スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりでございます!!

2017年04月01日 13:49

 こちらの日誌を開くのが久しぶりすぎて合言葉(パスワード)を忘れ、思い出すのにものすごく手間取っておりましたアウローラです!

 無事に思い出せて本当に良かった……(汗)

 相変わらずTwitterでぶつぶつと呟いている他、最近は色々とらくがきに凝っておりました。

 テーマ : スパルタの若き戦士

IMG_20170330_203911.jpg

 ……なんか筋肉マンかウルトラマンみたいになっちゃった。

『新しいメモ帳にスパルタの戦士を描こうと思ったら兜の形状が謎!
 何も見ずに記憶と雰囲気で描いたのがコレ。謎がいっぱいだ!
 ①この部位の形状及び傾斜は?
 ②眉毛は見える?
 ③ヒップーリンの付き方は?
 ④切れ目はどこまである?
 ⑤首のどこまである?
 ⑥幅と長さは?』

 ということで、博物館の図録や、古代ギリシャの壺の絵などを見て研究!

IMG_20170330_211626.jpg

 ……だいぶ良くなった。

 しかし、兜の上についている「馬のたてがみを模したフサフサの飾り」の形状がよく分からない!

 いや、形状は分かるんだが、それを斜めから見ると、どう見えるのか? どう描けばいいのか? それが分からん!!

IMG_20170331_201954.jpg IMG_20170331_202013.jpg

 メモ帳の紙で立体模型を自作してみた。(深夜に)

IMG_20170331_204853.jpg

 おお……作った甲斐があって、斜めから見たらどんなふうなのか、よく分かるッ!!

IMG_20170331_211613.jpg

 黙々と毛を描いた……(1本1本、手描きだ!)

IMG_20170401_012619.jpg

 飾りを立てる土台(?)をちょっと高くして、メアンドロス模様を描き込み――
 完成ッ!!

IMG_20170401_012619.jpg IMG_20170330_203911.jpg

 ビフォーアフター。

 我ながら進化が凄い!!(笑)

 まあ、こんな感じのことをしておりました。
 もちろん、物語もマイペースに語り続けておりますよ~!!

 というわけで、また、しばしのお別れ。

 下記事に拍手など、ありがとうございました~!(拝)
 次回の記事で、お目にかかりましょう☆
スポンサーサイト

地上はもはや二月!

2017年02月05日 09:40

※日々の状況は Twitter にて!

 ……と・いうわけで、地上はいつの間にやら二月!

 今年は、何だか近年になく寒い気がしたのはわたくしの気のせいでしょうか……?

 一月には熱を出してブッ倒れたり(←2日で復活できたが……) 喉が痛くて毎日マスクだったりと体調が微妙でしたが、立春を迎え、寒さと共に体調も少しずつマシになってきた気がします!
 
 物語方面では、古代スパルタの詩人志望の若者の奮闘を描く

『脳筋都市国家に飛ばされた男が「詩人」として成功するためのたったひとつの方法』

 を、じりじりと確定し続けておりますよ。

 現在、第4章4節「長老会」まで進んでいます!
 
 全世界でも多分1,2を争いそうなザ・体育会系集団スパルティアタイの中に放り込まれた、ひょろひょろの文系青年(詩人志望)の運命やいかに……!?

 
 ……は、庭のほうは、冬ということですっかり静まり返っていますが、山野草「ホトトギス」の芽が出てきたり、サザンカの実生が小柄ながらも元気に育っていたりと、日々、小さな発見があります。

 今回、初めてビワの花も咲きました! 白くて、いい香りがしていましたよ。

 これから春になれば、さらに色々な発見が見られるはず。

 それを楽しみに、もう少し、寒さに耐える日々を過ごして参ります~!

 
 前回の記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!

全職員集合! 2016年を振り返り、2017年の抱負を語る!

2016年12月31日 23:05

アウローラ「……皆さま……御無沙汰しておりますッ!!(拝)」

ボレアル「うわ!! アウローラさん、居たんですか!?
 最近全然日誌に出てこないから、どうなっちゃってるのかと思ってましたよ!!」

ア「いや、何と言うか、ほんとに申し訳ない……
 今年の2月にツイッターを始めたら、すっかりこちらの日誌の更新がおろそかになってしまいまして……(汗)」

ボ「いやまあ、同じことを二回書くのもあれですし……
 でも、肝心の物語の確定作業のほうは、どうなってたんですか!?」

ア「あ、それはバッチリです! 見て下さい、このリスト!

