スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の「バトンへの回答」!

2015年07月17日 20:32

 本日、わたくしの地上の活動圏内では、幸いにも台風による大きな被害はありませんでした。

 というか、警報が出る中、普通にフル業務でした……

 まあ、滞りなく業務が行える状況であったということ自体に、感謝せねばなりませんね。

 
 そして、私信返しですが――

 両性こたつむり様! コメントありがとうございました☆(拝)
 昨日のうちに訂正は完了していたのですが、御報告が遅くなりました……!
 フォントなどが変わることによって、原稿をいっそう客観的に見ることができるようになり、今まで気付かなかったミスに気づく……ということは、わたくしにもよくあります。
 ブログでは『イオリア物語』が進展していますね。
 理音さん……大丈夫なのか!?
 ドキドキハラハラの展開に、目が離せません!
 わたくしも、『スパルティアタイ』の物語を完全確定できるよう、がんばって参ります~!!
 

 ――そして!

 今回は久々に、バトンへの回答をつけてみました。

 物語の書き方にはそれぞれの流派(?)があり、人によってまったく考え方が違うところが面白いですね。

 他の皆さんのお考えも、ぜひ知りたいところです……☆


 というわけで、本日のところはこのへんで。

 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう☆ 

小説書きさんに聞きたい事バトン

Q1 小説を書く時に始めにする事は何ですか。
A1 PCの電源をつけてwordを立ち上げることです。――ん? そういうことではない?
Q2 プロットはどの程度まで書き込みますか。
A2 作品によりますが、プロットは脳内にとどめ、あまり出力せずにスタートした方が、その後の進みがいい気がします。
Q3 キャラの名前や設定はどうやって考えますか。
A3 完全に神託任せです。いつも、だいたい10秒くらいで決まります。
Q4 キャラのセリフや仕草などの書き分けのコツありますか。
A4 喋り方にせよ仕草にせよ、「癖」を持たせること。あとセリフの書き分けは一人称の違いに依ることも多いです。
Q5 一人称と三人称の書き分け方、地の文書く時に気を付けている事は何ですか。
A5 後半の質問に対して、「同じ表現が重ならないようにすること」「五感を意識すること」です。
Q6 情景描写や心理描写のコツや勉強法はありますか。
A6 いろいろな本を読み、豊かな表現に触れることです。わたくしは外出先にも常に本を持ち歩き、移動中に読んでいます。
Q7 やってはいけない事は何ですか?
A7 盗作、無断転載の類は厳禁です。
Q8 小説を書く時に自分なりの書き方、コツがあったら教えて下さい。
A8 寝る前よりも、寝た後に書いたほうがいいですよ!!
Q9 上手いなと思う小説を教えて下さい。
A9 同志の作品を推して蝉川夏哉さんの『異世界居酒屋のぶ』。随所にちりばめられたネタと中世の知識が楽しい! 何より、料理がおいしそうです☆
Q10 最後に一言。今まで書いた作品の一文でもいいので何か書いて下さい。
A10 色とりどりの宝石を深い水の底に沈めたように、街の灯が輝いている。 ――『ORDER‐OFFICE 101』の冒頭です!
スポンサーサイト

冬眠……!

2014年12月04日 21:36

 こんばんは! 地上が冬に入って、まるで冬眠しているかのような状況になっているアウローラです(汗)

 業務は年末に向けてさらに怒涛の度合いを増し、決して体調を崩すことなく無事にこの大波を乗り越えるためには、日々の休息が必要不可欠!

 ……というわけで、まったく物語が進められていない状況に焦りを感じつつも、わたくしが真の物語の巫女であるならば神託は下るときには下るであろうという謎の自信(?)にもとづき、日々、業務のあとにはゆっくりしているアウローラでした……。

 冬はすべてが眠りにつく季節なのだから仕方がないむにゃむにゃむにゃ……(眠)

 しかし、寝てばかりでもアレですので、下に久々のバトンへの回答を展示!

