫌だな」と思ったら回答せずスルーして忘れますので!
Q19 「嫌なら答えるんじゃねえよ」などと、バトン回答者の回答にイラッとした経験がありますか?
A19 ないですね~。バトンを作成した以上、どのような回答があることも前提としておかねばならない、と思っておりますので!
Q20 バトン作成者がどんな人なのかはあまり気にしないほうですか?
A20 そんなには気にしません。語り口調(文体)などに、あまりにも違和感を覚えた場合はスルーします。
Q21 バトンの設問はだいたいどれくらいの数がベストだと思いますか?
A21 わたくしの場合、気楽に答えるなら20問前後。がっつり答えたい気分のときは、100問前後で!
Q22 友人・知人から答えづらい設問だらけのバトンがまわってきたらどう対処しますか?
A22 華麗にスルーさせていただきます☆
Q23 「こんにちは」とか「おつかれさまでした」など、挨拶が書いてあるだけの設問は必要だと思いますか?
A23 あってもなくても良いと思いますが、すご~く短いバトンの場合は「挨拶いらんやろ! 設問増やしてくれ!」とは、思います(笑)
Q24 このバトンを回したい人を書いてください。と書かれてあっても、回す相手がいなかったりしますか?
A24 わたくしは全てのバトンを「フリー」とさせていただく派なので! …って、これは、作成者の方にとっては不愉快な場合もあるのかもしれませんが…真に優れたバトンなら、フリーでもどんどん広まるはず!(←挑戦?)
Q25 お疲れ様でした。最後に一言どうぞ!と書いてあっても正直何書いていいか困った事はありますか?
A25 だいたい挨拶で締めさせていただきます。こちらこそ、お疲れ様でした~!!

地味な事故が多発!

2012年01月26日 21:53

 昨日は何やら「地味な事故」が、たくさん起こった日でしたよ!

事件1. ジェイ先輩がマイ水筒の蓋を引っくり返し、床(と自分)にお茶を撒いた

事件2. アウローラがおやつの「スープ春雨」を作ろうとしてカップを引っくり返し、床に粉を撒いた

事件3. 業務のチームで揃って帰宅中、目の前で、横手から走ってきた自転車が道のど真ん中に設置してあった「車輌侵入禁止」看板に激突し、転倒


 ……「3」に巻き込まれなくて、本当に良かったです!(汗)

 幸い、自転車の方は、ほぼ無傷だったようで……ホッ☆

 そして、わたくしとジェイ先輩……きょうだい説が流れるほどの仲の良さなのですが、まさか、1日にふたりとも物を撒く破目になるとは……(笑)


 ――は! そして、先日の記事に反応&ご協力をくださいました風の浪士さま、エレファーナさま、本当にありがとうございました!

 原因は、どうやらターミナルを構築するHTML言語に不十分な点があったためのようです。

 一応、応急処置的に「これか!?」と思われる文字列を埋め込み、ファイヤーフォックスから(わたくしのPCで)見たときの文字化けは解消されました。

 しかし、同じような不備(?)があるはずの他のページ(←トップページ以外)はもともと普通に見ることができたりと、謎が謎を呼び謎ばかり! の現状です。

 ううむ、気になる……。

 もしもまだ何か、お客様方の側から見て閲覧上の不備が生じているようでしたら、お手数ですが、アウローラまでお知らせいただけますと、たいへん助かります!!

 よろしくお願いいたします(拝)

 
 ……それでは、本日のところはこのへんで!!

 峻烈な寒さの中、風邪やインフルエンザがどんどんと勢力拡大中のようですね。

 皆さまもじゅうぶんにご自愛くださいませ……!

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆(拝) 

……おや? 

2012年01月24日 20:50


 ブラウザ「ファイヤーフォックス」から、ターミナル玄関口を見ると、文字化けして見える……!?

 わたくしは普段「IE」を使っておりますので、昨日ふと気が向いて覗いてみるまで、全然気がつきませんでしたよ!(←IEからは普通に見える)

 確か、以前は、ファイヤーフォックスからも普通に見ることができていたのですが……

 何も書き換えていないのに、なぜこうなった!?

 しかも、さらに謎なのが、玄関口(インデックスページ)以外……時空跳躍ゲートや連絡通路、それぞれの物語のページなどは、ファイヤーフォックスでも文字化けしておらず、普通に見られるということです。

 何故、インデックスページにのみ不具合が……???

 それともこれは、ファイヤーフォックス云々の問題ではなく、わたくしのPCの問題なのか??

 ――皆さまのPCからは、どのように見えておりますでしょうか……?

 おそれいりますが、よろしければ「実は前から文字化けしてたで……」「いや、普通に見られる」など、お教えいただければ幸いです!


 ……と、そんな謎を残しつつ、私信返しコーナーです☆

 烏丸さま、返信ありがとうございました~!!(拝)
 そちらでも展示していただけるのを楽しみにしております☆
 烏丸さまに応援していただいて、カース氏もますます調子に乗ってしまいそうですね……☆
(「やめろ! 俺が困る!!」byギア・ロック捜査官)
 
 
 遊紅夜さま、断酒ネタに反応ありがとうございます☆
 わたくしも、過去には何度も痛い目に遭いましたので(←主に二日酔い的な意味で・笑) これからはもう、2度とそんな事がないように! という気合いを込めての断酒でした!
 紅夜さまもいかがでしょう……と言いたいところですが、部活などの飲み会では難しい面がありますよね~。
 部活の勧誘イラストかわいかったです☆ これからも(色々な面で!?)がんばってくださいませ~!!


 ふみ様! やはり、お酒はやめ辛いですよね(笑)
 わたくしの場合、もともと「あればあるだけ飲んでしまうが、無ければ無いで大丈夫」という感じだったので、それなら、もういいやん! と、断酒に踏み切った次第です☆
 しかし……やはり、いいお酒は本当に美味しいですからね~!
「上手なお酒」が飲める段階に入れるよう、精進いたします!!


 エレファーナさま、ようやく展示させていただけましたよ~!!
 いつも本当にありがとうございます……☆(拝)
 自作の物語で時計制作を依頼……!! それはけっこうハードな羞恥プレイですね(笑)
 ギア氏やカース氏をイメージソースにした時計とか……一体どうなってしまうんでしょう!?
 ノダルムさんやミリネさんの場合は……!?
 ――このネタ、本気で考えてみると、けっこう面白いかもしれませんね……!!


