スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日 料理人アウローラとスノウ大尉

2011年04月30日 09:42

 さてさて、昨日の記事で申しておりました通り、ストウブの鍋を購入してきたアウローラです!

 110430_075828.jpg

 どーん!!

 昨日のうちにシーズニング(使用準備として油をなじませておく)をすませ、朝から早速に使用してみました!

 わたくしの得意料理「ベーコンと野菜を加熱したやつ」ですよ☆(←ネーミングがまずそう……)

 材料を切って、もりもりに詰め込みます。

 水は、野菜を洗った水気のみでOK! 一番下には、こげつき防止のためにもやしを敷き、その上にキャベツ、マイタケ、ブロッコリー、プチトマトを放り込み、上にベーコンを載せます(←本当は普通の肉を使いたかったが、ベーコンが残っていたので……)

 そして弱火にかけ、15分くらい放置!!

 110430_082152.jpg

 嵩が4分の1くらいに!

 塩コショウで味をととのえ、とろけるチーズを載せて余熱でとかし、さらに黒コショウをかけて完成!

 見た目はゴチャゴチャしていて、そんなに美味しそうじゃありませんが、大丈夫! 野菜嫌いの人でなければ食べられますよ☆(←何のフォローか)

 今までと同じ、何の工夫もない薄味にしてみたのは、果たして今までに使っていたペラッペラの鍋と比べてストウブの性能はどうなのか!? ということを比較してみたかったからです。

 その結果!

ア「……プチトマト食ったら……バラの香りがした……!」

母「はぁ!?」

ア「いや、マジで! 味はすっげーフルーティになってて、香りがバラみたいに……つっても、ポプリとか香水のバラじゃなくて、生のバラの花を嗅いだときに感じる、あのフレッシュな香りがする!」

母「そんなアホな!(むっしゃむっしゃ) ……うわ。バラや……!!

ア「やろっ!?」

母「腕を上げたな、アウローラ……!」

「いや、鍋が変わっただけやから」 

 という!

 キャベツの固い部分もブロッコリーの茎もすっかり柔らかくなり、しかも、ほぼ無水調理だったにも関わらず、こげつきゼロ!

 鍋底に溜まったエキスをもやしが吸って、実に美味です☆

 口径20cmの鍋一杯分の野菜を、ほぼ1人でぺろりと完食!

ア「素晴らしい……その功績を讃え、そなたに名を授けよう……!

「……なんで鍋と喋ってんの?」
  
 というわけで、この鍋はわたくしによりスノウ大尉と名付けられました。

 この名は『勇者の剣』という物語に登場するフクロウの名前からとったものです。

 真っ白なボディが雪を思わせることから命名!

 なぜ鍋がいきなり軍人になっているのかはさておき、これから日々愛用していきたいと思います☆

 凄く高価な鍋なので、死蔵したらもったいなさすぎる……!

 このプレッシャーも、料理へのモチベーションを高める一助となればと思います!

 
 さて、朝ごはんのパワーが切れないうちに、全時空融合プロジェクトの確定作業に取り掛かる……!
 

 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

 
スポンサーサイト

4月29日 筋肉痛がひでえ!! + 私信追加!

2011年04月29日 07:59

 おはようございます!

 朝から筋肉痛に悩まされておりますアウローラです☆

 昨日は地上でけっこうな距離を移動する用事がございまして、約2万歩くらい走ったり歩いたりしておりましたら覿面に筋肉痛になりました……アタタタタ……(倒)

 弌鷹さま宅での絵茶に顔だけでも出させていただきたかったのですが、完全に眠気に負けました……!

 110428_122939.jpg

 初めて見た植物!

 昨日、移動中に見かけたものなのですが「キクモモ」というそうです。

 キクなのかモモなのかはっきりしろという感じですが、全体の雰囲気は確かにモモっぽく、散った花びらを見ると、小ぶりなキクの花びらにそっくりな形をしていました!


 そして全然関係ないのですが、本日、ストウブという鍋を買いに行こうかなと検討中です。

 整頓・出納に続き、わたくしの苦手とするもの、それは調理!

 ネックは、わたくしが異様なまでの面倒くさがりであるということ!

 朝ごはん : 白米・ツナ缶にコショウを振ったもの・お湯

 あるいは、  バナナ・固形チーズ・お茶

 という状況も普通です!(←調理という作業が介在していない!)

 ここはベースキャンプか!!

 美味しい料理はときたまお店のプロに作っていただけば良いことで、ふだんの食事はキャンプ調でも別に死にゃせんじゃろ、というのがわたくしの感覚。

 しかし色々な方に「それはやばいで」と真剣に諭され、それなら、可能な限り一気に肉と野菜を調理できて、しかもわりと美味しくできる方法はないものか……と考えた結果、ストウブで調理すればいいんじゃないの……? という結論に落ち着いたのでした。

 ストウブで調理すれば、普通の鍋――特に我が家のペラッペラの鍋よりも美味しく仕上がり、調理へのモチベーションも上がるのではないかと!