 この「バトン」というのも、既に懐かしい響きですね。

 とりあえず、そのようなわけで、今日のところはこのへんで!

 下記事に拍手、ありがとうございました☆(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!!

香りバトン

Q1 好きな香りを教えて!
A1 花の香りではやはりバラ。金木犀、梔子、梅も大好きです。ハーブの香りも好きですよ。
Q2 苦手な香りは?
A2 アルデハイド系が強い女性用の香水を、自分でつけたときの香り。(他人のほのかな香りは好きです)
Q3 冬を感じる香りって?
A3 ヒイラギの白い花の香り。
Q4 好きな洗剤・柔軟剤の香りある?
A4 いいえ。洗剤や柔軟剤には、こだわりはありません。
Q5 この香水の瓶が素敵!というのがあれば教えて!
A5 ゲランの「シャリマー」の瓶のシェイプがとても素敵です。
Q6 この香りを嗅ぐと思い出すこと、というものはありますか?
A6 ペンハリガンのとある香水は、お祖父さまを思い出す香りです。…いえ、健在ですけどね!!

ウエーブが凪状態に……

2014年08月08日 20:53

 下記事では「時速1500字!」と意気込んでいたアウローラですが、あれからウエーブがびっくりするくらい凪状態に入り、冗談抜きで1行も進んでいません(汗)
 
 何を書けばいいかは全部決まっているのですが、そして下書き? までできているのですが、驚くほど書く気が起こらない……

「仕事」ではありませんし、誰かに頼まれたわけではなく自主的に取り組んでいる原稿なので、書かなくてはならないわけではないのですが、原稿を落とすというのはわたくしの時空確定者としての沽券に(個人的に)かかわるので、何があっても〆切には間に合わせたいと思います!

 これはThe question of honor――名誉の問題です……!

 
 とはいえ、〆切を守るというこだわりのために無理やり字数を稼いだだけの物語であれば、読んでいても何も伝わってこないと思うので、自分の気持ちをいかに神託受信モードにうまくシフトするか? ということが大切ですね。

 よくスポーツ選手の方などがメンタルをコントロールすることの大切さを語っていらっしゃいますが――背負っている重圧のレベルがまったく違うとはいえ――凄く共感できるところです。

 やらなければならないことと、期日は決まっている。

 問題は、自分のメンタルをそこで最高潮になるように持っていき、ベストの力が発揮できるかどうか? ということです。

 がんばります!

  
 そして何の関係もなく、下に植物バトンへの回答をおいておきます(笑)

 植物に興味のある方もない方も、よろしければぜひ拾ってみてくださいませ☆

 下記事に拍手、また私信返し、ありがとうございました~っ!!(拝)

 では、また次回の記事で、お目にかかりましょう!

植物バトン

Q1 植物を育てたことはありますか?
A1 ありますよ! だいたい毎朝、ギンコさんの庭に生えている色々な植物の世話をしています☆
Q2 部屋に植物おいてますか?
A2 部屋には置いていません。夏、無人のときに凄まじい暑さになりますし、日当たりがよくないので。
Q3 好きな植物はありますか?
A3 芳香のある植物が好きです。花なら沈丁花、金木犀、バラなど。葉ならタイムや月桂樹など。
Q4 今まで見た中で一番珍しい植物はなんですか?
A4 人生でまだ一度しか見たことがない……という意味では「ハナイカダ」ですね!
Q5 綺麗な花が咲く植物、美味しい実がなる植物、育てるならどっち?
A5 花が咲く植物。わたくしにとって身近な植物の存在意義は、実用ではなく「無用の用」です。
Q6 なにか植物に関する豆知識を知っていますか?
A6 古代ギリシャでは相手を讃えるときに「タイムの香りがする」という言葉を使ったそうです。
Q7 植物に名前をつけるとしたら何とつけますか?
A7 アウローラという単語を入れたいですがラテン語の知識がないので活用?の仕方がわかりません。
Q8 植物に関する仕事をしたことがありますか?
A8 いいえ。経験豊富なプロフェッショナルの方々の知識と技に憧れます!