 ……さて、それでは、今からアウローラは――文字化けの件などを心の片隅に残しつつ――再び6番ゲート『ソードベアラー』の時空へと旅立ちます! 

 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

最大の「断捨離」!?

2012年01月22日 15:10

 本日ようやく……ようやく! にして、エレファーナさまから寄贈して頂いた博物館級のコレクションを、グランド・ギャラリーに展示させていただきました!(拝)

 よく見たら去年の7月に頂いたものまであり、展示が遅れに遅れましたことを深くお詫び申し上げます!

 しかも、まだバックヤードにはエレファーナさまや両性こたつむり様、烏丸さまから寄贈していただいた作品が待機中という(汗)

 もう……有り難すぎて涙が……!!

 せっかく寄贈していただいた作品を、どんどんと展示させていただきたいのも山々なのですが、そうすると、先に展示されていた作品がはやく「流れて」しまうことになりますので……

 ボレアルくんと相談し、これからも、ある程度の間隔を空けながら、順次、展示させていただこうと考えております!

 これからも、グランド・ギャラリーをよろしくお願いいたします!(拝)


 ……はっ!!

 そういえば――というか全然関係ないのですが、わたくし、今年から酒をやめております。

「とうとう何かやらかしたのか!?」と、知り合いのほぼ全員に訊かれるのですが――そして表立って訊かれはしないのですが「子どもができたの!?」という説が流れたりもするわけですが――別にそのよーな特殊な事態が起こったわけではなく、単に、

「なんか……もういいかな。よし、今日から酒をやめよう」

 と決意し、今に至る……というわけですよ!

 敢えて言うなら、これはわたくしの中では「断捨離」ネタに含まれる出来事です!

「今の自分にとって、なくてもいいものは手放す」という考え方に従い、「飲酒の習慣」を断捨離してみました☆

 わたくしはかなりのお酒好きだったわけですが、特に業務などで肉体的・精神的に疲れた時に家でお酒が飲みたくなる傾向にあり、そういうときは往々にして酔うまで飲む傾向にあり、結果としてけっこうな量になってしまうわけですよ。

 しかし、考えてみるに、これは単に酩酊感によってストレスを忘れようとしているだけであり、普通に風呂にゆっくり入ってマッサージでもして早く寝るだけでも代用可能。

 というか、そのほうがむしろ健康的にも経済的にもグッドなのでは!?

 ――というところまで考えて、試験的に断酒してみたわけなのですが、結果的には、全然OKでした。

 いったん飲まないと決めたら、飲み会に参加したりレストランに行って、周囲で飲んでいる人がいても、別に飲みたいと思わず、ストレスもなし。

 実は「自分は今から、意思の力のみで完全にアルコールを断てるのか」というところに若干の「?」があったので、ちょっとホッとしたアウローラでした(笑)

 しかし無論、本来、おいしいお酒ならば、ほどよく上手に飲めばよいわけで、むしろそちらのほうが人生としては上級クラスだとわたくしは勝手に思っております。

 今の自分では、一度飲み出すと、ついつい調子に乗って何杯も……となってしまうのが目に見えているので、敢えて、はっきりと全ての場面で完全に断酒しているだけなのでした。

「ガンガン飲み」→「断酒」→「上手なお酒」
           ↑ 今ここ

 という感じで、1年間ほど断酒ができたら、自分の意志の力を信じ「上手なお酒」を目指すステップに入りたいと思っておりますよ!(←謎のプログラムを自分で組むアウローラであった・笑)


 そして、これより、私信返しジェットストリーム!!(←アタック?)

 エレファーナさま、『ソードベアラー』へのご感想、ありがとうございました~!!(拝)
 兄さん……!!!
 試合の場面は「1対1の剣での戦い」という同じことが繰り返されるところなので、なるべく変化をつけるよう、あまり重要でないところは駆け足で書いたり、視点を変えてみたり、間に周囲の人々の描写を挟んだりと、自分なりに工夫してみたところでした。
 そこが面白かったと言っていただけて、大変嬉しかったです~!!
 そして、バトンでのカース氏は、相変わらずのオチ担当でした(笑)
 もはや存在そのものが笑いのネタになってしまっている……!
 そちらでは「本編」の設定が大公開ですね! まさかの「ガ○ラ」モデルにびっくりいたしました。
 そういうキャラクターの造り方もあったか……!
 エナジーアさんの「しるこくれ」は、最初完全に自分の読み間違いだと思いました(笑)
「しる……しるこ……? いや……まさかな。もう一度読もう」と思って、何度読んでも「しるこくれ」でした!
 決め台詞が「しるこくれ」! ……インパクトありすぎでした(笑) さすがです!!

 
 ふみ様、オーダーメイド時計の話題に反応くださってありがとうございました☆
 わたくしにとって、腕時計は常に身に着けるものですので、それがお気に入りの品であれば、毎日がハッピーになると思います☆
 ケースが手作りということで、非防水なのが難点だったのですが……
 そのようなことは、物語の前には小さな問題!
 作品そのものが、時計作家さんとわたくしによる「物語の解釈」の結晶となると思うと、今からもうわくわくしてしまいます~!
 ふみ様は、傘をオーダーしようとなさっているのですね☆
 傘も、かなり存在感の大きい持ち物だけに、こだわって選びたくなる気持ち、分かります!
 持ち物の中で「他人の目に触れる面積が一番大きいもの」といっても過言ではありませんから、あえてこだわり、自分のセンスを表現するキャンバスとすることも可能!
 特に雨の日は気分もブルーになりがちですから、気持ちをパッと引き立たせてくれる意味でも、好きな色や柄、造りであることは大切ですね。
 確かにそのぶん、なくしてしまったときのダメージは大きいですが……!
 ……持ち手の部分への名前の刻印サービスとか、ないのでしょうかね(笑)
 素敵な笠……じゃないや、傘が出来上がりますよう、お祈りしております☆

 
 ……というわけで、本日のところはこのへんで☆

 皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

思い立ったが吉日!!

