スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負傷!

2011年09月29日 23:55

 こんばんは! 本日は、調理中に左手中指を包丁でやってしまったアウローラです(汗)

 もちろんバッサリやってしまったわけではなく、指先をちょこっと切っただけなのですが、なかなか血が止まらず……バンドエイドを貼った後は、ずっと宣誓中の大統領みたいなポーズになっておりました(←傷口を心臓より高くしている)

 そんなアウローラを助けてくださったのが、母上!

「何事じゃ」

 とのっそり現れた母上は、

「そりゃいかん。私が代わりに調理をしたるから、何をどうするか言え~」

 と言ってくださり、ここに、我が家ではものすごく珍しい「母娘による料理戦線」が成立したのでした!

 我が母上は、滅多に台所に立ちませんが、いざ料理を作ると、かなり手早いのです……☆

 ちなみにメニューは、鶏ささみの洋風焼き+サニーレタス、茄子と薄あげのみそ汁、豆の煮物(←これは買ってきたやつ)でした☆ 美味しくできました!

 そして、わたくしの指の怪我の犯人は、茄子だった!!(←切っているとき、刃が皮でツルッと滑った)


 いや、しかし、包丁で指を切ったのは初めてでございました。

 最近、料理がわりと楽しくなってきて、いけいけどんどん~☆ と気の緩みが出てきていたということなのかもしれません!

 次回からは、ちょっと慎重に調理をしよう……(汗)
 
 
 ここからは私信コーナー☆

 雌仰さま、3周年にお祝いのお言葉、ありがとうございます~!!(拝)
 サイトが歴史を(というほどの年月か?という説もありますが)重ねるにつれ、学校や職場などの環境が変わってきたり、家族の中における自分のポジションが変わってきたりと、色々なことがありますが……
 それでも、物語と、雌仰さまのような同志の方々とのご縁は、変わらずわたくしの中で大きな存在であり続けております☆
 これからも自分のペースでのっそりがんばっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします~!


 エレファーナさま、4番ゲート『銀の血の王子』を、なんと読了してくださったのですね! ありがとうございました~☆
 あの物語を読破していただきますと『全時空~』の物語を、いっそう感慨深く読んでいただけるかもしれません……!
 ちなみに第2部は、第1章の文章と、エンディングまでのプロットメモのみ完成している状況です(←いつ完成するんだ~!!)
 ちなみに全然関係ありませんが、わたくしが4番ゲートの登場人物の中でいちばん書き易かったのは、銀の血の王子その人でした(笑)
 
 
 ――ふぬ、今日のところはこのへんで☆

 下記事に拍手&コメント、ありがとうございました!

 それでは、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆
スポンサーサイト

祝・ターミナル開港3周年!!

2011年09月27日 23:21

アウローラ「と・いうわけでッ! 当ターミナルも、とうとう3周年を迎えたわけでございますよ!!」

ヘリオス「……って、アウローラさん……アンタ、一昨日くらいまで、開港記念日のコトを完全に忘れ去ってたじゃねーか……(汗)」

アストライア「ほほほ。ふと、お知り合いの誕生日がいつだったか気になって、その繋がりで思い出したそうですわね?」

アウ「そうですよ! 一瞬、忘れ去ったまま通り過ぎたんじゃないかと不安になりました。あと、お知り合いの誕生日も」

謎の老人「いや、そっちのほうが重大じゃぞ!?」

アウ「まあ……いまだフラバー一族の面々の誕生日さえ覚えられないわたくしなんですけど……(汗) 唯一覚えているのは、みっちいの命日くらいです」

ヘ「どういう基準だよ!」

アウ「いや、まあとにかく、無事に記念作品の時空の確定も完了してよかったですよ☆
  メインゲートの外伝の時空に『前夜』というタイトルで、6番ゲート『ソードベアラー』の外伝を展示しておきました!」

アス「ああ、フェリスさんの初陣の物語ですわね?」

アウ「ここのところ、6番ゲートの本編がなかなか進展せず、うんうん唸っていたところで……
  わたくしの時空確定能力もとうとう衰えたか!? とドキドキしていたんですが、外伝を書き始めたらちゃんと進んだので、ホッとしました(笑)」

謎「良かったのう……!」

アウ「ええ、何しろ、わたくしのモットーは Show must go on !! 
  わたくしの人生という物語はもちろん、登場人物たちの人生という物語も、終わることなく続いてゆくのです。
  わたくしはただ、力の及ぶ限り、それを語るのみっ!」

へ「おお、妙にカッコいいぜ、アウローラさん!」

アウ「妙に、は余計ですよ、ヘリオスくん(笑)
  ……さて、そのようなわけで、皆さまっ!!(改まる)」

ヘ「いつも、俺たちの『時空跳躍ターミナル』に遊びに来てくれて、ありがとうよ!」

アス「このターミナルが3周年という節目を迎えられたのも、皆様方のおかげですわ」

謎「ワシら一同、これからも新たなる物語の時空へ皆さまをご案内すべく、力を尽くしますぞ!」

全員『どうぞ、これからも、よろしくお願いいたします~!!(拝)』


P.S. アウローラより私信コーナー☆

 藺草さま、お忙しい中、ターミナル3周年にお祝いのお言葉&イラストをありがとうございましたッ!!(拝)
 学生っぽいギア氏&カース氏が新鮮です☆
 ぜひともグランド・ギャラリーに展示させていただきたく……☆
 藺草さま宅は、10月2日が開港記念日でしたね……! もう少しだ!
 体育祭、暑いと大変そうですが、がんばってきてくださいませ~! 燃・焼!!(←応援)
 
 める様、私信返しキャッチいたしました~☆
 そうですよね、この胸の中に燃える物語への情熱の火は、何人にも消す事はできないのです……!
『願い続けていれば、いつか叶う』とは、よく言われることですが、『思い続けていれば、物語は生まれる』とも言い換えられると思います☆
 共に、時空の確定を、粘り強く、息長くがんばって参りましょう……!