 もちろん、朝には、そんな時間はないと思うのですがね……。

 料理というのは整頓・出納と違い、一週間、あるいは一日のうち時間のあるときに作業をすればいいというものではなく、毎日、毎回、だいたい決まった時間にしなければならないものなので、ある意味、今までで最大の難敵と言えそうです!

 なので、まずは時間に余裕がある休日を中心に、自分のぶんだけを作る、というスタイルでいきたいと考えております。

 わたくしは地上では家族たちと同居しておるのですが、その人たちがまたそれぞれに食の好みがありまして、やれ野菜は嫌いだの鶏は食べないだの……ごじゃごじゃ言うなら自分で作れやゴラァと思うこともしばしば!(←普段の食事にこだわらないため、何を出されても黙って全部食べる主義のアウローラです)

 調理初心者が、数人分の好みに対応する食事を毎回作るなど、訓練もろくに受けていない新兵がたったひとりで敵の本隊に立ち向かうにも等しい行為! つまり無理!(←強調)

 無理なことをいきなり始めても即座に挫折するのがオチなので、無理のないところから少しずつ自分を変えていこうという作戦です☆

 大丈夫かいな……(汗)

 まあ、とりあえずがんばってみます☆ 

 整理と出納は一応まがりなりにも継続できているので、きっと調理も大丈夫……だと、思いたい……(汗)


 そしていきなりの私信ストウブ!(←鍋!)

 ろくしち様、バトンを回収してくださってありがとうございます☆
 おつ君……! そうは見えないのに意外に女好きなところが、世の男子たちの本質をとらえているような気がします!(ホントか・笑)
 個人的には「なでればいいよ」のところがツボでした(笑)
 よろしければいずれまたバトン回収してやってくださいませ……☆

 良夜さま、バトンを回してくださってありがとうございました!
 せっかくなのですが、わたくしはゲームというものをほとんど全くやらない人間なので、用語等に理解不十分な点が多く……今回は残念ながら回答を見送らせていただきます!(拝)
 しかし、ギア氏を攻略するのは簡単です。
 美味しいお菓子とごはんを与えれば……!(←それでいいのか! カース氏も手作りのパスタや甘味を差し入れて、地味に距離を縮めようとしているようですよ!)
 カース氏を攻略するのは……むむっ、少し難しいかもしれません!
 カース氏は遊び人ですが、それはあくまでも「遊び」であって、本気の恋愛感情を持つことは稀です。
 その気持ちは執着と呼べるほど激しいもので、そのときはひたすらに1人の人間に気持ちを向け続けます。(←「迷惑だ!」byギア氏)
 なので、他の人がその視界に割り込むことは、おそらくたいへん難しいと思われます……!(←攻略にあたり何の参考にもならない解説!)


 下記事に拍手、ありがとうございました!!

 皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

4月26日 春の疲れ??

2011年04月26日 21:54

 ここのところ異様な眠気に襲われ、どうも頭脳の回転が悪いアウローラです!

 は、春だから? 春だからなのか……!?

 新年度の疲れが、ここに来て出てきているということなのかもしれません!

 どうにもこうにも文章が進展せず、仕方がないので『全時空融合プロジェクト』のラストまでのプロットメモをもっしゃもっしゃと埋めていっておりますよ☆

 プロットメモならば、まだ気楽に書ける……!

 この後、さらに3名の新キャラさんたちに登場していただく予定です……

 4月中に完全確定! という野望は普通に潰えそうですが(笑)とにかく、がんばって進めて参ります!


 そして全然関係ないのですが、最近『ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験』という本を買いまして、非常に興味深く読んでおります。

 わたくしは『プラネテス』や『宇宙兄弟』といった、宇宙をめざす人々の物語が大好きでして……それらのストーリーも考え合わせながら読むと、さらに面白いですね!

 しかし、ただ面白いというだけでなく、考えさせられる面もあります。

 最近、何かの雑誌の記事で「よくプロスポーツを応援して自分も何かした気になっている人がいるが、それは単なる代償行為にすぎず、本来は自分が超えていかなくてはならないことを、他人に代わりにやってもらっているだけだ」というような一節を読み、非常に心を打たれました。

 夢に向かって進み、夢を叶えていく人たちのストーリーを読んで「良かったなぁ!」「感動した!」と言っているだけでは、まさしく代償行為の域を出ません。

 自分は、自分の道で、自分の限界に挑み、超えていかなくては……!!