 古代スパルタ長編『スパルティアタイ』 8月完結

 現代短編『ママ、私がもう一度、つれていってあげる。』 8月完結

 近未来ポリスアクション『ORDER‐OFFICE 101』 10月完結

 古代スパルタ長編『脳筋都市国家に飛ばされた男が「詩人」として成功するためのたったひとつの方法』 第4章1まで連載中

 ふふふ……どうですか、この縦横無尽に時をかける仕事ぶり!!」

ボ「おお~!(拍手) 安心しましたよ! ターミナル管理責任者として、時空の確定作業は、ちゃんとしてたんですねっ!」

ヘリオス「オレたちが時空跳躍ゲートの大工事を行って、展示作業が簡単にできるようにしたぜ!」

ボ「あ、ヘリオスさん! ……そうか、いわゆる『外部の投稿サイトにリンクをはる』ってかたちでの展示にしたんですよね」

へ「ああ、でないと毎回、似たような作業を二回しなきゃならなくてタイムラグが発生してたんでな……
 面倒くさかったから、一本化した!
 アストライアと一緒に作業したからな、はかどったぜ」

アストライア「そうでしたわね。 あれが……地上で言う6月のことでしたわ。
 作業自体には、なかなか時間がかかりましたけれど、ゲートもすっきりとして、利用しやすくなったと思いますわ。
 まあ、昔から使っていた『◎番ゲート』という呼び名がなくなってしまったことは少しさびしいけれど、何事にも、変化はつきものですものね」

謎の老人「――おお、そうじゃ。変化といえば、アウローラくんは最近、古代ギリシャという時代に、より一層の興味を持っているようじゃのう?」

ヘ「うお、ジジイ! 元気だったか!」

「わしゃ、いつでも元気じゃ!」

ア「そうなんですよ! 『スパルティアタイ』を書き始めるずっと前から、なんとなく好きではあったんですけど、『スパルティアタイ』を書くためにいろんな資料を読むうちに、その奥深さ、面白さに、すっかりはまってしまいまして!
 今では執務室の本棚が一段と半分、古代ギリシャ関係の文献で埋まってます。」

ボ「うわぁ……」

謎「興味を持ったら一直線! のところは、今も昔も変わらんのう!」

ア「来年は、今、時空の確定作業を進めている『脳筋都市国家に飛ばされた男が「詩人」として成功するためのたったひとつの方法』を完結させたいですね!」

「長ェよ!!」

アス「どこからどこまでが、題名ですの?」

ア「どこからって……全部ですけど(汗) ともあれ、がんばりますよ!」

ボ「僕たちは、裏側からアウローラさんを全力でサポートしますからね!」

へ「オレは、メカニックで!」

アス「あたくしは、時空跳躍ゲートでのナビゲーションを!」

謎「ワシは、茶でも飲んでおる。」

「――仕事しろ!!」

「はっはっはっ」


ア「……まあ、ともかく、そういうわけで。
 皆さま、いつも物語の時空を楽しんでくださったり、拍手、またツイッターでの応援など、本当にありがとうございました。
 2016年、本当にお世話になりました!(拝)

全職員「2017年も、よろしくお願いいたします!!!(拝)」

地上は、はやくも12月!

2016年12月10日 13:38

 こちらの日誌の更新が滞って、広告まで出ておりました(汗) 危ない危ない……

 時空跳躍ゲートの改装もようやく済ませることができました。

『脳筋都市国家に飛ばされた男が「詩人」として成功するためのたったひとつの方法』
 第3章3「ただひとつのこと」
 まで、展示しております!

 体調が微妙によくなかったり、業務が忙しかったりと色々ありますが、物語を語ることだけは、決してやめられない……!

 今は古代ギリシャを舞台とした物語を語っている関係上、いろいろな文献を読んで勉強しているのですが、それがすごく楽しくて、ついつい寝不足になりがちな毎日です。

 最近は、古代ギリシャ語を音読することだけはできるようになりました☆(←たびたび間違ってるけど……)

 意味はまだほぼ全く分からないので、少しずつ学んでいきたいです!

 日々のあれこれはツイッターでぶつぶつ呟いておりますので、よろしければこちらから。

 
 地上はめっきり寒くなっておりますので、皆さまもお身体に気をつけてお過ごし下さい……!
 
 下記事に拍手、ありがとうございました☆(拝)

 それでは、また次回の記事でお目にかかりましょう~!!  

 

地上はもう11月!

2016年11月03日 22:59

 お久しぶりでございます! アウローラです(拝)

 地上ではもう11月でございますね! 光陰矢の如しとは、まさにこのこと……(震撼)

 で、私は最近どうしておったのかと申しますと、新作の物語を紡いでおりました!

脳筋都市国家に飛ばされた男が「詩人」として成功するためのたったひとつの方法

 ……タイトル、長ッ。

スパルティアタイ』や『古代スパルタにおける、ある乙女の略奪』と同じで、古代ギリシャの都市国家スパルタを舞台とした物語です!

 主人公は「詩人」志望の若者。

 果たして彼は、試される地・スパルタの洗礼を生き延びられるか!?

 がんばって語って参ります~!

 今度、ターミナルのメインゲートも開通させておきますよ!(←まだだった・汗)

 
 というわけで、本日のところはこのへんで。

 下記事に拍手、ありがとうございました!(拝)

 また次回の記事で、お目にかかりましょう~!! 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。