 ゆつき様、オフ原稿に感想ありがとうございました~☆
 妹は、自分がこのよーな形で作品に登場していることなど、知る由もないことでしょう(笑)
 そして、行き詰まったらいったん全消ししてやり直す! という方法は、意外と有効だと思います。
 わたくしも、この方法で、よく行き詰まった状況を打破してきたものですよ……!
 完成品を受け取れる日を楽しみに待たせていただきます~☆ 

 エレファーナ様、心臓についての名(迷!?)言、爆笑です(笑)
 ものすごく説得力のある言い方が、さらにツボですね!
 さらに、遡って前回の話題となりますが、片付けについての方法、非常に参考になります~!
 自分にとって絶対に残したいものを数種類、ピックアップして、それ以外は定期的に男らしく(?)捨て去る! というのは、スッキリさせるためにはすごくいい方法だと思います。
 残ったモノを利用頻度によって3つに分けるというのも分かりやすくてナイス!
 今はまだ整頓というより「ゴミ捨て」の段階ですが、アドバイスを参考にがんばってみます(笑) 

 
 ――というわけで、皆さま。

 下記事に拍手、ありがとうございました!

 また、次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝) 

 

あとちょっとで3周年!!

2011年09月25日 21:25

 ターミナルの玄関口を見てみますと、今月の27日が開港記念日でした!

 ……明後日やん!?

 というわけで(?)当日には、何か記念になるものを展示できれば……と思い、短い物語を書いております☆

 6番ゲート『ソードベアラー』の時空、フェリスさんの初陣前夜の物語ですよ!(←内容は開港記念日とは何ら関係ないのであった)

 フェリスさんの初陣は、今から6年前。

 彼女は今、17歳ですから、11歳のときに初陣を迎えたことになります。
 
 こちらの時空でいうと、小学校6年生くらい(!)ということですね。

「初陣」とか「戦闘」というと何となくスマートに聞こえますが、要するに、殺すか殺されるかの修羅場です。

 そこに赴く前夜の11歳の少女というのは、いったいどういう気分なのだろうか――というところを書いていきたいと思っております。

 でも、彼女の場合は、立場も、周囲の環境も特殊ですから、現代のわたくしたちが感じるような感覚とはまた違うのでしょう……

 そのあたりをつらつら考えていると、開港記念日に間に合うかどうかは、よく分かりません(←意味ネェ! 笑)

 ともあれ、がんばります!!


 そして、私信返し!

 エレファーナさま、『おねえちゃんとわたし』の原稿に感動してくださってありがとうございました!(拝)
 自分でも、書いていて、とても懐かしかったです。
 登場するキャラクター(?)たちは、全員、実在――というか、わたくしと妹が昔実際に遊んでいた人形たちですよ。
 あの時代が、わたくしの時空確定能力の基礎を養ったことは間違いないですね!
 妹という良き聞き手がいたからこそ、物語を語ろうという意欲が無限に湧いてきたし、彼女の発言が刺激になって、また新しいストーリーが生まれてきました。
 エレファーナさまもきっと、お嫁に行かれた妹さんと、昔はあんなふうに遊んでいらっしゃったのでしょう……!
 わたくしの場合は、その時代のことは、妹のほうがかえってよく覚えておりましたが、エレファーナさまの妹さんはどうなのでしょうか……?
 何かの機会に、チラッと思い出話的にきいてみると、意外な記憶が呼び起こされるかもしれませんよ!

 
 そして、本日は追記に、サーチから拾って参りました自己紹介バトンへの回答を展示!

 なぜか何度もバトンで自己紹介をしているアウローラですが、これはわたくしにとって、時空確定の合間の休息にする軽いストレッチのようなものです(笑)

 色々な質問に対して瞬時に答えていくバトンへの回答は、集中できるので、気分転換に良いですよ!

 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!

[あとちょっとで3周年!!]の続きを読む

断捨離、進展中! + 私信追加!

2011年09月24日 10:26

 今回は完全に『片付け日誌』!

 昨日ものっそりのっそりと実家を「断捨離」していたアウローラです☆

 は、もしかすると「断捨離って何……? まさか、ヘンな宗教の修行か何か!?」と思っておられる方もいらっしゃるかもしれないですね。

 詳しくは「断捨離」で検索してみてください☆

 やましたひでこさんという方が提唱した、いわゆる一種の「片付け術」のことですよ!

 ちなみにわたくしは『断捨離アンになろう!』というマンガと、ひでこさんのブログを読んで、その考え方を自分なりに取り入れました。

 もとをただせばヨーガの考え方が根本にあるとのことですが、わたくしはあまりそのへんは関係なく、ただとにかく部屋をきれいにするための方法論として実践中です。

 これより先の記事は、
「片付けられる人」「綺麗好きな人」にとっては『考えられねェ!!』
「片付けられない人」にとっては『スッゲー分かる~!! あるよね、それ~!』
 と、反応が分かれるところだと思います――


 とにかく、わたくしの部屋の散らかり方、ハンパねェ!!

 ありていに言うと、いわゆる「汚部屋」というやつですよ!!

 以前にもチラッと語ったことがありますが、ものを入れてある棚や、窓などに近付けないレベルでした。

 なぜなら、床が見えている箇所が一箇所もないから!!(←マジで!)

 机の上に、机自体と同じ高さまで荷物が積み上がり、机の下にもぎっしりと荷物。

 もちろん、椅子の上にも、周辺にも。

 これはもはや机じゃねーよ……! だって座れねーもん!! という惨状。

 生ゴミ類がないのが救い(?)といえば救いですが、紙ゴミ、プラゴミが、必要なものと入りまじっておびただしく放置。

 ワードローブも溢れまくり、衣装ケースに入りきらず、結局、普段使う服は床に直置き。

 衣装ケースは開かれることもなく(開けばなだれ出てくるし、下のほうは、引き出しの前に他の荷物が積んであって封印状態!) 結局、せっかく持っている服の多くが死蔵品に……

 もちろん、汚いのと綺麗なのでは、わたくしも綺麗なほうが好きですよ!

 それなのに、なぜ、片付けない――片付かない――片付けられないのか!?