『帝国魔術学院!』 9 ディア

2014年07月08日 20:01

 とうとう(?) やって参りました、『帝学!』人物紹介の、9人のうちの9人目!

 あと教官たちが残っていますが、そこはまあ、おいおいで(笑) 

 9人目のディアは、見た目がコワいのが難ですが、彼は見た目だけでなく、中身も怖いです……

 そんな彼が、自分自身の変化を自覚するのが3-2番ゲート『帝国魔術学院! バーサス・エグザミネイション』ですよ。


 では、ともあれ紹介、いってみましょう――!


120518_211835.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 ディア。
   名字は誰も、本人さえも知らない。

Q2 性別

 A2 男性。

Q3 年齢

 A3 不明。多分、18歳くらい。

Q4 人種

 A4 人間。出身地は不明。

Q5 容姿

 A5 銀髪。アイスブルーの目。
  にやにや笑いをかたどった白い石の仮面で顔を覆っており、素顔を見たことがある者は学院内にはいない。
  中背で痩せており、体つきは鞭のように引き締まっている。
  黒い、ぴったりとした服を着ている。
  
Q6 一人称

 A6 俺。

Q7 性格

 A7 他者と深く交わることを嫌う。
   常に冷静であるように訓練を受けてきたため、激昂することは滅多にない。

Q8 癖

 A8 気配を消して行動し、常に音もなく人の後ろをとる。
   食事のときや眠るときは、周囲に他の人間がいない場所を選ぶ。
   
Q9 口癖

 A9 ほとんど喋らない。
   稀に口を開いても、低い声でぼそぼそと1、2語喋るだけ。

Q10 特技

 A10 ダガー(小型の刃物)の投躑は百発百中。
    他にも様々な「暗器」を使いこなす。
    指先から光の針を撃ち出して相手を倒す魔術を得意とする。

Q11 長所

 A11 与えられた任務はどんな手段を使っても必ず遂行する。
    我慢強く、粘り強く、どんな困難な状況になっても決して諦めることをしない。
    
Q12 短所

 A12 他人に無関心で、冷淡。
    必要性(上からの命令など)がなければ、他人と協調するということをしない。
    
Q13 弱点(欠点)

 A13 暗殺結社『格子の館』出身であることから、その総長の命令は彼にとって絶対で、逆らうことができない。
    厳しい訓練によって感情の起伏を捨て去り、いかなる状況でも平静でいられることを自負してきたが、最近アニータのことがどうしても気になる。

Q14 ポリシー

 A14 この世に意味を持って存在するものは「主」と「自己」と「標的」のみ。

Q15 キャラになりきって一言!

 A15 「………………」
    暗殺者は、名乗らないものだそうです。
    死にゆく者には名乗りは無用、ということで――(怖)

Q16 楽しかったですか?

 A16 ありがとうございました☆

『帝国魔術学院!』 8 ベルチェ・ソルディール

2014年07月07日 21:07

 今回もまた、『帝学!』からの人物紹介コーナーです☆

 今日の「ベルチェ」で生徒の8人目まで来ましたので、あと「ディア」で9人全員が揃います…… 

 今回登場するベルチェは、ルークと仲が良く、まさしく「凸凹コンビ」という感じです。


 ――というわけで(?) ふと思い立ち、『帝国魔術学院!』における、バノット教官門下の9人の交友関係を「自由時間に、よく一緒にいるグループ」ごとに整理してみました。

 あらためて整理したのは初めてだったので、なんか新鮮でした(笑)