「自分で納得のいく自分」になれるよう、3ミリずつでもいいから、ずっと諦めずに努力をし続けたいですね!

  
 そして以下、私信プリマヴェーラ!(←春)

 紺さま、男子の部のことでしたか☆
 そちらでは道路状況もまだまだ悪いのですね……
 帰路も、車酔いに気をつけてくださいませ! 

 良夜さま、お仲間でございましたか(笑)
 わたくしは1日に1度以上は必ずPCを開くことから、家計簿ソフトを導入することにしました!
 トップ画面にでーん! とアイコンを置いておけば、付け忘れの心配なしです☆(←そうでないと確実に忘れ去る)

 
 そしてそして、本日はさらに、FC2から拾ったバトンへの回答を展示!

 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

 

ブログやっててこんなことありませんでした?バトン

Q1 早速ですが行きますよ!
A1 了解!
Q2 ブログを初めてつくるとき難しそうだと思ってたけど以外と簡単だった
A2 そうですね。「未知」から「既知」になってしまえば意外と簡単だった! というのはよくあることです。
Q3 ホームページとブログは一緒だと思ってた
A3 さすがに違いは知っておりました☆
Q4 テンプレートが多すぎて選ぶのに困った
A4 「宇宙」という譲れないコンセプトがありましたので、さほど迷うことはなかったですね。
Q5 ランキング1位のブログをクリックしたことがある
A5 いえ、特には……。
Q6 1位どころか100位まで全部クリックしたことがある
A6 さすがにそこまでの情熱はございません(笑)
Q7 こんな更新していいのかためらうほど更新したことがある
A7 これはありますね! 最高で……1日に4度? くらい?(←うろ覚え)
Q8 自分のブログの方向性がよくわからない
A8 「時空跳躍ターミナル職員日誌」ですので「物語」と「日々の出来事」についてお届けするというブレようのない方向性が!
Q9 他人のブログにコメントするときドキドキする
A9 いえ、特に緊張せず書き込みます。
Q10 画像(写真)を多様する
A10 最近、植物画像をよく貼っております☆
Q11 ネタがないときはバトンばかりする
A11 それはあるかもしれません(笑)
Q12 したくても自分から相互リンクを誘えない
A12 そんなこともないですね……!
Q13 来場者数が日によってばらばら
A13 ブログにはカウンタをつけておりませんので、分かりません!
Q14 ブログタイトルと内容がそぐわない
A14 いえ、そのままかと☆
Q15 リンクには最初に友達のブログをはった
A15 本館『時空跳躍ターミナル』にリンクをはりました。
Q16 カテゴリをつくったはいいが未分類が一番多い
A16 逆に、未分類は今のところひとつもございません!
Q17 ブログを開設したその月が一番更新してた
A17 そんなこともないですね。わりとコンスタントに更新を続けております。
Q18 タイトルでいつも迷う
A18 日付+メインとなる話題の一部、という感じで、最近は定着しております。
Q19 プラグインの意味がわからない
A19 わかります(笑)
Q20 はい、お疲れ様でした~
A20 ありがとうございました! フリーとさせていただきます☆

4月24日 わたくしのくらしを把握する!

2011年04月24日 18:51

110424_110252.jpg

《万里の長城》大整理!!

 約200冊の本と漫画を古本屋さんに持っていきました……!

 しかし、それでも見た目にあまり減った気がしないのはなぜだろう……

 いったいあの空間には、全部で何冊の本が存在しているのか……!(←不明)

 このように、日々、地味~に住居をスッキリさせることに励んでおるわたくしですが、そのついで(?)に、今までつけたことのない「出納簿」をつけてみることにいたしました。

 わたくしは物語の時空に関してはともかく、地上の生活の方面に関しては、非常にうすぼんやりとした把握の仕方しかしておらず……

 特に出納の領域は、わたくしが最も苦手とする存在、数字の帝国!!

 しかし、いつまでも「よう分かりまへん」ではさすがにいかんだろうというわけで、まずは、自分自身の生活をきちんと見つめ、把握することからはじめてみようと思いまして!

「知らない」事柄というのは、お化けや妖怪のようなものだと思います。

 正体不明ゆえに、漠然と不安、なんかややこしそう、出来なさそう……と感じてしまう。

 しかし、いったんその正体をはっきりと見極め、形をつかんでしまえば、それが「普通」のものになる――

 そう、『ゲド戦記』のオジオン師匠も、影に追われて怯えるゲドに「向き直るのじゃ」と仰っていたではないか!