 今までにも「もうこんな状態はアカン!」と一念発起し、片付けに真剣に取り組み、その場は片付いたことは何度もありました。

 でも、そのたびリバウンド。部屋は、元の木阿弥に。

 
 なんでやの!?
 
 
 これが、わたくしの片付け能力の限界なのか……!

 
 断捨離の考え方と出会って、その『なぜ!?』の答えに、ようやく辿り着きました。

 それは、部屋の収納キャパと、自分の管理キャパに対して、モノが多すぎるから。

 見えないところに一時、仕舞っても、もともとのキャパをオーバーしているのだから、すぐにそこらじゅうに溢れ出てくるのは当然の理。
 
 つまり、モノの総量を絞り込み、多すぎるぶんを手放せば解決する!!


 ――いや、そんなの、当たり前ジャン……という方も多いことでしょう。

 多分、片付け上手な方は、それを日々、何気なく実践しておられるのでしょうから。

 しかし!! わたくしは「捨てられなかった」のです、現実に。

 だからこそ、今まで、この状態だった。

 断捨離の考え方の見事なところは、

『なぜ、自分はこれまで、これらのものを捨てられなかったのか?』

 というところに焦点を当てて、自己分析を促し、

『あ、もう、捨てたほうがイイ』

 と思える方向に、自然と導いてくれるところです!


『なぜ捨てられなかったのか?』

 このことについて考えていくと、
「人からこう見られたらいいなと思う自分」
「こういうことに恐怖や不安を感じる自分」
 などなど、置いてあるモノに、様々な自分の願いや見得、不安、恐怖などが反映されていることに気付いてきましたよ。

 たとえば、もう見る事もないはずの新人研修の資料(←就職したの、何年前だよ!?)を、棚1段ぶんも、後生大事にとってあった理由は……
『捨てることによって「知識」を失うことを恐れているのでは?』
『業務関係の資料を「捨てない」自分でいることで、私はここまで業務に対して真摯に向き合っている! という気持ちを味わいたかったからでは?』
 ――などなど!

 でも、落ち着いて考えてみると、資料を捨てても自分の中にある知識は全く減らないし、業務に真摯に向き合っていないということもないですよね。

 そして、

『もう何年も使ってない
 →使わなくても大丈夫だった
 =本当に必要な知識は自分の中にちゃんと身についているし、たとえ、今身についていないぶんがあっても、これからいくらでも他の手段で調べられる

 →つまり、この分厚い資料は今、完全にただの紙ゴミ
 →取っておくのは、部屋をゴミ捨て場にしているのと同じ!!
 →うん、捨てたほうがいい!!!』

 というふうに、段階を追って考えていくわけですよ。

 いや、そんなくどくど考えんでも、そんなもん普通に捨てたらエエやん! という声が聞こえてきそうですが、捨てられない人間が捨てるためには、これくらいの手間が必要なのですよ!

 だいたい、普通に捨てられる人間やったら、そもそもこんなに部屋が散らかるワケないやろ!!(←逆ギレ・笑)

 ――しかし、こんなふうに悪戦苦闘するのも最初のうちだけで、一度、この考え方が身につくと、次に捨てるときからは、サックリ身軽にいけます。

 漫画の『聖☆おにいさん』ネタで言えば、

「悟ったら『あ、着たほうがいい』って、素直に思えた……」

 というところですね!


 片付かなかったのは捨てられなかったからで、捨てれば、片付く!

『自分の管理能力に負えないほどの大量のモノを抱え込まなくても、大丈夫』

『やっぱ、すっきり綺麗なほうが、気持ちがイイ!!』


 と実感できると、その後の流れは、めっちゃスムーズです!

 
 わたくしと同じ「片付けられねェ!」症状でお悩みの方、断捨離の考え方はけっこうオススメですよ! 

 人によって合う・合わないがあると思いますし、同居人がいる場合は「捨てる・捨てない」でもめたりする場合もあるようですが、少なくともわたくしが、リバウンドなしで(←そもそも散らかるモノが減っているので、物理的にリバウンドのしようがないし、ちょっと出てるとすぐ気がついて片付けようと思える)片付けることができる方法はこれが初めてでしたよ!

 しかも「せっかく綺麗に片付いているところに、不要なモノを入れたくない」という気持ちから、ノリでの衝動買いに自らストップをかける気持ちが強くなり、お金の無駄遣いも減る――というプチ利点もあるようです☆

 あと、机の上の混沌を断捨離したら、合計で5110円発見されました(笑)

 今までどうなってたんだよ、わたくしの机!

 まあ、これからはもう、こんなこともないでしょうが……!(←ないといいな……!)


 ――ふむ、今回は本当に完全に片付け日誌となりましたが、それだけ、わたくしの最近の日常体験の中では感動的なことであったということですよ☆

 全国(?)の「片付けられない(かった)」同志の皆さま、共にがんばりましょう(笑)

 下記事に拍手、ありがとうございました~!!

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆


★私信追加★

 弌鷹さま、バトンを拾ってくださってありがとうございました~!!(拝)
 その物語が読み手を選ぶものであるがゆえにこそ、自然と求める人の手許へおさまるであろう――というような1節には、おおっ! と思いました。
 やはり、できることならば、その世界を強く求める方にこそ、読んで頂きたいという願いがありますよね……
 それが、双方にとって最も幸せなことだと思います。
 そして、とうとうリメイク作業の大筋が完成したとのことで――!
 一体ナニがどうなったのか、ものすごく気になります!!
 弌鷹さまが描き出す鳥篭の世界が、新たに変容を遂げて姿をあらわす日を楽しみにしておりますよ……!

9月22日 冬瓜まつり

2011年09月22日 23:03

 全然関係ないのですが、昨日の晩御飯は冬瓜まつりでした!!
 
 たまたま、実家の近所のスーパーに冬瓜(とうがん)が売り出されていたので、なんとなく買ってみたものの、冬瓜の調理法は不明。

 そして、4分の1カットであるにもかかわらず、でかっ!!