グループ1 … アニータ、ミーシャ、エルナ

 女子チームです。女子寮で同室なので、結果的に一緒にいる時間が長く、それぞれ性格は全然違うのですが仲は非常にいいです。
 アニータが来るまでは、女子はミーシャとエルナの2人だけでした。
 その頃はエルナが今よりももっと暗く静かな人だったので――そのへんの事情は未確定の時空『エルナとその母』編にて語られるのですが――あまり一緒に行動するということはなく、女子3人で集まるようになったのは最近です(3-2番ゲートの時空では、すでにその状態になっています)。
 とはいえ「一緒にトイレ行こう」的なべたべたした仲ではなく、それぞれが自分の研究テーマを追ったり稽古に励んだりする時間を大切にしており、ときどきみんなで集まって楽しく息抜きをしている、という感じです。
 
グループ2 … アラン、フィル

 よく《一の庭》の大木の上と下(←アランが枝の上、フィルが芝生)で和んでいる2人です。
 フィルが来るまでは、アランひとりで鳥とたわむれながら和んでいることが多かったのですが、そこへフィルが入学して加わりました。
 アランは、雄弁なフィルからいろいろな人間社会の話や物語を聞くのが楽しく、フィルは、アランがよき聞き手となってくれるので楽しいという、需要と供給がうまく一致したコンビになっています。

グループ3 … ルーク、ベルチェ

 初等部にいた頃から、腕っ節の強いルークが、絡まれやすいベルチェを庇う……というパターンでよく一緒にいた結果、仲良くなりました(笑)
 ルークは昔はベルチェを少しでも鍛えようとして「特訓だ!」などとやっていたのですが、どうもそれは無理らしいということに気付き、最近は控えています。
 2人で何かをしているというより、ルークが格闘技の自主練習をしている側で、ベルチェは絵を描いたり資料を読んだり(←幻術にリアリティを出すための研究)していて、その合間にときどき喋る、というパターンが多いです。

単独行動1 … ライリー

 学院内を歩き回って情報収集をしたり、お茶にするためのハーブ園の世話をしたり、舞踏の練習をしたりと、ひとりで趣味に没頭していることが多いです。
 しかし舞踏の練習は教室でしているので、教室で過ごしている他のメンバーとはよく話しています。
 また、新しいお茶のブレンドを開発すると皆を呼んでふるまうなど、人付き合いが嫌いなわけではありません。

単独行動2 … ディア

 だいたいいつも、屋内練習場で自主練習をしているか、どこか人知れぬ場所で自主練習をしています。
 よほどの必要がなければ、話しかけられない限り――時には、話しかけられても――誰とも喋りません。
 他人と深く関わることを嫌いますが、実習で組むなど、必要性があるとなれば不平を言わず100%の力を出します。
 男子寮に自室があるのですが、部屋には帰らず、いつも違う場所で野宿のような形で眠っています。


 ……だいたい、こんな感じです。

 しかし、基本的には全員、仲が良く――というか、互いが互いをリスペクトしており――、ひとたび事件(!?)が起これば、それぞれの持ち味をいかして一丸となって事に当たることができるのが、この9人の素晴らしいところですね。


 では、以下に、あらためてベルチェの人物紹介を――!!


120524_233108.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 ベルチェ・ソルディール。

Q2 性別

 A2 男性。

Q3 年齢

 A3 17歳。

Q4 人種

 A4 人間。リオネス帝国人。

Q5 容姿

 A5 色の薄い金髪、淡い青の目。頬がこけていて顔色が冴えず、見るからに虚弱な感じ。
   背丈はルークと同じくらいだが、ウエイトはルークの半分くらいしかないのでは? というくらいひょろひょろ。
   いつも青灰色のローブを着ている。

Q6 一人称

 A6 僕。

Q7 性格

 A7 怖がり、気弱、控えめ。相手に強く言われると断れない。
  だが「演劇」に関してだけは別で、芝居関係のこととなると性格が豹変し、情熱的なワンマンぶりを発揮する。