 ……と、何やら壮大に語っておりますが、多分、大多数の皆さまにとっては「いやそれ本当に普通ですから」という感じではないかと思います(笑)

 ここまで出納というものを苦手としている人間も珍しいだろう……!!(←誇れない)

 
 まあ、そんなこんなで、のっそりとやっております☆

 下記事に拍手、ありがとうございました~!!

 また次回の記事で、お目にかかりましょう!

4月23日 2番記事 分割作業、完了!

2011年04月23日 20:57

 本日はどうも妙に眠く、頭脳の回転が悪いようですので、考えずにできる作業を! というわけで、前々からの懸案事項となっておりました全時空融合プロジェクトのページがやたら重かった件について、解決策を講じてまいりました!

 何しろ最近は、わたくしの側でも、管理画面を開いて打ち込むまでにしばらく待たなければならないほどに重かった……!

 ネット環境によって、お客様方には、閲覧の上でご不便をおかけしたことも多々あったと思います……!(謝)

 とりあえず対策として、ここまでのストーリーを大まかに5分割し、ひとつひとつのページを開くことができるようにしました。

 これで、ページを開く際の重さによるストレスは、けっこう緩和された……のでは、ないかと……!?(←確かめる術なし)

 もし、何か不具合等ございましたら、ご遠慮なくお申し付けくださいませ☆

   
 そして、以下には、両性こたつむり様より回していただきました、口調バトンへの回答を展示!

 こたつむり様、バトンを回してくださって、ありがとうございました~っ☆(拝)



口調バトン

☆ルール☆

●バトン回したらその人に知らせる
●5日以内に書くこと
●5日以内に書かないと罰ゲームあり
●回した人はルールが守られているかチェックして下さい

アニータ「よしっ、あたしが答えるよ! でも、罰ゲームとかは一切ナシねっ。それが、この日誌でのバトン回答のモットーなんだって!」

●バトンを回す人5人

「……ていうか、あたし、バトンって何なのかよく分かってないんだけど……。
 とりあえず、5人の人の印象とかについて語ればいいんだよね?(←違)
 じゃあ、回してくださった両性こたつむり様と、あとは……バノット教官門下のみんなで!
 とりあえず3-1番ゲートにいる、ミーシャ、ルーク、ライリー、それから、先生について語らせてもらおうっと」

●上記の人とはどんなきっかけで知り合った?

「アウローラさんは、両性こたつむり様と『ブログの時空』でお知り合いになったって言ってたよ!
『リンク』をはっていただいたのがご縁なんだって。
 ……リンクって多分、時空の扉を開く魔方陣みたいなものだよね……?
 あっ、あたしとクラスのみんなとの出会いの顛末は、3番ゲートに詳しく書いてあるよ(笑)
 簡単に言うと、あたしが帝国魔術学院《暁の槍》に転入することになって、そこにみんながいた、っていう縁なんだけどね」

●5人のイメージできる動物

「アウローラさんによると……両性こたつむり様は、お名前の第一印象から、こたつの中にもぐっていらっしゃるイメージがあるみたい!
 それってつまり、おっきなかたつむりってこと……?
 ――そして、あたしからは、クラスのみんなについて。
 そうだなぁ、ミーシャは……すっごく頭がいいから、フクロウ! 森の賢者って言われる鳥だもんね。
 ルークは……クマ、かなぁ!? 身体も大きいし、力持ちだし。
 ライリーは……うーん、何だろう……? ちょっと、ヘビ、って感じかも。いつもニコニコ細められてる目が、一瞬厳しくなったりするとき、そう感じるね。 
 バノット・ブレイド先生は、オオカミ! しかも、群のリーダーって感じ。近寄り難くて、でも、群の仲間を導いてくれるって感じかな」

●5人を色で例えると?

「両性こたつむり様は、なんとなく、淡い橙色って感じがするってアウローラさんが言ってたよ。
 えーとね、ミーシャは青で、ルークは水色。
 ライリーは銀、先生は黒!
 なんとなく、の印象だけどね。
 ちなみに、どうでもいいけど、アウローラさんの中でのあたしのイメージカラーは『赤』なんだって! やっぱり、炎を操るからかな?」

●期間を過ぎた罰ゲームは?

バノット「では『帝国地理学の基礎』第2章、及び『魔術解釈学講義』第1章の記述を参考に、帝国魔術学院《暁の槍》がこの地に拠を構えるに至った経緯について考察せよ。レポートの分量は定型用紙50枚前後とする」
アニータ「ぎゃあああああ出た! 地獄のレポート……! ――っていうかダメですよ、先生! 罰ゲームとかは一切ナシっていうのが、アウローラさんのモットーなんですから!」
バノット「――冗談だ」
アニータ「わ、笑えない……ッ(汗)」

●今後この人たちとどうして行きたい?