2012年01月21日 23:55

 本日、何気なくTVをつけてみましたら、ある時計作家さんの仕事や作品を紹介する番組をやっておりました。

 デザインのフルオーダーも承っている、とのこと!


 わたくしは数字は大嫌いですが、ときを数量的に刻んで示す存在である「時計」は――アナログ時計に限るのですが――大丈夫でして、毎日、外出先では必ず時計をつけていなければ落ち着かないのですよ。

 今使っている時計は、そのままドボンと水に浸けようが風呂に入ろうが大丈夫で、錆びることもなく、ソーラー式で電池交換もいらない、まさしくシンプル・イズ・ベストをかたちにしたようなデザインの一品です。

 それはそれで非常に気に入っているのですが、あまりにも実用一点張りに過ぎるというか「遊び心」に欠ける面は否めません。

 そこで「見る度に『物語』を感じられるような時計はないものだろうか……」と以前から無茶なことを夢想していたのですが――


 今日の番組で、ある顧客の方が、詩をイメージソースとしたオーダーをしているのを拝見し、

「それならば、物語でも可能かもしれない! これは注文せねばなるまい!」

 と、数時間後にはとことこと工房へ出かけていったアウローラでした(笑)

 工房がある場所が、アウローラにとっては非常に馴染み深い地域だったので、これも何かのご縁! と、思い立ったら即行動です!!

 番組の影響もあってのことでしょう、わたくしが訪れたときには、工房はかなり混み合った状態でしたが、待った末、無事に時計作家さんとお会いし、お話しすることができました☆

 先に並んでいらっしゃった方々の会話を漏れ聞いていたところによりますと、どうやら多くの方は「素材」や「かたち」「色」などについて、ある程度かたまったイメージを持って注文なさっているようでした。

 ところがわたくしの場合は「時計を見る度に、ある物語の、特に○○章のあたりを思い出せるようなデザインにしてほしい」という、非常に大づかみ、というか観念的な依頼内容……!

 これからお忙しくなるでしょうし、果たして受けていただけるのだろうか? と心配しておりましたが、依頼は無事に受け付けていただけました!

「その物語は、知っていますが、まだ読んだことはありません。
 いつか読まないと、と思っていたので、買って読みます!」

 との力強いお言葉に、職人魂を見ました!
 
 ちなみに、ある物語というのが具体的に何であるのかは、作品が完成した段階で明らかにしたいと思います☆

 あの物語がどのようなデザインとして立ち上がってくるのか、楽しみすぎます!

 それから友人――というか具体的にはおばあさま(←遺伝学上の祖母には非ず)と会い、創作の同志たちの集いに顔を出し、あれこれと語り合っておりましたので、現在、エネルギーを使い果たしてとても眠いです(笑)

 私信返しは、また明日にっ……!! 申し訳ございませぬ……! ぐう(寝)

 
 それでは皆さま、また、次回の記事でお目にかかりましょう~!!(拝)

結婚相手審査バトン・男子編!

2012年01月18日 21:49

 ――と・いうわけで突然ですが、先日申しておりました「結婚相手審査バトン」の、男子編の回答を展示してみたいと思います!



結婚相手審査バトン

これはオリキャラを結婚相手にすると想定し、
結婚した場合どのような未来になるかを推理するバトンです。

質問はありません。
設定を思う存分載せてください。


レオニダス

「職業」
 軍人。《不死隊》の隊長。《半神》の二つ名を持っています。

「収入」
 隊長職にあるため、並の歩兵よりも多く俸給を得ています。
 しかし、金銭ではなく名誉のために戦うという考え方の根強いラケダイモンのことなので、さほどの高額というわけではありません。
 武器・防具等も支給品ではなく、全て自弁です。

「容貌」
 一言で言うとガチムチ、ちょっと文学的に言うと名工の手になる神の像のごとく美しく鍛え抜かれた肉体の持ち主です。
 常に無表情ですが、それでも男も女も見惚れるほど整った精悍な顔立ちをしています。

「家事」
 ラケダイモンの戦士階級の男には、自分が家事をするという発想は一切ありません。
 多分、頼んでも、怪訝そうな顔で見返されるだけに終わるでしょう……。
 そもそも遠征が多く、あまり家にいない可能性が高いです。
 
「性格」
 微動だにしない表情からは想像もつかないほど、悩み多き男です。
 戦争は嫌いなのですが、国家や同胞に対する義務感が非常に強く、人々の信頼に応えるため、常に最前線で戦うことになっています。
 自分の存在意義は「王のために戦い、王のために死ぬこと」だと固く信じています。
 極度の口下手を自覚しており、あまり自分の意図が正しく伝わらないことが分かっているので、個人的なことについてはほとんど喋りません。
 
バノット・ブレイド

「職業」
 帝国魔術学院《暁の槍》の教官。

「収入」
 俗に「教官の月給で、庶民の一家が半年食える」などと皮肉られるくらい、高給取りです。
 実験施設の使用費や、霊薬の購入費などの経費を差し引かれるので、手取りの額面はかなり減るようですが、それでも普通の人々と比べるとかなりのものと言えるでしょう。
 魔術師たちを経済面で優遇することで、戦力の国外流出を食い止めるというのは、昔からの帝国の政治方針です。

「容貌」
 黒髪を伸ばしてくくり、前髪を一部銀色に染めています。
 顔立ちはいいのですが、それを補って余りあるほど不機嫌そうな表情をしており(←別に機嫌が悪いわけではなく、これが地)見た目にはほとんど悪人です。

「家事」
 ずっと学院の寮で一人暮らしをしているので、意外にも身の回りのことは一通りこなします。
 ただし、他人に自分のものを触られることを非常に嫌うため、誰かと共同生活をする上ではちょっと問題になりそうです。
 自分の生活スペースが自分の思い通りになっていないと嫌なので、奥さんにやってもらうよりは、自分で思うようにやりたい派かもしれません。
 かといって、調子に乗って全て彼に任せていると「ちょっとそこに座れ」と呼び出されてしまいそうです。あわわ。 