Q8 癖

 A8 みんなで集まるときは、輪の端っこか後ろなどの目立たないポジションに陣取る(←落ち着く)
   極度に追いつめられると「……うう。」と唸ってばったり倒れる。   

Q9 口癖

 A9 話すとき、焦ると、言葉がつっかえることが多い。
   それを自覚しているので、ゆっくり喋る。

Q10 特技

 A10 幻術。見た目だけでなく、相手の嗅覚、触角などにまで訴えかけることもできる。
   その能力は、幼い頃から帝都随一の劇場《月夜の夢》座で、視覚効果主任をつとめていたほど。

Q11 長所

 A11 演劇や幻術に対する深い造詣と情熱。
    演劇の歴史(何年に~座で○○が上演された、など)に精通していることと関連して、歴史的な出来事や、当時の社会情勢に詳しい。

Q12 短所

 A12 とにかく度胸がなく、ちょっと驚かされただけでも卒倒するレベル。
    控えめすぎて、自分の意見があっても、なかなか言えない。
    (演劇のこととなると話は別) 

Q13 弱点(欠点)

 A13 肉体的に非常に虚弱。ちょっと長い坂をのぼったら、坂の途中で行き倒れるほど。
     腕力もまったくない。やったことはないが、殴り合いのケンカをしたら間違いなく9人の中で最弱。
     戦技訓練では、いつも、エルナ、ミーシャとともに特別メニューを課されている(←他のメンバーのレベルについていけないから)

Q14 ポリシー

 A14 舞台の上に、全てがある。

Q15 キャラになりきって一言!

A15 「あっ……ど、どうも、はじめまして……
 帝国魔術学院《暁の槍》の、ベルチェ・ソルディールです……」

Q16 楽しかったですか?

A16 ありがとうございました☆


※下記事に拍手、ありがとうございました~っ!(拝)

『帝国魔術学院!』 7 ライリー

2014年07月06日 02:01

 夜中におはようございます、アウローラです☆

 昨日は、夕方5時ごろに眠くなって「ちょっと横になろう」と思ったら、次に意識を取り戻したときには夜中の1時でした(笑)

 疲れが出ているのか……

 いや、単にアードベッグ(←アイラ島のウイスキー)を飲み過ぎたからという可能性も……(汗)

 ショットグラスに(なみなみとはいえ)1杯ですから、飲み過ぎたというほどでもない気がしますが。

 第一印象が病院の待合室みたいな味わい(←正体はピートの香り)のアードベッグですが、それが何ともクセになる感じで、とうとう量り売りで少量をいただくのではなく、普通のサイズの瓶で買ってきてしまいました。

 ひと瓶5000円ほどと高めですが、素敵なホテルのバーでちょっと飲んで食べたら1回でそれくらいはしますから、コストパフォーマンスは良いはず!(←と、いつも言っている)

 一気に大量に飲むものではないので、ひと瓶買ったらしばらくのあいだ楽しめるのも、ウイスキーの良さのひとつだと思っております。

 飲み方はいつも――村上春樹『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』に倣って?――ストレートかトワイスアップ。

 上等な蒸留酒はみんなそうですが、ストレートで飲むときには、古代ギリシャ人のいう「アイテール(エーテル)」が喉を通っていくような気になります。

 液体というよりも、熱く輝く気体を飲んでいるような感じ。

 一度「蒸発」という過程を経た飲み物なのですから、この印象も何となく納得がいく気がします……


 さて、そんなこんなで、今回も『帝学!』からの人物紹介!


120521_194344.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 ライリー。
   皆には隠しているが、正式な名はライリオン・エケル・ウィンダム・ガネシア。
   本人はライリーという名について「まあ偽名ですがね」と言うが、偽名というより単に略しただけ。

Q2 性別

 A2 男性。

Q3 年齢

 A3 20歳。

Q4 人種

 A4 人間?
   西の強国ガネシアの第5王子。

Q5 容姿

 A5 伸ばした銀髪を後ろになでつけ、束ねている。
    目はいつもにこやかに細められており、虹彩の色がよく分からない。
    すらりとした体格。飾り気のない灰色のローブを好んで着る。