「両性こたつむり様、これからも末永くよろしくお願いいたします~! って、アウローラさんがあたしの後ろで叫んでるよ☆
 あたしはもちろん、クラスのみんなと力を合わせて、バノット先生みたいな凄い魔術師になれるように、勉強をがんばっていくよ~!!」

●5人の口調指定

「このバトンは、フリーだって☆
 口調も自由に設定してくださいね……って、アウローラさんが言ってます。
 よろしくね~!!」


 ――と、いうことでございました!

 は、ちなみに部屋の片付けですが、本日も無事にゴミ袋ひとつぶんの不用品を廃棄いたしました。

 徐々に床(の見える)面積が広がっているぜ……!!

 作業を急いで一気に進めすぎ、息切れすることを防ぐため、マイペースに片付け続けていこうと思います☆

 
 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝)

4月23日 ものすごく美味しかった!

2011年04月23日 02:57

 何だかすごい時間にこんばんは、アウローラです☆

 本日――じゃない、昨日は、エウロスさんと共に「魚匠 銀平」というお店に行って参りました!
 
 魚料理の専門店なのですが、美味過ぎる~!!

 食べはじめてからというもの「美味すぎる」「これはやばい」「お腹いっぱい」の3種類の発言しかしていなかった気がします!!(←曲がりなりにもことばをあやつる者を自認しながら、食事中はすっかりプリミティブな感覚に支配されるアウローラであった)  

110422_210022.jpg

 美味なる魚料理を食い荒らした後の図。

 骨しか残っておりませんよ!!(←左の皿の上の「太刀魚の頭」は、この後エウロスさんが齧っていました!)

 特に煮付けが絶品でございました……煮汁を全部飲み干したかった……!(←明らかに塩分摂り過ぎ)  

 そしてすっかりお腹いっぱいになったわたくしは、帰還してすぐにむにゃむにゃと床で眠っていたのでした☆

110423_021118.jpg

 オタマジャクシ!?

 ……ではなく、香辛料のクローブ(丁子)をマグカップに入れ、お湯を注いだものです☆

 アウローラ的民間療法では、主に食べ過ぎたときの健胃薬として用いております!

 独特の香気がスッキリ感をもたらしてくれますよ☆(←多分、この香りは苦手な方もいらっしゃると思いますので、試される際にはご注意!)


 そしていきなりの私信リュウグウノツカイ(←魚!?)ですが、紺さま!
 全時空融合プロジェクトを旅のお供に選んでくださり、有難うございます☆
 かなり(現状での)ラスト近くまで読んでいただいているのですね!
 続きもなるべく早めに確定できるようにがんばります。
 どうか良い旅……というか帰郷になりますように!!

 ツナさま! バトンキャッチ、ありがとうございました☆
『メルニボネの皇子』挫折されたのですね(笑)
 海外の作品は、訳文の文体によっても印象が左右されるので、難しいところだなと思います……
 そして、なつかしの作品の名前がたくさん挙がっていてテンションが上がりました☆
 やはり『薬園の魔女たち』はおもしろかったですよね……!

 両性こたつむり様、バトンを回して下さってありがとうございます☆
 わたくしはゲームというものをあまり、というかほとんどやりませんので、『ダイの大冒険』はタイトルだけしか存じ上げないのですが……
 フェニックスの赤! なんと光栄な☆
 それは、〆切を落とすかと見せかけて、ギリギリのところで不死鳥のごとくよみがえってくるという……!?(←もっと余裕をもって入稿したほうが良い・笑)
 近日中に、ぜひとも回答させていただきます☆

  
 さてさて、本日はこれからまた眠り、起きたら片付け再開&全時空融合プロジェクト確定作業!

 今回の作業で、少なくとも床が見える面積を20%くらいには増やしたいものですアワワ。

 下記事に拍手、ありがとうございました!!

 それでは、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

4月19日  I did it!!

2011年04月19日 18:57

 下記事で申しておりました原稿は、本日、無事に入稿して参りました~!!

 実は、下記事で騒いでいた17日中には結局書き終わらず、しかも、それまで書いていた7頁ぶんがどうにも気に入らなかったので潔く抹消し、そこから一気に20頁ぶんを書き上げるという荒業を行ったのでした(笑)

 これがアリナ◎ンの力……!!(←ドーピング)

 これで、創作活動的には、再び全時空融合プロジェクト完結に全力を注ぐことができます!!

 がんばるぞ~!

110410_082721.jpg

 地上の庭に咲いておりました、イチゴの花☆

 毎年、小指の先ほどの実しかつけないのですが、季節を感じさせる存在として、地上の庭ではたいへん愛されておりますよ☆

 さらに、

0415_072218.jpg

 最近、地上でよく見る光景!

 ハボタンが育ちすぎた図。

 明らかにアブラナ科の特徴を備えておりますね!