「性格」
 顔がコワいため誤解されがちですが、実は意外とひょうきんな面もあります。
 冗談も真顔で言うので、本気なのかどうか見極めるためには、長い付き合いが必要かもしれません。
 ちなみに、彼が笑っているときは激怒しているときなので、すぐに走って逃げたほうが良いでしょう。
 求める水準は常に高いのですが、相手ががんばっていると分かる場合は、水準に達さずとも、努力は認めてくれます。
 ただし、怠惰な態度に対してはものすごく厳しいので、気をつけましょう。

ギア・ロック
 
「職業」
 オーダーオフィサー。凶悪犯罪対策課に所属。

「収入」
 危険手当がびっくりするほど安いことに衝撃を受ける者多数(笑)
 高給取りではありませんが、安定した給与と、福利厚生の充実ぶりはなかなかの魅力と言えるでしょう。

「容貌」
 ワルっぽい少年顔。やや小柄。どちらかというと「かわいい」部類に入るという説もあります。
 眼の色が左右で違い、ミラーグラスをかけてそれを隠しているのですが、そのことについては、自分から語り出すまでは訊ねないようにしましょう。
 あと、見た目には分からないのですが、両腕が精巧な義手「サイバーアーム」になっています。このことについても、あまり深くは触れないようにしましょう。

「家事」
 寮で一人暮らしをしているので、最低限の掃除、洗濯は自分でできます。
 しかし掃除はあまり得意でなく、部屋はおおむね散らかっています。
 ほとんどこだわりはない上、かなり面倒くさいと思っているので、誰かにやってもらえるなら大喜びするでしょう。
 自炊の腕前は壊滅的で――単に「できない」というのではなく、ものすごいモノができあがってしまうので――、常に屋台に頼っています。
「まずは彼の胃袋を掴んで☆」に当てはまる、典型的な例かもしれません……。 

「性格」
 普段はまさしくやんちゃな少年といった感じで、明るく、よく喋ります。
 甘い物がものすご~く好きなので、好みが同じだと、日常的に盛り上がれるでしょう。
 仕事に関しては非常に厳しく、間違いなく私事よりも仕事を優先するので、約束のドタキャンなどはしょっちゅうあると覚悟が必要です。
 また、過酷な任務あけにはベッドで爆睡していることがほとんどで、このときに構いすぎると「めんどくせぇ……!」となるので、出来るだけそっとしておくのが良いでしょう。
 また、女性に対して暴力を振るうことはありませんが、同性に対してはかなり手(足)が出るのが早いため、殴った殴られたの話がしょっちゅうです。
 
カース・ブレイド

「職業」
 オーダーオフィサー。凶悪犯罪対策課に所属。

「収入」
 上に同じ。

「容貌」
 黒髪、黒い髪の美青年です。
 道を歩けば女性たちがあちらこちらで足を止めて振り向くレベルのイケメンで、線が細く甘い顔立ちをしています。

「家事」
 掃除、洗濯、料理と何でも高水準でこなします。
 ものすごく要領がいいので、時間がないときも「いつの間に!?」という早業で済ませてしまいます。
 部屋の内装は、いつもショールームのようにお洒落に整えられています。
 料理に関してもシェフ級の腕前で、その腕前は主に、ギア・ロック捜査官の夜食を作るために振るわれているようですよ……。

「性格」
 本気の相手がいないときは、いわゆるプレイボーイで、何人もの相手と――男とでも女とでも!――気軽に恋の駆け引きを楽しみます。
 ただし、ひとたび誰かに本気になったときは、他の全てを顧みず、その相手の心を自分に向けておくために、ありとあらゆる努力を惜しみません。
 基本的に、気に入った相手に対してはにこにこと愛想がよく、まるで猫が懐くような態度を見せます。
 しかし、ひとたび「敵」と認識した人間を相手取るときは、別人のように冷酷で残忍な一面を見せます。
 過去に家族関係で何か問題があったらしく、アカデミー時代以前のことは語りたがりません。
 しかもどうやら、その問題はまだ解決したわけではないようです……。

グウィン・ホーク

「職業」
 魔術師。帝国陸軍リューネ常駐師団所属。《皆殺しのフェリスデール》の副官。

「収入」
 公認魔術師として国庫から支給される給与の他に、フェリスの父マクセス・レイド将軍から支払われる給与があります。
 だいたいは霊薬の補充や魔力石の新調にあてているようですが、一部は部隊の仲間の飲み代(←フェリスに貸した)にもなっているようです。

「容貌」
 逆立てた黒髪、金色の目。
 目元が鋭く切れ上がった、油断のない感じの顔つきです。
 かなりの痩せ型ですが、弱々しさは欠片もない、鞭のように鍛え上げられた体格をしています。

「家事」
 掃除は自分でしますが、最近はガイガロス砦住まいのため、洗濯と料理は下働きの人々に任せています。
 北の帝国魔術学院《星の剣》にいたころは、洗濯も自分でしていたようです。
 暮らしを少しでも心地好くしようという発想がないので、食事は過熱してあればいい、衣服は清潔であればいいというレベルです。
 部屋も、いつ引き払っても大丈夫なレベルで殺風景です。

「性格」
 口うるさい上に皮肉屋で、特に相手の知識のなさを馬鹿にするような発言が多いので、上から目線が苦手な人とは衝突が多くなるでしょう。
 ただし口だけの男ではなく、実力はしっかりと伴っており、知識についても、魔術の才も一級です。
 冷淡な振る舞いが目立ちますが、困ったときにはさりげなくサポートを入れたり、たまに気遣うような台詞を吐いたりと、実は細かく気に懸けてくれています。
 騒がしいのが好きではなく、時間があればだいたい静かに読書をしており、邪魔をするとものすごく嫌そうな顔をします。
 しかし、ぶつぶつ言いながらも、何か頼むと付き合ってくれる、地味に面倒見のいい男です。

Χ(カイ)

「職業」
 《闘犬》として、ドッグファイト・ショーに出場することです。

「収入」
 莫大なファイトマネーを得るのは、彼ではなく、彼のオーナーになるんですけど……(汗)
 そういう意味では無収入です。
 しかも、金銭を扱う知能はありません。

「容貌」
 頭部から上体にかけては若い人間の男の姿をしていますが、腰から下、肩から先、耳と尾が、黒い毛に覆われた犬に似た形状になっています。
 人為的に造られた生物なので、ヒトとは骨格の形状や筋組織から異なっており、直立することはできず、4足歩行をします。