 買ったからにはこれを消費せねばならぬわけで「たぶんズッキーニと似たようなもんじゃろ!」と、炒めたひき肉とトマトと共に、コンソメとソースとケチャップで味付けして煮込み、パルメザンチーズを投入したら美味しくできました☆(←カンのみに頼って調理をする派)

《主な材料》
 冬瓜   4分の1
 ひき肉  およそ400円分(何gだったかは忘れた)
 トマト  3個
 にんにく 3片
《調味料》
 ウスターソース
 コンソメの素
 ケチャップ
 塩
 こしょう
 パルメザンチーズ
 
 ――これでごっそり6人分!

 煮えてかさが減るまでは、ハーン軍曹から冬瓜とトマトが転がり出そうでした(笑)

 その隣では、スノウ大尉が黙々とたまねぎのみそ汁を作っていました☆(←和洋折衷な食卓にも程がある)

 
 そしていきなりの私信冬瓜(←冬瓜!?)ですが、エレファーナ様、びっくりな展開ですね!
 ひ、髭……! いえ、髭自体は何も悪くないのですが。
 結婚というと、いつも『紅の豚』に登場するドナルド・カーチスさんの「おふくろが言ってた。『惚れるより慣れろ』だって!」という感じのセリフを思い出してしまいます(笑)
 私見ですが、これに関しては、自分自身がいろいろな事柄(世間体やら経済的なことやらも含め)を踏まえた上で、魅力や必要性をまったく感じないのであれば、無理にすることもないだろうと思います。
 何事にも必ずプラスマイナスはあるものですから、その選択をした場合、自分にとって、プラスとマイナスのどちらが大きいのか? ということを、総合的に判断したほうが良いですよね。
 わたくしも「人間五十年」でいうならば、人生の折り返し地点回ってるやん! という年齢ですが、すごく合う方となら結婚したいし、そうでなければ結婚しないほうがいいな……と、いまだにのんびり構えています。
「合う」というのは、もちろん「物語への愛を解する方かどうか」ということですよ!!(←ここ最重要)
 あれこれ条件なんかつけていると結婚できない、とはよく言われますが、自分のより良い人生のために結婚するのに、自分なりの条件を設定せんでどーする!? というのがわたくしの意見☆(条件が多すぎるのは困り者かもしれませんが)
 とにかく、最も大切なのは「あとで、自分の選択を悔やまないこと」だと思います。
「あのとき~してれば、今頃は……」というのは、わたくしにとって、言うのも聞くのも大嫌いな言葉!
「時は戻らんのや! 今さらごちゃごちゃ言うても仕方ないやろ! 次があるなら、次に活かせ。次がないなら、潔く諦めろ」てなもんですね。
 後悔しないために、一瞬一瞬、ベストと思える選択肢を選び取っていきたいものです……!
 そして、話は変わりますが、ビーストパーティでのアメミスさんの戦いぶりに圧倒されました☆
 女の子とは思えぬ凶暴さ(笑) しかしそれがアメミスさんの真骨頂!
 物語は、自分がノッて書くと、その勢いが読み手にも伝播すると思います!
 バトルの場面の疾走感が伝わってきました~!
 わたくしもがんばろう! と元気が湧いてきましたよ……! 


 ――さて、そんなこんなで(?) 本日は下に、自作の『物書きさんによる「おすすめ」バトン』への回答を展示してみました!

 よろしければ、拾ってみてくださいませ☆

 下記事に拍手、ありがとうございました~!!

 また次回の記事で、お目にかかりましょう!(拝)

物書きさんによる「おすすめ」バトン

Q1 執筆中、ちょっと疲れてきたなぁ…というときの気分転換に、おすすめの方法は?
A1 こめかみにタイガーバーム(メントール系の膏薬)を塗る!
Q2 執筆中、どうにもこうにも行き詰まった! というとき、状況を打破するのにおすすめの方法は?
A2 それが夜である場合、いったん全てを忘れて眠り、朝に書く! これだけで、一気に進みます☆
Q3 執筆中、ちょっとつまむのにおすすめ! というおやつは?
A3 わたくしは最近、よく「おやつ昆布」を噛んでいます……(笑) 酢昆布には非ず!(←ちょっと苦手)
Q4 執筆中、これをかけると調子がよくなる! というおすすめ曲は?
A4 たくさんあります。「BGM~バトル~」などとカテゴライズして「お気に入り」に入れてある中から、シーンに合わせて選びます!
Q5 執筆にとりかかる前に、周りの環境をこうしておくと集中できるぞ! というおすすめの準備は?
A5 少なくとも、背後を人がうろうろしない位置に陣取っておくと良いでしょう。
Q6 執筆につきもの、肩凝りに腱鞘炎! こうすると緩和できるぞ! というおすすめの方法は?
A6 タイガーバームを塗ってマッサージする(笑) あとは、入浴をシャワーで済ませず、ゆっくり湯船に浸かることですね。
Q7 執筆した以上は、誰かに読んでもらいたい! 多くの人に読んでいただくための、おすすめの方法は?
A7 自分の作風や執筆速度に合う「同盟」や「サーチエンジン」などに登録すると良いのではないでしょうか。
Q8 執筆した以上は、できれば感想が欲しい! こうすれば感想がいただきやすいというおすすめの方法は?
A8 自分からも、他の方の作品の感想を述べることではないでしょうか。
Q9 執筆仲間と交流してみたい! あなたがおすすめする交流の方法とは?
A9 やはり、まずは交流型の「同盟」などに所属して、積極的に書き込みをしていくのが良いのでは? そこから、個人的なつながりも生まれていきそうです☆
Q10 ありがとうございました! フリーorどなたかに回してください☆
A10 フリーとさせていただきます☆

ものすごく久々の『ソードオブスター』!!

2011年09月20日 21:16

 今、6番ゲート『ソードベアラー』の時空と、がっぷり四つに取っ組んでいます!

( ↑ 記事タイトルの『ソードオブスター』とは違いますよ・笑)

 振り返れば、わたくしが小学校高学年の頃、妹に語り聞かせていた「おはなし」に端を発するこの物語――

 今にしてじっくりと読み返すと……何というか、こう……

 フェリスさん無敵すぎるやろ!!