Q6 一人称

 A6 私。

Q7 性格

 A7 王族らしい鷹揚さを持っており、あまり物事に動じることがない。
   一方で、策士であり、シビアな一面もある。

Q8 癖

 A8 時間やスペースの空きを見つけると、趣味の舞踏の練習を始める。

Q9 口癖

 A9 「はっはっ」と笑う。
   語尾に「~ですな」と付ける。

Q10 特技

 A10 巨大なウォーハンマー型マジックアイテム《ジークの鉄槌》を振り回して戦う。
    飛行の魔術を自在に使いこなす。
    美味しいお茶を淹れる。

Q11 長所

 A11 情報通で、各クラスや諸国の情勢に詳しい。
    礼儀正しい。
    いざという局面で、どっしりと腰が据わっている。

Q12 短所

 A12 それどころではないだろ、というときにお茶会を始めようとするなど、マイペースすぎる。
    本来は大ごとなのに、本人だけ「大したことではない」と思っているなど、常人とは感覚のズレがある(←このへんの感覚がフィルと似ている)。

Q13 弱点(欠点)

 A13 弱点らしい弱点はない。

Q14 ポリシー

 A14 まずはお茶でも淹れましょう。

Q15 キャラになりきって一言!

A15 「はっはっ。お目にかかれて光栄ですな。
 私は帝国魔術学院《暁の槍》より参りました、ライリーと申します。まあ偽名ですがね」

Q16 楽しかったですか?

A16 ありがとうございました☆

『帝国魔術学院!』 6 フィル・グランバルト

2014年07月04日 22:02

 本日も『帝学!』人物紹介シリーズです!

 今回は、下記事で予告しておりました、フィルの出番ですね。

 ちなみに彼はバノット教官門下の9人のうち、メンバーに加わるのが最も遅く、アニータよりも後に学院にやってきます。

 帝国魔術学院には「初等部」と「高等部」があり、「エグザミネイション」を突破した者だけが高等部に上がれるのですが、メンバーの中でアニータとフィルだけは「外部から高等部への編入」組なのでした。

 
 120521_212434.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 フィル・グランバルト。

Q2 性別

 A2 男性。

Q3 年齢

 A3 19歳。

Q4 人種

 A4 人間。リオネス帝国人。

Q5 容姿

 A5 金髪を襟足で切っている。
  親が決めた結婚を嫌って実家を出奔した際、父親と激闘を繰り広げ、その際に髪を切られた。
  帝国の貴族の成人男性は通常、髪を伸ばすが、以来、実家との決別の意味で髪を短くしている。
  青い目。華美な服装を好む。

Q6 一人称

 A6 私。

Q7 性格

 A7 大げさで、キザな振る舞いをしたがる。
   物事を取りまとめたり、場を仕切ることが好き。

Q8 癖

 A8 前髪をはらう。
    初対面の女性に対しては必ず何かしらの口説き文句(?)を言う。
   
Q9 口癖

 A9 「ふっ」と笑う。
   語尾に「~ですな」と付くことが多く、ライリーと口調が似ている。

Q10 特技

 A10 突き技を重視するデュランダル派の剣術(フェンシングのようなもの)。
    召喚術の腕前は、学院随一。

Q11 長所

 A11 非常にポジティブ。だいたいのことは「何とかなる」と考える。
    騎士道精神に厚く、弱いものに優しい。

Q12 短所

 A12 言動がとにかくキザで、相手によっては嫌みと取られかねない。
    他人の怒りに無頓着。相手が怒っているのに朗らかに対応し、火に油を注ぐことあり。
    
Q13 弱点(欠点)

 A13 元・婚約者のエステファニア嬢のことを気にかけており、彼女が幸せな結婚をするまでは女性と付き合わないという誓いを立てている。

Q14 ポリシー

 A14 誇り高く、美しく!

Q15 キャラになりきって一言!