「家事」
 手が鋭い鉤爪を持つ犬に似た形状なので、ものを持つなどの作業はできません。
 そもそも基本的な知能が「賢い猟犬」レベルなので、家事能力を期待するのは無理です。
 
「性格」
 遺伝子操作によって闘争本能を高められているので、非常に凶暴です。
 周囲の存在を強弱の序列によってとらえ、自分よりも下と判断した相手の命令には絶対に従わず、隙あらば襲い掛かって打ち倒そうとします。
 ただし、ひとたび「ボス」と認識した相手には完全に服従し、その相手に認められることを至上の喜びとします。
 愛玩犬のように甘やかすことは、彼に対して最もしてはならないことで、いつか行き場のない闘争本能を爆発させる結果になるでしょう。
 彼と共に生きるには、常に「ボス」として彼をリードし、導いていくだけの体力・知力・気力が要求されます。



 ううむ……やはり、男たちも濃いな……!!


 まずは隊長、結婚できて良かったですね!!(笑)
 
 レオニダス隊長は「完璧な人」として周囲から常に憧れられる立場なので、慕ってくれる相手には事欠かないのですが、彼の内面の葛藤を見抜いて共感してくれる相手はほとんどいませんでした。

 リュクネさんは、その数少ない人間のうちの一人だったのです。

 やはり、隊長の妻が務まるのはリュクネさんしかいない……!(←もはや結婚相手審査バトンじゃなくなってる!)


 そして『帝国魔術学院!』からは、敢えてのバノット・ブレイド教官を投入(笑)

 彼、意外といい人だと思うのはわたくしだけでしょうか……?(←顔はコワいが)

 ブレイド教官の相手は、真面目な人だと息が詰まってしまいそうなので、むしろ、彼の予想の斜め上を軽々と走りぬけるような自由人的感性の持ち主のほうが、意外と相性が良いかもしれませんね。


 そしてギア氏! わたくしが言うのもなんですが、だいぶやんちゃですね(笑)

 旦那さんとしては、育て方しだいで、いかようにもなるタイプかもしれません!

 基本的には素直で思いやりのある男(乱暴だけど)なので、ケンカしつつも絆を深めるか……とにかく立てて頼るか……それとも、うまく転がして、思い通りに操るか!?

 パートナーの腕が問われますが、今のところ、カース氏はだいぶ苦戦しているようです……☆(←「ふざけんな! そもそもあいつは単なるバディで、パートナーじゃねえっ!!」byギア・ロック捜査官)


 カース氏については、結婚すれば、申し分のない夫、父親になるでしょうね~。

 それというのも、彼はその場において求められる顔を、完璧に演じ切ることができる男だからですよ……(←何となく不吉な物言い)。

 二面性が激しい男なので、一度彼のことを信じられなくなると、全てが嘘に見えてしまう……ということもあるかもしれません。

 また、彼は束縛がすごく激しいので、すごく気に入られた場合は、24時間ついてくる勢いです(←「ストーカーじゃねぇか!!!」byギア・ロック捜査官)

 色々な意味で、添い遂げるには覚悟が必要な相手と言えるでしょう。


 そして、グウィン。

 さほど感情の起伏が激しくないように見え(←噂によると、昔は相当キレ易い男だったようですが……)、物言いが冷淡に聞こえるので、夫に「楽しさ」「優しさ」「包容力」を求める人にはまったく向かないタイプです。

 しかし、相手のことを非常によく観察していて、絶妙なタイミングで援護してくれるので、いざというときにはたいへん頼りになります。

 広く浅い付き合いにはまったくもって興味がなく、一人の人に深く興味を注ぐ性格なので、ある意味ではかなりの「愛妻家」と呼べるような夫になるかもしれません!

 
 サブゲート『DOG FIGHT』のΧ(カイ)くんに至っては……もはや結婚というか、飼う感じになってしまうんですけど!?

 しかも、癒されるどころか、日々が緊張の連続となりそうです。

 彼はものすごく力が強い上にスタミナがあるので、服従させるには相当てこずることになりそうですよ!

 多分、普通の女性ではまず手に負えないと思います。噛まれる!!

 
 ……このよーな濃いメンツに、果たして、人生の春は訪れるのでしょーか……!?(←カース氏については、年中春だという気もする……)

 そんな疑問を残しつつ、本日のところはこのへんで!

 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆ 

いいんちょー、出番みたいっすよー!  + 私信追加!!

2012年01月17日 21:30

 ……と、タイトルはなぜか3番ゲート『帝国魔術学院!』の時空、ダグラス・ハウザー教官門下のエニグマ・フラウさんに担当していただきました☆(←長)

 というのも、本日は藺草さまから「マックス・ブレンデン委員長」をご指名で、バトンを回していただいたからですよ!


『愛してると言ってくれバトン』

・このバトンが回ってきたら指定されたキャラの口調でその日の日記を書く。
・日記の最後に回してくれた人へ「愛してる」という内容をそのキャラの口調で言う。
・大好きなあのお子さんに愛してると言われたい!が為のバトンです。カオス。
・日記の内容は自分の日記で。口調だけ変える。♂のキャラが「今日は可愛いスカート買った」とかもあるかもしれない。面白い。
・そして愛して欲しい人に回そう

 ――というわけで、さっそく委員長にバトンタッチぐはっ!?(蹴)

「……長ぇんだよ、前置きが……。

 よう、久しぶりだな、藺草さんよ。元気にしてたか?

 俺は今日もフツーに任務が入ってたぜ。

 最近はちょっと早めに上がれることも多いんだが、多分、それも今のうちだろうな……(汗)

 晩飯は、スパイスを使って肉と野菜を炒めてから煮込んだ料理だったぜ。

 アニータ・ファインベルドの奴が『これにかけたら合うかも!?』とか言って、ヒノモト産のコメを持って来やがったから、試してみたらなかなか美味かった。

 帝国では、パンにつけて食うんだがな。

 こっちも最近、クソ寒い。特に、起き抜けは、部屋が凍ってんじゃねぇかと思うほどだ。

 暖房? ンな気の利いたモン、寮の部屋にあるかよ! もし持ってるならよこせ、俺が使う!