 という(笑)

 たとえば、3番ゲートのアニータさんには「狂戦士化」という弱点があり、4番ゲートの桜花さんには、基本的に自分たち人間よりもスペックが上の敵と戦わなければならないということがあって、そういうところが「どうなる!?」という読み手の緊張感に繋がっていくのではないか、と思うのですが――

 フェリスさんは、物語の最初から、かなり最強系のキャラなのですよね……。

「心配要素」が少ない人、といいますか。

 侯爵の娘で、「隊長」というポジションにあって、信頼できる副官がおり、部下たちにも慕われていて、何よりも、超人的な剣技を有している。

 性格的にもすごく強くて、現時点では「迷う」「悩む」ということがあまりない人ですし……(←ちょっと揺れることはあっても、すぐに自分の中で一定の答えを出す)

 おそらく、このキャラクター造型は、年若かった頃のわたくしの「理想」を体現したものだと思います。

 しかし「理想」というのは、すでに一種の「頂点」ですから……そこへ向かって一歩一歩登ってゆく過程で起こる「友情、努力、勝利!」的な感動の方程式は成り立たないわけです。

 そのキャラクターに、完全に自分を投影し、理想の自分になった気分で楽しむことができる場合には、面白さも感じられると思うのですが――

 どうも、作者であるわたくし自身が、その段階を通り過ぎてしまった感があり(笑) 確定作業中にも「う、う~ん……」と、違和感を感じることしきり!

 それだけ自分の精神が成熟してきたということでもあると思うので、喜ばしいような、複雑なような。

 しかし、それでもなお、ここから、物語としての完成度を極力上げていきながら完結を目指すのが、時空確定者としての心意気!

 というわけで、ああでもないこうでもないと頭をひねった結果、ここまでに書いてきた部分は変更しないまま、その背後にある大きな設定だけをごっそり変更することにしました☆ 

 ――というか、こんな宣言をしたところで、その設定についてはまだ誰も知らないので意味がネェ! という話なのですが、まあ、つまりは、わたくしの気分的にちょっと語らせていただいたというだけの話です(笑)

 もしも、今までに既に読んでくださったお客さまがいらっしゃったとしても、確定済みの部分の内容については何の変更もないので、ノープロブレムです!

 これほど大規模な「設定の変更」を行ったのは久々で、自分の中でつじつまが合った瞬間「おおっ!」と、ちょっと感動しました☆

 よしっ……これで、行けそうな気がしてきた……!!

 がんばるぞ~!!


 そして、その勢いか、本日はものすごく久々に、追記に『ソードオブスター』の連載の展示があります☆

 北の帝国魔術学院『星の剣』で、「一般」クラス廃止の動きに、必死に抵抗しようとするティラたち――

 しかし、そこへ「学院総長暗殺計画」の存在が明らかになって……!? というところです。

 前回の連載は、なんと5月でした(笑)

 何の話やったっけ!? というお客様は、ぜひ、右側の「カテゴリ」から過去記事に飛んでご確認くださいませ☆


 下記事に拍手、ありがとうございました~!!

 それでは、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆ 


[ものすごく久々の『ソードオブスター』!!]の続きを読む

9月19日 よろしい、ならばバトンだ(←何か前にもこのセリフを言った気がする)

2011年09月19日 21:11

 無事に東京から帰還いたしましたアウローラです!

 参加したイベントは、大盛り上がりのうちに終了! 楽しかったです☆

 そして、アフターの飲み会にて行われた「ポエム大会」では、見事に優勝の栄誉に輝きました(笑)

 賞品としていただいたお菓子を、家族と共に食べておりますもぐもぐ……☆


 さらに、全然関係ないのですが、今、遅ればせながら(?)『断捨離』というやつにはまっておりまして……

 以前からちょこちょこ語っておりました「片付け」話題は、その影響を受けてのことだったのでした☆

 料理をするようになった関係で、台所まわりをもうちょっとスッキリさせたい! と思い『断捨離』というやつを始めてみたのですが、これが「真性片付けられない人間」であったわたくしには、ジャストフィットな考え方!

 片付けることがストレスになるなら、もう片付ける必要がないように、必要最低限のモノしか持たないようにすればいいじゃん
  
 という!!

「持ち物を『いつも使うお気に入り』のスタメンのみに絞り込み、あとの『微妙』『いらん』というモノは全て手放す!」という作戦です。

 今日、取り組んだのは「化粧品」。

 化粧品といえば、わたくしにとって『スタメン』『微妙』『いらん』のうち、『微妙』カテゴリーが膨張しやすい分野でした!

 大きさもコンパクトで、価格もまあお手頃であるからこそ、ついつい試しに色々買ってしまったりするものの、そんなに出番があるわけでもなく……(←知っている人は知っていると思いますが、アウローラは完全ノーメイク派です。特に夏場は顔に何か塗ることに耐えられないので、常にガチのノーメイク! 職場では時々『うおおぉ~アッチイ!』と叫びながら水で顔を洗っているという噂です)

 さすがに結婚式などがあるときはめかさなければならんので、そのための精鋭のみ残し、あとは捨て去りました! 

 分別作業が異様に大変でしたが(特にクリーミィなものは……)、これでまたひとつ、スッキリ!

 難関であった階段も完全に制圧したことですし、これからも、モチベーションが高まった瞬間を狙って、ちょいちょい断捨離を進めていきたいと思います☆
 

 そして、いきなり私信ですが、エレファーナ様!

 ロッサーナさん、完璧です!!(親指!
 
 あの挑戦的な眼差し、たまりません……フフフ……(←何かに目覚めている!?)

 特に、登場時の彼女はかなり「謎の女」なので、そんなミステリアスさがよく出ていると思います!

 わたくしも、ロッサーナさんの足首はきゅっと締まって細いイメージがあります☆

 赤いアイシャドウという発想はなかったですが、芸子さんを思わせる紅の色、ロッサーナさんのイメージにぴったりですね……!

 このよーに修行してくださって、本当にありがとうございます……!!