 
 そして以下、私信アリュールオムスポーツ!(←香水)

 良夜さま、バトンキャッチありがとうございます☆
 まさかまさかの戦場シリーズ!
 何か、壮大な物語が広がってゆく予感っ……!!
 ノーラッド中尉の机が乱雑なところにたいへん萌えました☆(←萌えのツボが謎なアウローラ)
 エリートの若者と叩き上げの年長者という構図にも萌えですフフフ……☆
 素敵なSSをありがとうございました!(拝)
 
 
 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 また次回の記事で、お目にかかりましょう!!

4月17日 名にし負う混み具合!!

2011年04月17日 10:38

 昨日は、10番ゲートの一族たちと共に、惑星アース日本地方オーサカ・シティにおける春の風物詩、『造幣局の通り抜け』に行って参りました!

 造幣局とは当然、コインを製造している機関なわけですが、なぜその敷地を「通り抜け」るのかと申しますと……

110416_155809.jpg

 満開の桜が見られるからですよ!!

 入場料は無料。

 いつもはナイターもあるのですが、今年は自粛ということで、公開は5時まで。

 多種多様な桜が、まさしく百花繚乱!

 八重桜が多く、華やかな雰囲気を楽しむことができます。

 しかし!!

110416_155355.jpg

 人、多ッ!!!

「桜の数より人間の数のほうが多い」

「もはやこれは花見ではない、人見だ」

 等のコメントが毎年聞かれる混雑ぶり。

 立ち止まると警官の方々&警備員さんたちからの指導が入るので、まさしく「通り抜け」です(笑)

 しかし、あの桜たちの競演――まさしく「妍を競う」という表現がぴったり――は、確かに、一見の価値はあると思います!

110416_130318.jpg

『造幣局の通り抜け』に突入する前には、大川の川辺でマク◎ナルドを齧りながらダベっておりました☆

 対岸から眺める桜もまた良いものです!

 そういえば高校の修学旅行でも、同じようなメンツで、小樽の海を眺めながらダベっていたな……!(←変わらない一族のノリ)

 良き花見でございました☆


 そして以下、私信チェリーブロッサム!!(←桜☆)
 
 庵さま、またまたケイカ(←字が……)の季節がやってきましたねっ……!
 あれからもう一年近くが経ったと思うと、時の流れの速さにびっくりです。
 もしも都合が合いましたら、ぜひ今年もご一緒させていただきたいところですっ……!
 
  
 ――さあ、今日はこれから、19日〆切の別活動の原稿を死ぬ気で終わらせなくてはなりません!!

 今日、終わらなければ、今回の原稿は落ちる……!!

 それだけは断固阻止する方向で、がんばって参ります!


 下記事に拍手、ありがとうございました☆

 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!(拝) 

4月15日 バトンへの回答!

2011年04月15日 22:36

 業務上の飲み会より帰還!!

 ウイスキー系(ハイボールやらオンザロックやら)ばかりを飲み続けていたためか、酔い具合はだいぶ爽やかです☆

 やはりわたくしの体質には、蒸留酒のほうが合っているようですね!


 まあそれはどうでも良いとして、以下、私信インストゥルメンタル!!(←音楽?)

 ツナ様、拍手メッセージ、ありがとうございました!
 そして、バトンキャッチ宣言ありがとうございます☆ 
 期せずして児童文学系が多くなりましたが……ツナ様の回答が楽しみです!
 同じ本を読んだ方がどんな印象を受けるのかには、興味が尽きないところです☆
 
 両性こたつむり様、バトンを回してくださってありがとうございましたっ!!
 早速、以下に回答させていただきました!
 完全に酔っ払いの産物(……)ですが、ご嘉納いただければ幸いでございます(笑)
  

もの書きさんバトン2

【条件】
 1.物書きさんじゃない方の回答は認めません。
 2.包み隠さず、正直に話して下さい。
 3.最後の質問は、各自でお題を決めて次の人に回すこと。
 4.最後は五人にバトンを回すこと。

01. あなたのお名前を教えて下さい(HNで結構です)

 キュノ・アウローラと申します☆

02. 執筆歴は何年?

 十数年……むにゃむにゃ(←伏せれてない)

03. 何がきっかけで小説を書き始めました?

「おはなし」自体は小さい頃からノートに書いていたのですが、他人に見せようと思い立ったのは『ルナル・サーガ』という小説に出てくる「物語の神」の教えに触れてからです。

04. 最初に書いた小説は、どんな話ですか?

『林間学校 大そうどう』
 覚えているかぎり、まともに「書いた」物語の中では最初の作品です。
 これよりも前には、妹や友人たちを聴衆とした「語り」の時代が……! 