 ……ん? 持久走だと? そういえば初等部でよくやったな。

 俺はもちろん、常にクラスでトップだったぜ!

 あんなもんは、呼吸を乱さねぇようにすりゃいいだけの話だ。

 2回続けて吸って、2回続けて吐く。俺はいつも、このやり方だった。

 できるなら、鼻から吸って、口から吐くようにするんだな……まぁ、走ってるときは余裕もねぇだろうから、自分が楽になるように、勝手に調整しろ。

 それで歩調と呼吸を合わせりゃ、かなり楽に走れるぜ。

 ……何? 最後に、愛の言葉ぁ? おい、ふざけてんのか、テメェ?

 …………まあいいか。

 愛してるぜ。ぜいぜい、がんばって走りな」 


 
 ……あたたたたた……(←起き上がってくるアウローラ)

 はっ、委員長は……もういない!? 逃げた!?

 まったくもう、時空確定者たるこのわたくしに、背後から飛び膝落としを食らわせるとは、油断も隙もないですね……!

 まあいいか……後で、ダグラス・ハウザー教官に言いつけておきましょう☆(←悪)

 そのようなわけで藺草さま、失礼な委員長でございますが、何とぞご容赦の程をっ……!!

 しかし、持久走のコツは本当ですので、ぜひ試してみてくださいませ☆

 バトンを回してくださって、ありがとうございました~っ!!(拝)

 
 ――は!! 大事なお知らせを忘れておりました!

 本日、6番ゲート『ソードベアラー』の時空が、めでたく進展いたしましたよ~!!

 試合は終わっても、事件の真相に迫る登場人物たちの歩みは止まりません。

 アルシャたちの捜査と、フェリスさんの推理が交わる時は、もう、すぐそこまでっ……!

 続きもがんばって進めて参りますので、よろしくお願いいたします☆


 ぬお! そして私信返しですが、エレファーナ様、バトンへの回答にご感想をありがとうございました~!!(拝)
 何かもう、リレー小説やらグランド・ギャラリーへの展示作業やらが滞りまくっている関係で、エレファーナ様宅方面には足を向けて寝られない状態となっておりますアウローラです(汗)
 なので、せめてバトンを拾わせていただこう(←?)という次第!!
 結婚相手審査バトンで、今の作中のコンビ(?)が合っている! というお言葉をいただけて嬉しかったです☆
 やはりキャラどうしでも、この人とこの人が絡むと特に盛り上がる、話が進む、という特別な組み合わせはありますね!
 ヴァルハラ~のお話も、いよいよ大詰めで、ラストスパートに向けて力を溜めていらっしゃる感が凄いので、密かにすごく楽しみにしておりますわくわく☆
 ノダルムさんとミリネさんも、性格が全然違っているようで、実は互いの足りないところにぴったりはまるような唯一無二の2人組だと思いますので、このお二人の絆がどうなっていくのか、ものすごく気になりますよっ……!
 
 

 それでは、本日のところはこのへんで☆

 皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

結婚相手審査バトン!

2012年01月15日 18:08

 エレファーナさまが自作なさった「結婚相手審査バトン」がとても面白そうだったので、さっそく回答してみました~☆

『パイデラスティア』『帝国魔術学院!』『銀の血の王子』『ソードベアラー』より、4人のヒロインの皆さんに登場していただきましたよ……!  


リュクネ

「職業」
 主婦。《不死隊》の隊長レオニダスの妻。

「容貌」
 長く伸ばした金髪。
 溌剌とした美貌の持ち主です。
 だいたいいつでもにこにこしていて、側にいる者の心を明るく引き立ててくれるような雰囲気があります。
 よく鍛えられた美しいプロポーションは、まるで女神の彫像のようです。
   
「収入」
 本人は働いていませんが、実家の財産はかなりのもので、持参金も相当額あります。

「家事」
 ヘイローテス(非自由民)をよく監督し、家事全般を切り回すほか、自分でもかなりの腕前で料理や裁縫ができます。
 かといって全く神経質ではないので、寛容で思いやりのある主人として、ヘイローテスにも慕われています。
 家を、家族の安らぎの場としてととのえておくことに喜びを見出すタイプです。
      
「性格」
 快活な性格で、何事も建設的に考えようとします。
 相手の表情や振る舞いをよく見ていて、悩みなどにはすぐに気がつき、適切なアドバイスをくれるでしょう。
 自分の意見をはっきりと持っていて、歯に衣着せぬ物言いをするので、議論になることもあるかもしれません。
 ラケダイモンの女性らしく、軟弱、臆病な気質に対しては侮蔑をあらわにします。
 好みのタイプは「肉体、精神ともに強靭で、誇り高い人」。
 彼女自身もアスリートとしてかなり優秀であり、自分よりも能力が劣ると判断した男性は、決して相手にしません。
 また、自分は夫一筋ですが、夫が愛人を持つことに対して寛容です(ただし、愛人の人柄や能力が優れている場合に限ります)。

     
アニータ・ファインベルド

「職業」
 学生。帝国魔術学院《暁の槍》に所属。

「容貌」
 長く伸ばした赤毛、みどりの目。
 どちらかというと小柄で、華奢なほうです。
 表情に愛嬌があり、「美人」よりも「かわいい」という表現のほうが似合います。
 常に、母方のルーツであるヒノモト帝国の民族衣装(キモノ)を着て、刀を差しているので、それが一番目立つかもしれません。

「収入」
 現在の身分は一応学生です(半分軍属という説もあります)が、魔術師であるため、将来の就職先と人並み以上の俸給は約束されています。

「家事」
 寮での一人暮らしが長いため、掃除、洗濯は得意です。
 料理は普段はあまりしませんが、レシピさえあれば、楽しみながら美味しく作ることができます。
 ヒノモト帝国の出身なので、生活の様々な場面で無意識にヒノモト流が出ますが、相手がそこを気にしないか楽しむ姿勢を持てばうまくいくでしょう。     