 おかげさまで、わたくしの中でも、改めてキャラクターさんたちの姿がはっきりと浮かび上がってきております~!(拝)

 この段階でまだ(仮)ということは、最終形態はいったいどんなことになるのか!? もはや固唾を呑みつつ見守らせていただきます!! じーっ!!!
 

 ――と、さらに話題変わって、両性こたつむり様よりバトンを回していただきましたので、その回答を!
 
 両性こたつむり様、いつもありがとうございます……!

 絵を介したやりとりと同じく、バトンのやりとりをすることもまた、それぞれのキャラクターさんの姿や性格、関係性などを浮き彫りにする上で有効なことですよね☆
 
 では、参ります!!

  
オリキャラをオリキャラで紹介するバトン


タイトルの通りオリキャラをオリキャラで紹介しようというバトンです
どれだけ知ってるかオリキャラ同士の愛を試しましょう
回答が知らない、不正解の場合は紹介されるキャラがきちんと訂正してくださいね。


紹介されるキャラ
[ギア・ロック捜査官]
↑を紹介するキャラ
[カース・ブレイド捜査官]

ではスタート!

★……の、前に、アウローラから注意書き!
 お客様がたはほとんどご存知のことと思いますが、カース・ブレイド捜査官(男性)はギア・ロック捜査官(男性)に惚れておりますので、回答内容も自然とそういった感じになっております☆
 苦手な方はご注意を!!


■まずは基本データ
・その方のお名前は?

カ「僕の愛しのギア☆ だよ~☆」
ギ「ギア・ロック捜査官と呼びやがれ! 『俺の』じゃねーし『愛しの』でもねぇっ!!(げしげし)」

・性別は?
カ「男だよね!」
ギ「当たり前だ!」

・誕生日は?
カ「アウローラさんはすっかり忘れて『5月……4日?』とか言ってたけど、僕はちゃんと覚えてたからねっ! 5月20日だよ☆」
ギ「当日、誕生日プレゼントと称していかがわしいグッズを送り付けるのはやめろ!!(怒) そしてアウローラさん、少なくともアンタはちゃんと覚えとけよ!!」

・身長体重は?
カ「身長は171cm、体重は62kgだよね!」
ギ「てめぇ……さては、俺の健康診断の結果を覗き見しやがったなっ!?」

・一人称は?
カ「『俺』だよ。可愛いよね☆」
ギ「何がだ!?」

・血液型は?
カ「B型だよ~」
ギ「お前は、AB型だよな……」

・利き手は?
カ「右手だろ?」
ギ「おう。サイバーアームになっても、生身の腕だった頃の癖は抜けなかったぜ」

・基本的性格は?
カ「いつでも全力投球! って感じだよね! そこがイイ☆」
ギ「お前はもう帰って寝ろ!(怒)」

・特技は?
カ「射撃と格闘だよね。でも、僕も負けてない気がするんだけど」
ギ「いや、俺のほうが上だ!」

・好きなものは?
「ギア☆」
ギ「落ち着け! お前の好きなものを訊かれてるんじゃねーぞ!? ……って、自分で『好きなもの』とか言っちまったじゃねーかどうしてくれるんだコノヤロー!!」
カ「あ、痛い、痛い! ……うう、ギアの好きなものは、もちろん甘い物……と……僕……」
ギ「ん? 空耳か? 何か妙な物音が聞こえてくるぜ」
カ「ううう……」

・嫌いなものは?
カ「ギアの嫌いなものは……犯罪者、かな」
ギ「よく分かってるじゃねぇか」
カ「あとは……辛いものとかも嫌いだよね」
ギ「一気にお子様っぽくなるから、そこは伏せとけ!」

■見た目について
・どんな目?(色、形、大きさなど)
カ「いつもミラーグラスをかけてて、なかなか見せてもらえないんだ。知ってるけど、一応黙っておくよ」
ギ「それが賢明だな」

・髪は?
カ「金髪で、いつもワックスをつけてバサバサにしてるんだよね☆ 撫でたいなぁ☆」
ギ「撫でるなああああ!!」

・体格は?
カ「………………の、ノーコメントで」
ギ「(マチルダを下ろし)…………よし」
カ「(ひっそり)小さくて可愛い、って言おうと思ってたのになぁ……」

・肌の色は?
カ「日焼けしてるけど、実は僕より白いよね」
ギ「まあそうか。……って、どこ見て気付いたんだ、てめぇはっ!?」

・その他特徴はある?(泣きボクロ、傷があるなど)
カ「傷とかは別にないよね。腕も、裸のときに見たって生身の腕とほとんど区別がつかないし」
ギ「俺の裸を日常的に見てるかのよーな言い方はやめろ!」

・見た目から受ける印象は?
カ「全体的には……ワルそうな感じ?」
ギ「誰がだあああああぁ!」

■ちょっと詳しく
・3サイズは?
カ「もちろん知ってるよ~! でも教えないよ、フフフ☆」
ギ「いつ知った!? ――ていうか、コレは絶対『アウローラさんが設定してない』ってオチだろ!」
カ&ア『ぎくっ!!』

・足のサイズは?
カ「う……上に同じ」
ギ「アウローラさんの数字オンチは、マジで何とかしなきゃならんな……(汗)」

・服装は?
カ「私服は、ストリート系って感じだよね」
ギ「ぴったりした服ってのは、窮屈で苦手なんだよ!」

・声は?
カ「僕より、少し低いよね。ちょっと掠れてて、可愛いんだよ☆」
ギ「俺、そろそろ帰ってもいいか……?」

・S?M?
カ「僕好みに仕込んでMにしちゃう予定なんだけど……どう?」
「地獄に落ちろ!!(ドカドカドカドカドカ!!)」

・嗜好は?
カ「うううぅ……ギアはきっと……激しくされるのが好(ゴン)」
ギ「ふう。そろそろ、馬鹿を埋める時間だぜ(ずるずる)」

・癖は?
カ「よく疲れたときに、首を回してごきごき言わせてるよね~」
ギ「うお、生き返ってきやがった! ちっ、もう少し気絶してりゃ、ゴミ捨て場まで到着してたのによぉ」
カ「ギア……台詞が、完全に悪役なんだけど……」
ギ「誰のせいだと思ってるんだああぁぁぁ!!」