A15 「ふっ。お初にお目にかかります。
  私は帝国魔術学院《暁の槍》のフィル・グランバルト。
  以後、お見知りおきを」

Q16 楽しかったですか?

A16 ありがとうございました☆

『帝国魔術学院!』 5 アラン=スウィフトアロー

2014年07月03日 21:41

 今日もまた、『帝学!』からの人物紹介です☆

 この方々が(もっとも初期の状態で)生まれたのは、わたくしがまだ小学生のときでしたから、気分的には、もはや「遠くで元気に暮らしている古い知り合い」のような感じがしますよ。

 ちなみに今回登場するアランは、明日登場する予定の「フィル」ととても気が合って、よく一緒にいます。

 性格は全然違うのですが、だからこそ、一緒にいて楽しいのかもしれませんね。

 ……下記事に拍手、ありがとうございました~っ!(拝)


120518_211749.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 アラン=スウィフトアロー。

Q2 性別

 A2 男性。

Q3 年齢

 A3 95歳。人間でいうと19、20歳くらい。

Q4 人種

 A4 エルフ。

Q5 容姿

 A5 金髪を伸ばして束ねている。みどりの目。
   クラス一の長身。教官のバノットよりも少し背が高い。
   頬の彫り物は、森を守る戦士の一族であることを示している。

Q6 一人称

 A6 私。

Q7 性格

 A7 誠実で優しい。
   いつも穏やかで、めったなことでは腹を立てない。

Q8 癖

 A8 常に帯剣している。銘は、魔剣《雷鳴の響き(サンダークラップ)》。
   大きな木があると、自然に登って枝にねそべり、くつろぎはじめる。
   
Q9 口癖

 A9 特に決まり文句はないが、口調がゆったりしている。

Q10 特技

 A10 エルフ流の剣術。魔剣の力を借りて雷を呼ぶ魔術。
    自然の様子からいろいろな情報を読みとる。

Q11 長所

 A11 決して嘘をつかず、友を裏切らない。 

Q12 短所

 A12 とっさの決断力に欠ける(←戦闘中は別だが、二者択一を迫られた場合などに迷ってしまう)
    
Q13 弱点(欠点)

 A13 普段は穏やかだが、一度キレると魔剣の力であたりかまわず雷を呼び、大きな被害を出してしまう。
    父であるフォレス大森林の戦士長セレイランに全く頭が上がらない。

Q14 ポリシー

 A14 すべての命はつながっている。

Q15 キャラになりきって一言!

A15 「……あ。私は、帝国魔術学院《暁の槍》の、アラン=スウィフトアローといいます。
    よろしくお願いしますね」

Q16 楽しかったですか?

A16 ありがとうございました☆

『帝国魔術学院!』 4 ルーク・リンドローブ

2014年07月02日 21:20

 今日も『帝学!』(←略した)からの人物紹介です☆

 紹介ついでに、久々に自分で3-2番ゲートの時空を訪れてみましたら、誤字・脱字、タグの打ち込みミスを何か所も見つけてしまいました……(汗)

 気づいたものは直したのですが、どうも、まだ残っているのではないかという疑念が拭えません(汗)

 そのときは気がつかないのですが、時間をおいて見直すと、いろいろ見えてくるのですよねぇ……

 恐ろしや!

 またしばらく寝かせてから、見直してみることにしましょう(汗)

 下記事に拍手、ありがとうございました~っ!(拝)