「性格」
 容貌を理由にしたいじめを跳ね除け続けてきた過去があり、逆境にめげずにがんばりぬく根性は一流です。
 また、そのために「自分を受け入れてくれる人」と感じた相手をとても大切にする傾向があり、友人が困っていれば親身になって力を貸そうとします。
 ただし、頼まれると断り切れず、それがもとで、厄介ごとに巻き込まれる場合もしばしば……。
 幼い頃の体験がもとで、怒りや憎しみの感情が昂ぶると《狂戦士化》の発作が出ることがありますが、最近はおおむね治まっているようです。
 好みのタイプは、自分でもよく分からないそうです(←周囲に、あまりにもヘンな奴が多すぎて、判断の基準が……)。
 勉強熱心なタイプで、知らないことや分からないことをそのままにしておかず、すぐに質問します。
 また、かなりの「ツッコミ体質」で、「何故!?」と思うことがあると、どんな場合でも、思わず大きなリアクションでツッコんでしまいます。


深山桜花

「職業」
 表向きは普通の高校生。県立勝駒高校の2年生です。
 本業は、深山一族に代々受け継がれた《ヒトとヒトならざるモノとの調停者》としての役割を果たすことです。

「容貌」
 長く伸ばした黒髪、黒い目。
 すらりとした長身で、凛々しい顔つきをしており、砥がれた刃を思わせる鋭い雰囲気があります。
 美人の部類に入るでしょうが、表情が固く、初対面ではかなり近寄り難い印象を与えます。

「収入」
 アルバイト等をしていないため、現在は収入がありません。
 将来は、父親が開業している整体院を継ぎ、表向きの生業としていくことになるでしょう。

「家事」
 二人暮らしの父親が留守がちであるため、一通りの家事は自分でこなします。
 住まいを簡素で清潔な状態に保ち、栄養のバランスを考えて手早く食事を作ることができます。
 特に食事については、いつでも戦えるコンディションを保つためにとても重要だと考えていて、疎かにはしません。
 家事能力はあるほうですが、必要に迫られて最低限のことをこなしているだけであり、家事に喜びを見出すタイプではありません。

「性格」
 プライドが高く、とても頑固ですが、一度決めたことはストイックに貫徹する意志の強さを持っています。
 他人に対して壁を作るタイプであり、なかなか本心をさらけ出すことがありません。
「こうあらねばならない」という規則や理想で自分を縛る性格で、それを否定されると強く反発します。
 自分は深山の血脈を絶やさぬため、いつか周囲が選んだ相手と結婚するのだと思っているので、誰かを好きになっても後々傷つくだけだと、かたくなに恋愛を遠ざけています。
 異性に対しては、ことさらに乱暴でぶっきらぼうな態度で接し、自ら距離をとろうとします。
「普通の生活」への憧れを持っていますが、代々の先祖たちが繋いできた深山の血脈を尊ぶ気持ちは強く、《調停者》としての役目に一生を捧げる覚悟でいます。
 唯一、自分とはまったくタイプが違う親友の美奈子と遊んでいるときが、年相応の少女としてリラックスできる時間になっているようです。


フェリスデール・レイド

「職業」
 軍人。《リューネの戦乙女》《皆殺しのフェリスデール》と呼ばれる、遊撃隊の隊長。

「容貌」
 長く伸ばした金髪、みどりの目。
 いかにも勝気そうですが、かなり整った顔立ちをしています。
 ただし、同じ年頃の娘たちと比べると背が高く、がっちりとは言わないまでも、しっかりした体格をしているので「かわいい」という感じではありません。
 女らしさを感じさせることはほとんどなく、どちらかというと中性的な雰囲気を持っています。
     
「収入」
 現在の給与は、階級からすれば普通のレベルですが、侯爵の一人娘であるため、いずれ父親の財産を受け継ぐことになります。

「家事」
 貴族の娘なので、洗濯や料理はほとんど自分でしたことがありません。
 あと、整理整頓が苦手で、部屋はいつも散らかりぎみになっています。

「性格」
 普段は明るくにぎやかで好奇心旺盛ですが、戦場に出ると、人が変わったように冷たくシビアな側面を見せることもあります。
 周囲からの期待に応えようとする気持ちは人一倍で、そのために無理をすることもあります。
 他人に弱みを見せることが苦手で、悩みや葛藤は自分の中で解決しようとし、実際にそうすることができるメンタリティの主です。
 軍隊の中で育ったため、初対面の男性ともすぐに打ち解けて話します。
 あまり細かいことは気にしませんが、ただひとつ、戦士としてのプライドを逆撫でするような言動には激怒するので注意が必要です。
 好みのタイプは「一緒に戦って、安心して背中を預けられる人」。
 ただし、彼女自身が強すぎるので、要求されるレベルは相当高いと思わなくてはなりません……。


 ……う~ん……皆さん、それぞれに癖が強いですね(笑)

 わたくしだったら、やはり結婚相手として安心できるのはリュクネさんかな~と思いますが、彼女の場合、一度夫になれば心をこめて尽くしてくれますが、結婚するにあたっては相当の実力を示さないといけないので、なかなか大変ですよ……!

 実際に彼女と結婚したレオニダス隊長のがんばりの模様は、時空跳躍ゲートの『ラケダイモンにおける、ある乙女の略奪』にて語られております☆


 アニータさんは、恋人としても奥さんとしても、けっこういい子ではなかろーか? と思います。

 他の面々は――血筋や立場の問題もあって――男性に対して求める条件がすごく高いのですが、彼女は結婚に関しても、素直に「好き」という気持ちから動きそうです。

 何事に対してもリアクションが大きいので、サプライズのプレゼントをものすご~く喜んでくれたりと、男性に「やりがい」を感じさせてくれそうですよ☆

 毎日が賑やかで、明るい家庭が築けそうな気がしますね!


 桜花さんは、結婚以前に、まず、お付き合いする段階でものすごく難しいですね~。

 軽く声をかけたら「失せろ。」くらいは間違いなく言われると思ってアタックしたほうが良いでしょう(汗)

 また、結婚しても、愛情をオープンに表すことを極度に避けるので「君が何を考えているのか分からない……! 君は、本当に僕を愛しているのか!?」なとどゆートラブルも起こりそうです(笑)

 実は極度の照れ屋なだけなんですけど!