・家族構成は?
カ「……御両親は、もう亡くなってるんだよね」
ギ「ああ。衛星都市《アースガルド》に、叔父さん夫婦がいるだけだ」

・呼ばれ方は?
カ「僕の愛しのギア☆」
ギ「『僕の』と『愛しの』は要らねぇ!!!」

■詳細
・好きな飴の味は?
カ「イチゴ味とか、甘いのが好きだよね!」
ギ「やっぱ、飴は甘くなきゃいかんだろ!」

・風呂ではどこから洗う?
カ「できれば僕が洗いたい」
「帰れ!!!」

・「4」の上部分は閉じてる?開いてる?
カ「開いてる。ていうかギア、あんまり字が綺麗じゃないよね……」
ギ「うるせえ! 読めりゃいいだろ!」

・弱点は?
カ「幽霊とか、ホラー系が苦手なんだよね、フフフ☆」
ギ「怪しげな笑みを漏らすなぁぁぁ! 何を狙ってやがる!?」

・好きな異性のタイプは?
カ「それはもちろん、この僕――」
ギ「あの世へ行け!」

・何フェチ?
カ「前にちらっと手首が好きだって言ってたような気がするから、ちょっと腕時計にこだわってみてる」
ギ「それは、女の手首の場合だぜ……!?」

・コンビニで必ず買うものは?
カ「新作のおやつが多いかな」
ギ「甘味と名のつくものは欠かさずチェックするぜ!」

・おにぎりの具は?
カ「おにぎりって、ライスボールのこと? 僕たちはあんまり食べないよ」
ギ「ライスボール? チョコレート入りとかねぇのか?」
カ「それは……多分、やめた方がいいんじゃないかなぁ……(汗)」

・歯磨きに要する時間は?
カ「3分くらいかな。手早いよね」
ギ「身支度に、そうそう時間はかけてられねぇからな!」

・鞄に必ず入ってるものは?
カ「身分証とか……あと、おやつ?」
ギ「それだけ聞いたら、俺の仕事が何なのか全然分からねーだろーが!」 (註:オフィサーです)

・恥ずかしい体験は?
カ「えっ、ギアの恥ずかしい体験っ!? わくわく☆」
ギ「落ち着けカース! 何を突然興奮してやがる!?」

・追い詰められた時の反応は?
カ「……とりあえず《マチルダ》で撃つよね……」
ギ「悪・即・斬の精神だ!」

・あなたの事どう思ってると思う?
カ「い……いつかは、僕と幸せな家庭を!」
ギ「築けるかああああああ! 早いとこ、誰かいい奴を見つけて勝手に幸せになれ!」
カ「えっ、いいの!? 分かったよギア、それじゃ今から二人で婚姻届にサインを……!
「俺以外の奴とだあぁぁぁぁぁぁ!!!(殴)」

■以上です。お疲れさまでした
気になる二人を指定して回してみましょう
・紹介するキャラ→
 紹介されるキャラ→

 フリーで回させていただきます~☆


 ――さて、本日のところは、このへんで!

 なかなか出現率が上がらないアウローラですが、そのぶん、ひとつひとつの記事は、可能な限り内容を充実させていきたいと考えております!

 そしてもちろん、日誌だけでなく、物語も……!!!

 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

9月17日 旅に出る!(東京へ)

2011年09月17日 07:59

 下記事で申しておりましたオリジナル系オフ本原稿は、無事に脱稿&印刷いたしました~☆
 
 5番ゲートの時空で何か書こうかと思いきや、なぜかいっこうにウエーブが来なかったのでいろいろと試行錯誤しておりましたら、なぜか、幼き日の妹と自分が物語の世界で遊んでいる様子を描いた作品になりました(笑)

『庭の王国』の時代よりももっと初期の、レゴブロックで遊びながら物語を考えていた時代の話ですね!

 しかも、わたくしが「妹」の視点から語っている、という、ちょっと変わった試みをしております。

 試み、というか、意識的に何らかの効果を狙ったというよりも、いきなりそういう語り方が降臨したということなのですが……(笑)

 相変わらず、物語の神託は謎に満ちていますね!

 
 そして、わたくし的大事件!!

 ついに『時空』界のナンバー2にのぼりつめた~!!

 グーグルで『時空』というキーワードで検索してみると、ウィキぺディアの次、二番目に出てきました(笑) 

『時空跳躍』界ではけっこう以前からナンバー1だったターミナルですが、『時空』界には、謎の「時空警察」の方々や「時空のおっさん」(←何者……!?)などがいらっしゃって、ターミナルはなかなかトップページに表示されない状況が続いていたのですが……

 110915_222711.jpg

 上で述べていた原稿を印刷しているときに何気なく検索をかけてみたらこうなっていたので、思わず、記念に印刷。

 まあ、この表示順を決めるシステムがいったいどうなっているのかはよく知らないので、世界的に大人気だから! というわけではもちろんないのは判っておりますが、偶然にせよ、何しろ約58,000,000件中の2位ですから、地味に嬉しかったです(笑)


 そして突然ですが、今日の昼ごろから明日の夜にかけて、東京に行ってきます☆

 おばあさま(←遺伝学上の祖母には非ず)とともに、とあるイベントにサークル参加するためなのですよ。

 これで、年内に参加しようと考えているイベントはおしまいなので、帰還後はしばらくオリジナル創作に専念できると思います(もちろん業務はあるが)!

 東京組の皆さま、もしもアウローラを見かけたら、遠くからこっそり吹き矢を吹いてください☆

 
 そして私信返しコーナー!!