120515_232949.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 ルーク・リンドローブ。

Q2 性別

 A2 男性。

Q3 年齢

 A3 16歳。

Q4 人種

 A4 人間。

Q5 容姿

 A5 茶色の髪を刈り上げている。茶色の目。
    さほど上背はないが筋骨隆々の体格で、どこから見ても格闘家。
    服装はだいたいいつでも稽古用の胴着。

Q6 一人称

 A6 オレ。

Q7 性格

 A7 熱血でまっすぐ。細かいことは気にしない。
   短気。強い相手と戦うことが何よりも好き。

Q8 癖

 A8 力の加減なしに叩いたり握ったりして、よく物を壊す。
   大食いで、早食い。

Q9 口癖

 A9 「よっしゃあ!」など、よく気合いを入れる。

Q10 特技

 A10 格闘技。特に、打撃系。攻撃系の魔術。

Q11 長所

 A11 女子供にとても親切。
    鍛錬に打ち込むひたむきさ。

Q12 短所

 A12 揉め事を解決するために、しばしば腕力に頼る。
    怒るとすぐに口が悪くなり、相手を挑発する。

Q13 弱点(欠点)

 A13 勉強が大の苦手。特に「暗記」を要求される科目は壊滅的。
    いろいろなことについて記憶が薄く、人の顔や名前などもあまり覚えられない。

Q14 ポリシー

 A14 最強を目指す!

Q15 キャラになりきって一言!

A15 「よおっ! オレは、帝国魔術学院、えーと、《暁の槍》のルーク・リンドローブだ。
    よろしくなっ!」

Q16 楽しかったですか?

A16 ありがとうございました☆

『帝国魔術学院!』 3 エルナ・ファーネス

2014年06月30日 20:49

 今回も『帝国魔術学院!』からの人物紹介です☆

 今回登場するエルナさんは、3-1番ゲートの段階では出て来ず、3-2番ゲートになると急にいるのですが、実は、3-1番ゲートの時点(アニータが初めて学院に来た時)では、皇帝陛下からの任務を帯びて学院の外にいた……という事情があるのでした。

 ちなみにアラン、ベルチェ、ディアも同じ事情で、3-1番ゲートには登場しません。

 さらに、3-1番ゲートの物語と、3-2番ゲートの物語のあいだには、

『フィル入学編』
『エルナとその母編』

 という2つの物語が存在するという――

 全てを語り切るのにいったい何年かかるのだろうかという状態ですが、まあ、気長に取り組んで参ります(笑)

 下記事に拍手、ありがとうございました~っ!(拝)


120514_210624.jpg

 オリジナルキャラクター作成に役立つ?(かもしれない)バトン   

Q1 名前

 A1 エルナ・ファーネス。

Q2 性別

 A2 女性。

Q3 年齢

 A3 18歳。

Q4 人種

 A4 人間? 

Q5 容姿

 A5 白い髪を肩の上で切りそろえている。虹彩が赤い。
    肌の色が真っ白。 いつも赤い口紅をつけている。
    アニータとミーシャよりも長身。純白のローブを着る。

Q6 一人称

 A6 私。

Q7 性格

 A7 物静かで、初対面では近づきがたい印象を与えるが、意外とひょうきん。
    物事の判断が冷静で、容易に浮足立つことがない。

Q8 癖

 A8 動作がゆっくりとしていて、静か。

Q9 口癖

 A9 「くくくくく……」と、含み笑いをもらす。

Q10 特技

 A10 あらゆる系統の魔術を使いこなし、その実力は《白き死神》と恐れられる。

Q11 長所

 A11 クラスの「委員長」をつとめるほどの、冷静さと責任感、実力。

Q12 短所

 A12 静かに背後をとったり、いきなり姿を現して人を驚かせることがしばしばある。
    初対面の者にとっては、物言いや動作が不気味。
 
Q13 弱点(欠点)

 A13 本を読むことが苦手で、文字列を追っているとすぐに眠気に襲われる。
    直射日光が苦手で、晴天時はめったに外に出ない。
    肉体的に虚弱。環境の変化などで体調を崩しやすい。
    運動能力も低めで、肉弾戦には非常に弱い。

Q14 ポリシー

 A14 魔術に不可能はない。

Q15 キャラになりきって一言!

A15 「くくく……東の帝国魔術学院、《暁の槍》……エルナ・ファーネスよ。
    よろしくね……くくくくく……」

Q16 楽しかったですか?

A16 ありがとうございました☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。