 ツンがものすご~く激しいツンデレなのですね。

 
 フェリスさんは、単身赴任のお父さんのごとく、結婚してもあまり家にいないと思います。

 なぜなら、だいたい最前線で戦っているからです(笑)

 いわば、バリバリのキャリアウーマン。

 現代であれば、いわゆる「専業主夫」として「家にいるときは僕が癒してあげる☆」というスタンスもありそうですが、戦場での苦労を知らなければ、彼女を本当に癒すことはできないでしょう。

 また、貴族である彼女にとっては、なにも夫に家のことをしてもらう必要性がない(←下働きの人々がいる)ので、やはり、共に戦場に出て、一緒に戦える――戦士として互いを尊敬しあえる人がベストということになるのですね……!


 ――と・いう感じでした~!

 もちろん、わたくしの中ではリュクネさん以外の3人が将来結婚するかしないか、するとすれば、どのような人とするのかも決まっているわけですが、皆さまはどのように予想なさるでしょうか……(笑)

 また、単純に好みとして見た場合、この4人の中では(←究極の4択……!?) 誰が「結婚したい相手」として人気を集めるのだろーか……というのも気になるところではあります。

 ……わたくしがもしも男だったら、誰とも、無事に結婚生活を送れる気がしないんですけど……(笑)

 そもそも異様に戦士率が高いところから何とかならんのか。

 
 色々なお宅で回答なさっている内容もそれぞれ面白く、「自分だったら~」などと考えながら拝見できるのも楽しいですね!

 機会がありましたら、ぜひ男子編も回答してみたいと思う今日この頃ですよ☆

 エレファーナさま、楽しきバトンを作ってくださって、ありがとうございました~!!(拝)


 それでは、本日のところはこのへんで☆

 皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝) 

復ッ活うううううううううう!!!

2012年01月14日 18:26

 ただ今戻りました、アウローラです!!

 いやはや、これほど長く「職員日誌」の更新ができなかったのは初めてでございますよ!

 取り組んでおりました私事もつつがなく完了し、本日からは、再び通常更新に戻らせていただきますので、よろしくお願いいたします~☆(拝)

 120114_180247.jpg

 北見通商のハッカ飴と、「いろはす」ハスカップ味と、ハスカップのキャンディ!

 これだけ見ると「更新が滞っているあいだ、アウローラは北海道に行っていたのか……?」と思われそうな品揃えですが、実は本日、梅田で買った品々でした(笑)

 北海道のアンテナショップがあったので、ついつい色々買ってしまいました☆

 北の大地と、zayoさまや櫻井さまに思いを馳せつつ、ハッカ飴をなめております……!(←自他共に認めるハッカ好きのアウローラであった)

 そして久々に本屋さんに行き、買ったものが『鉄腕ゲッツ行状記』『宇宙から見た日本』

 前者は、1400~1500年代に活躍した“盗賊騎士”ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲンさんの回想録、後者は、地球観測衛星が撮影した写真に解説がついた、地理学の本ですよ。

 どんな取り合わせだ……という疑問は残りますが、どちらもとても面白いです☆

 
 さてさて、創作のほうはどうなっておるのかと申しますと、6番ゲート『ソードベアラー』の確定作業が、そろりそろりと進んでおりました!

 もうすぐ、次なる展示分が書きあがりそうですので、がんばっていきたいと思います!

 今回はどうやら、帝都警備隊のアルシャ・ベリムくんと、フィネガン・トロウ部長のターンのようですよ……。


 さらに、これより私信返しのコーナーです☆

 皆さま、アウローラの都合により返信がたいへん遅れてしまい、たいへん失礼いたしましたッ!(拝)

 
 エレファーナさま、年賀絵にコメントありがとうございました~!(拝)
『全時空融合プロジェクト』では、ミリネさんとフェリスさんが素顔で絡むシーンがなかったので(笑) こんなところで実現させてみました☆
 そして、何やら面白そうなバトンがっ!
 こちらでも、ぜひ、拾わせていただきたいと思います☆
 ……どんな回答になるやら、今から既に若干の不安が(笑)


 庵さま、メッセージをありがとうございます~!(拝)
 ぜひぜひ今年も、奥様にお目にかかる旅をご一緒いたしましょう……!!
 そして『全時空融合プロジェクト』完結にもお言葉をくださって、ありがとうございました!
 庵さまもものすごくお忙しそうですが、本当に、お体に気をつけてがんばってくださいませ……!
 いつか、ウェブ上でも再びお目にかかれますことを、ひっそりと祈っております☆


 烏丸さま、返信ありがとうございました~!(拝)
 お名前を間違えて読んでしまい、失礼いたしました(汗) 正しくは「えむ」様とお読みするのですね!
 連絡通路の表記を、さっそく改めておきました☆
 ぬおおおおおおお! しかも『全時空融合~』の素敵なイラストをご寄贈下さるとは……!!(踊)
 ぜひともグランド・ギャラリーに展示させていただきたいです☆ ありがとうございました~!!(拝)
 そして『全時空融合プロジェクト』のお持ち帰り&展示ですが、烏丸さまは「登場キャラクターの親御さん」ですので、もちろんOKでございます☆
 ちょっと巨大ですが(汗) 烏丸さま宅でも展示してやっていただけるのでしたら、この上なき光栄でございます……!
 これからも、何とぞよろしくお願い申し上げます!

 
 藺草さま、サイトの移転のご連絡、ありがとうございました~!!(拝)
 遅くなってしまいましたが、本日、連絡通路を繋ぎ直させていただきました☆
 サーバのパワーアップ……! ありがたいような、ありがた迷惑なような……ですね!
 学生の皆さまは新学期となり、忙しい日々を送っておられることと思います。
 寒さ厳しき季節ですので、お体を壊さないよう、ご自愛くださいませ~!
 そして、バトンへの回答を拝見していて「わたくしだったら、選ぶのはフォリス君かな~……」などとこっそり妄想していたことは、ヒミツです(笑)


 以上、私信返しコーナーでございました☆

 ……これだけ留守にしていると「どなたかが飛ばしてくださったメッセージを見落としておらんか……!?」と地味に心配ですが……(汗)

 もしもそのような事がありましたら、恐れ入りますが、アウローラに一声かけてやってくださいませ(拝)
 

 それでは、本日のところはこのへんで☆

 皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!(拝)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。