 ツアンさま、遅くなりましたが、味噌汁仲間に反応ありがとうございます(笑)
 最近こちらでは、きのこの味噌汁の出現率が上がっていますよ!(←どうでも良い情報)
 あと、豚肉抜きの豚汁のようなもの(大根、人参、ごぼうのみ)も作ってみたのですが、味が思った以上に豚汁で驚きました☆
 あの味わいは、主にごぼうの風味なのか……!
 また、おすすめの具などありましたら、ぜひぜひ伝授してくださいませ☆


 エレファーナさま、応援ありがとうございます!
 わたくしの中では近年……というか執筆史上稀に見るオリジナルの止まり具合なので焦っていたのですが、よく考えたら業務の山が接近しており、しかも別活動のほうでもばりばり原稿を書き、そこにプラスして日々家族分のメシを作るという状況になっているわけですから、今までのように更新ができにくくなっているのも当然の理!! と、自分を納得させました(笑)
 エレファーナさまも、あらためてストーリー展開を練っておられるのですね~!
 こちらも焦ることなく、ぼちぼちとやっていきます……!!
 力づけられました☆ ありがとうございました!


 両性こたつむり様、バトンを回してくださってありがとうございました~っ!
 次回か、その次の更新あたりで回答を展示させていただきたいと思います☆
 しかも、わたくし作のバトンを回収してくださったのですね☆
  執筆中に枝豆を食べるというこたつむり様の回答が、わたくしの中で新しかったです(笑)
 わたくしの場合は……昆布、かな……←
 このバトン、わたくしもまだ回答を完了していないので、そちらへの回答も、合わせて展示できればいいな……!
 いつも、ありがとうございます☆

 
 ――さてさて、最近めっきりスローペース更新となっております日誌ですが、閲覧&拍手、本当にありがとうございます☆ 励まされます!!

 それでは、皆さま。

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)  
 

9月14日 死んでいると見せかけて生きている!

2011年09月14日 21:45

 徐々に近付いてくる業務の山への準備&日々の食糧調達に追われ、なかなか更新ができなくなっておりますアウローラです!

 というか昨日、ひとつめの小さな山を無事に超えたところです☆

 フフ……やはり、業務による疲れは強敵だぜ……

 得意の「早起きして書く」方法をとろうにも、体が疲労していて、早く起きるということができないのです!

 ふおおおおおおおお!!(←フラストレーション)

 しかし、そんな中でも地味に、オリジナル系合同本の原稿を進めておりますよ☆

 某方にお声をかけていただき、お友だちとの合同企画にまぜていただくことになったのです!

 オリジナルでの本作りは初めてなので(←今までにも計画はあったのだが、実現には至っていなかった)、とても楽しみです☆

 そんなこんなで、6番ゲート『ソードベアラー』の物語は、まだほとんど進展しておりませんが……ここは、一歩一歩、やるべきこと&できることから進んでいくということで!

 ここへ来て「完結していないゲートが、まだたくさんある」という状況が、地味に自分にとってプレッシャーにもなっているのですが……

 しかぁし! だからといって「ゲート自体を消してしまう」というのは、わたくしとしては、非常に抵抗があるのです。

 それでは、荷物を見えないところに片付けただけで、荷物自体が消え去ったわけではない……というような。

「荷物」という表現もあれですが。

 とにかく、これまで長く付き合ってきた物語たちとは、これからも気長に付き合っていきたいと思うわけです。

 やはり、一度書き始めたからには、完結させたい!! というのが人情というもの!

 無理なく、息長く、自分にとって可能な、心地好いペースでがんばっていきたいと思います☆

 ちなみに、10番ゲート『THE LEGEND OF FLABARS』は、書き始めてから完結までに、ほぼ10年かかったという記録があります(笑)

 そ……そこまでにはならんよーにしたいものだ……ッ!

 ともあれ、がんばります☆


 下記事に拍手、ありがとうございました~!!(拝)
 
 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

9月11日 充実した1日

2011年09月11日 22:53

 ぬおおおおおこんばんは☆

 本日は朝からフルスロットルだったアウローラです!

 といっても業務ではなく、地上の家の片付け&ジェイ先輩との会合&おばあさま(遺伝学上の祖母には非ず)との会合の3本立てです(笑)

 110911_144314.jpg

 ジェイ先輩とは、お昼にベトナム料理を食べました☆

 右に写っているのはベトナムコーヒー。

 ガラスのコップの、下がコンデンスミルク(白)、上がすごく濃くて苦いコーヒー(黒)の二層になっています。

 上の銀色のものにコーヒーの粉が入っていて、そこに熱湯を注ぐと下のガラスコップにコーヒーが抽出される仕組みです。

 下に落ちてきたコーヒーをコンデンスミルクと混ぜて、氷の入ったグラスに移せば「カフェ・スア・ダー」の出来上がり!

 後ろから「アイス・ミルク・コーヒー」の意味だそうですよ。

 味は、キャラメルっぽくて美味しかったです~☆

 そして、おばあさまとの会合の後、帰還して鬼のよーに階段の掃除!

 掃除というか、階段の横幅3分の1を十段にわたって占領していた物品のうち、7段目までを完膚なきまでに捨て去りました!!

 上の3段は、話が長くなりそうだったので、明日以降に回すということで……。

 本日は物語的要素がまったくなかった(←おばあさまとの会合は弐次創作系ではありましたが)1日でしたが、まあ時にはこういうこともあるということで……

 スッキリした環境で心地好く執筆するためにも、これからも引き続き、掃除をがんばっていきたいと思います(笑)

 
 そして、私信コ~ナ~!!

 エレファーナさま、メッセージをキャッチしてくださってありがとうございます☆
 正面から見て長方形! なるほど!!(笑) 
 やはり、言葉による表現は、それぞれの方の取り方によってイメージが違ってきますね……! それが面白いところでもあり、時には戸惑うところでもあり……。絵で表現すると、迷う余地がなくて分かりやすいということは確かですね!
 課長も降臨し次第、情報を送らせていただきます☆
 こちらも精進します~! ははあっ!(拝)

 zayoさま、復活(!?)お待ちしておりました~!!
 色々と大変な状況があったと思うのですが、今はzayoさまの日誌を再び読めることがとても嬉しいです。
 様々な作業等、お手数のかかることが多そうですが……応援しております! うぬぬぬぬん(←念)
 これからも、よろしくお願いいたします!!(拝)


 ――さて、本日のところは、このへんで!
 
 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 また、次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝) 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。