05. 好き、または得意なジャンルは何ですか?(ファンタジーや推理小説など)

 色々書いておりますが……ファンタジー的な要素が入ることは多いですね。
 とにかく「笑いと恋とバトルと謎」の4つは入れたい! といつも思います。

06.NL ・BL・GL、どれが一番好きですか?

 物語として書く上では、BLかな……!
 もちろんNLも書きますが。
 GLは、書けないこともないと思いますが、特に書こう! というウエーブが来たことはないですね。

07. 小説を書く際によく使う人称は?

 三人称が多いです。
 物語によっては一人称もありますね。

08. 小説を書く際にプロットは立てますか?

 一気にストーリーの流れが見える「降臨」が起こってから書き始めることが多いのですが……それは、プロットを立てるうちに入るのか……!?

09. 小説を雑誌等に投稿したことはありますか?あるのなら、その時の評価は?

 一度だけあります! 結果は、予選通過ならず……残念!

10. 携帯・パソコンに入力しますか?それとも紙に書きますか?

 PCです。そのほうが圧倒的に速い!

11. 大人な文章、書いたりします?

 それは……いわゆる18禁というやつで……!?(←そうかな)
 書きますよフフフ☆

12. 主人公のタイプはやんちゃ派?それともクール派?

 両方おりますよ!
 やんちゃ派代表選手は、5番ゲートのギア・ロック捜査官!
 クール派代表は、2番ゲートのレオニダス隊長で☆

13. 逆にヒロインのタイプは元気っ娘派?それともおとなしい、またはお姉さん派?

 間違いなく、元気っ娘派ですね!
 アニータさんしかり、フェリスさんしかり、桜花さんしかり……!

14. 凸凹コンビって好きだったりします?

 別に身長的な意味ではないですよね……?
 お互いに、一方の不足を他方が補う、という意味でなら、そういうコンビは大好きです☆

15. 脇キャラにするならどんなキャラが良いですか?

 それはまあ……必要に応じて!

16. 文章中に記号や絵文字を使ったりします?

 キャラクターによっては「~」や「☆」が台詞の中に登場します。
 地の文では、ほぼ使いませんね。

17. 基本的に貴方の文章は長い?短い?

 長いほうだと思います。

18. 小説のネタはどんな時に浮かびますか?

 PCの前に座っているとき、布団の中にいるとき、道を歩いているとき。

19. 貴方にとって小説とは何ですか?

 人生の半分!! 

20. 【たんぽぽ】をお題にして500 文字以内でSSを作って下さい。


--------------------------------------------------------------------------------
【たんぽぽ】

 不意に、自分が先程から10分近くもたんぽぽの花を見つめていたことに気付き、Sは驚いた。
 たんぽぽの花だ。
 塹壕でずたずたに切り拓かれ、迫撃砲による攻撃と軍靴に蹂躙された、この前線に。
「たんぽぽ酒」
 横から、Wが呟いてきた。
 同じ花を見ていたらしい。
 相変わらず唐突な奴だ。何だ、たんぽぽ酒って。
 ヘルメットをずらしてそちらに目を向けると、Wは、いつも通り真剣そのものの表情でたんぽぽの花を見つめていた。
「……何だって?」
「たんぽぽ酒」
「酒か?」
「酒に……あの」
 銃を抱いたごつい手を不器用に胸の前で動かして、
「……うん」
 勝手に納得した。
「ビフテキが喰いたいなあ」
 Wの向こうからМが言う。会話もくそもない。
「そんなもんはもうこの世に残ってねえよ」
 塹壕の底に座り込み、壁に背を押し付けたSには、同じ姿勢をとっているМの顔は見えなかった。Wがでかすぎる。
「母さんのたんぽぽ酒が飲みたい」
「うわ、おまえがまともに喋ったの久しぶりに聞いた」
 Мの妙に嬉しそうな声にかぶせるように、遥か彼方から、不吉な震動が背中に伝わってきた。
 男たちの顔から表情が消えた。
 いよいよだ。
 くそったれた祖国とたんぽぽ酒とビフテキのための戦いが始まる。


--------------------------------------------------------------------------------
 

21. このバトンを回答が聞きたい5人の物書きさんに回して下さい。

 ではSSの指定は【卵】で、フリーとさせていただきます☆  

 
 ……たんぽぽSSは、ジャスト500文字になりました(笑)

 ちなみにSはスタイルズ、Мはマクダレン、Wはウッドリーという名前だったのですが、戦争という状況の非人間性を表現するために敢えて記号的なイニシャルを用いてみました――

 というのは完全に後付けの理由で、実は文字数が足りなかったために、急遽、それぞれ一文字ずつで済むイニシャルに変更したのでした(笑)

 両性こたつむり様、面白きバトンを回して下さって、本当にありがとうございました~!!(拝) 


110415_072153.jpg

110414_072028.jpg

 路傍のヒナゲシ!

「雛罌粟」と漢字で書くと、もはや何だか分かりませんね☆

 下記事に拍手、ありがとうございました!

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆

4月13日 ほとんど復活、グランド・ギャラリー!!

2011年04月13日 21:20

 一度、展示品がことごとく吹っ飛んだかに思われたグランド・ギャラリーですが、どうやら、9割方復旧されたようですっ!!

 まだちょっと分類がおかしいところもあるようなのですが、鑑賞していただくにあたっては、さほどの差し障りはないかなと……!

 良かったですね、ボレアルくん!

ボ「はいっ! これも毎晩、物語の神に祈りを捧げたおかげですね!」

 いやはや、本当に良かったですよ……☆

110413_072058.jpg

 目にも鮮やかな色彩の、フリージアの花!

 春は、色とりどりの花々から元気を分けてもらえますね☆ 

 
 そしていきなり私信ですが、雌仰さまああぁぁ!
 小説風文章、めっちゃ良かったですよおおおおお!(興奮)
 わたくしの大好きな主従もの☆
 語り手の静かな昂揚感が伝わってくるようでした☆
 きっと、あの後、お嬢様はその相手と結婚し、語り手は、お嬢様に従ってその家へ……
 夫となった人物は優しく非の打ち所のない男だったが、お嬢様はやはりかたくなに他人行儀な態度を貫き――
「私はこんなに彼女を愛しているのに、彼女は心を開いてくれない。どうしたらよいだろうか」と相談をもちかけられた語り手の心のうちでは、夫に対する嫉妬の念と、自分だけがお嬢様の心の秘密に触れたことがあるという優越感が複雑に入り混じるのであった――!!(←捏造にも程がある)
 あまりにも素敵なお話だったので、妄想が渦巻きすぎて大変でした☆
 素晴らしき物語をありがとうございました~!!(拝)

 
 さてさて、本日は以下に「読書家専用バトン」への回答を展示!

 読書の春☆(←ちょっと違う)

 下記事に拍手、ありがとうございました!!

 それでは皆さま、また次回の記事で、お目にかかりましょう☆ 

 今日のかたづけ : 古服をゴミ袋ひとつぶん廃棄!

バトン

Q1 思い出せる範囲での一番最初に読んだ本(絵本を除く)
A1 ルース・スタイルス・ガネット 『エルマーとりゅう』
Q2 なんども読み返した本
A2 アレクサンドル・デュマ 『三銃士』
Q3 一番好きな本(単発)
A3 ミヒャエル・エンデ 『はてしない物語』
Q4 一番好きな本(シリーズ)
A4 アーサー・コナン・ドイル 『シャーロック・ホームズ』シリーズ
Q5 感動した本
A5 ミヒャエル・エンデ 『モモ』
Q6 泣けた本
A6 川上未映子 『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』収録の「わたしはゴッホにゆうたりたい」がピンポイントで。
Q7 役に立った本
A7 鈴木淳子 『断捨離アンになろう!』……部屋の片付けの助けになりました。
Q8 正直、微妙だったけど最後まで読んだ本
A8 マイケル・ムアコック 『メルニボネの皇子』……なぜか文体があまり肌に合いませんでした!
Q9 序盤で挫折した本
A9 『指輪物語』は小学校高学年で初めて読み、1巻の半ばで挫折して、中学生になってから最後まで一気に読みました。
Q10 友達にすすめたことのある本
A10 中学校時代、本を読まなかった友人に、樹川さとみ 『楽園の魔女たち』をすすめてラノベ好きにしてしまいました☆
Q11 好きな作家
A11 ミヒャエル・エンデ先生。
Q12 ミステリー・サスペンスで好きな本
A12 『シャーロック・ホームズ』シリーズ
Q13 ファンタジーで好きな本
A13 アーシュラ・ル・グウィン 『ゲド戦記 影との戦い』
Q14 日本文学で好きな本
A14 文学!? ……清少納言 『枕草子』ですね。
Q15 ノンフィクションで好きな本
A15 佐々淳行 『連合赤軍「あさま山荘」事件』
Q16 映像化された本
A16 同上。
Q17 自分に影響が出た本
A17 友野詳 『ルナル・サーガ』
Q18 読んだあと、いい気分になった本
A18 ヒルダ・ルイス 『飛ぶ船』
Q19 夜寝れなくなった本
A19 ダン・ブラウン 『ダ・ヴィンチ・コード』
Q20 今読んでいる、これから読みたいと思ってる本
A20 紫式部 『源氏物語』



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。